あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

季節の変化 (標準)

季節の変化 (標準)

地球の地軸は斜めに傾いているので、日光の入射角が一年中変化します。

地理

キーワード

季節の変化, シーズン, 季節, 春, 夏, 秋, 冬, 春秋分, 冬至, 夏至, 至, 赤道傾斜角, 傾斜角, 回転軸, 循環系, 南中, 地球, 太陽, 太陽光, 年, カレンダー, 北回帰線, 南回帰線, 月, 回転, 赤道, 極圏, 自然, 天文学, 地理

関連のエクストラ

シーン

地球の軌道

  • 3月21日: 春分
  • 6月22日: 夏至
  • 9月23日: 秋分
  • 12月22日: 冬至

自転軸が斜めになっている地球太陽を中心に公転することにより季節の変化が行われます。太陽光線入射角が地球上の各場所で年中常に変わりますので、温暖化の程度も異なります。太陽光線が正午に地球表面を熱帯地帯のみに垂直に入射します。それ以外の場所では不可能です。

地球の自転軸の傾きのため、太陽光線最大な入射角(90°)が常に赤道に当たるではなく、北緯23.5°南緯23.5°の間で変わります。これらの緯線を達するのは一年で一回(冬至と夏至の時)ですが、その間の距離を一年で二回も移動します。これらの緯線が北回帰線南回帰線と呼ばれています。二つの回帰線の間にある地帯に太陽光線が垂直に当たるので、地球上最も温度が高い場所です。

以上と同様に、地球の自転軸の傾きによって発生する現象ですが、北緯66.5°南緯66.5°を超える地帯では少なくとも一日太陽が昇らないと太陽が沈まない日があります。これらの緯線が北極線南極線と呼ばれています。北極線と南極線に縁取られた極圏に入射する光線の角度が最も低いので、この地帯が最も温度が低いです。低温の理由の中では、北極線と南極線で二十四時間完全に夜になり、極地では半年日が昇らない期間があります。
回帰線極線の間の地帯に入射する光線の角度が90°より小さいですが、日が毎日昇り、沈みます。このため、二つの回帰線の間に位置する場所ほど暖かくならないが、極地より加熱されます。

春分と秋分の時、太陽が地球上どこでも厳密に東に昇り、西に沈みます。太陽が見える時間と見えない時間が同じなので、昼間と夜長さが同等です。これらの日に、太陽が正午赤道の真上にあります。

太陽光線が回帰線垂直に当たるのは一年で一回のみのことです。これは至点と呼ばれています。その後、太陽が徐々に低く見え、回帰線から赤道の方に戻ります。地球が太陽を中心に公転するのに一年間かかるので、季節が毎年同じように変わります。

用語解説

昼夜平分時:地球の二つの半球にも昼間の長さが同じである日です。一年で二回起こる現象です。この日には、太陽が正午に赤道の真上に見えます。
春分3月21日であり、北半球でこの時天文学的な春が始まります。秋分9月23日であり、北半球では秋の始まりです。

至点太陽が天球上の道の最も高い位置最も低い位置に達する日付です。太陽が正午に回帰線の真上です。6月22日に、太陽が正午に北回帰線の真上にあり、北半球では天文学的な夏の始まりであり、南半球では冬が始まります。
12月22日に、太陽が正午に南回帰線の上に見え、南半球ではて天文学的な夏が始まります(北半球では冬が始まります)。

太陽の正午高度:ある軽度で観察できる太陽の道の最も高い位置です。季節によって変わり、冬には太陽が低く見え、夏には太陽が高く見えます。

  • 3月21日
  • 6月22日
  • 9月23日
  • 12月22日
  • 23.5°
  • 66.5°
  • 90°
  • 66.5°
  • 23.5°
  • 北極線
  • 北回帰線
  • 赤道
  • 南回帰線
  • 南極線

北半球で、天文学的なが3月21日に始まり、6月22日に終わります。3月21日に、太陽光線赤道直角で当たります。日々が過ぎると、太陽光線が赤道から徐々に北の方に直角に入射し、春の最後の日には北回帰線を垂直に当たります。北半球の全体に与えられるの量は次第に増加します。

その間、南半球を当たる太陽光線の入射角が徐々に小さくなり、温度も下がります。

  • 3月21日
  • 6月22日
  • 9月23日
  • 12月22日
  • 23.5°
  • 66.5°
  • 90°
  • 66.5°
  • 23.5°
  • 北極線
  • 北回帰線
  • 赤道
  • 南回帰線
  • 南極線

天文学的な北半球6月22日に始まり、同じに日には南半球で天文学的なが始まります。この日には、太陽が正午に北回帰線真上にあります。しかし、太陽光線の南回帰線への入射角が低いです。日々が過ぎると、太陽光線が直角に当たる場所が赤道に徐々に近づきます。北半球では夏の時、南半球より温度が高くなります。

北半球での夏(そして南半球での冬)が9月23日に終わります。

  • 3月21日
  • 6月22日
  • 9月23日
  • 12月22日
  • 23.5°
  • 66.5°
  • 90°
  • 66.5°
  • 23.5°
  • 北極線
  • 北回帰線
  • 赤道
  • 南回帰線
  • 南極線

9月23日には、太陽赤道へ戻り、正午に赤道の真上に見られます。太陽光線の角度が次第に下がり、温暖化効果も12月22日までに徐々に減少します。

しかし、南半球ではその逆の現象が行われ、次第に温度が上がります。

  • 3月21日
  • 6月22日
  • 9月23日
  • 12月22日
  • 23.5°
  • 66.5°
  • 90°
  • 66.5°
  • 23.5°
  • 北極線
  • 北回帰線
  • 赤道
  • 南回帰線
  • 南極線

12月22日に、太陽が正午に南回帰線真上に見られます。南半球では天文学的なが始まり、北半球ではが始まります。日々が過ぎると、太陽がゆっくりと赤道の方へ戻ります。

南半球で夏であると、北半球よりも温度が高いです。

南半球での夏(そして北半球での冬)が3月21日に終わります。

重要な日

  • 3月21日: 春分
  • 6月22日: 夏至
  • 9月23日: 秋分
  • 12月22日: 冬至

アニメーション

  • 3月21日: 春分
  • 6月22日: 夏至
  • 9月23日: 秋分
  • 12月22日: 冬至

ナレーション

地球の指定された場所の平均温度が一年中不変ではありません。この現象は季節の変化であり、その理由が三つあります:地球の太陽を中心とした公転、地球の球体の形そして地球の自転軸の傾き

地球が楕円形の軌道に乗って太陽の周りを公転します。一周を終わらせるには一年かかります。地球が球体であるので、太陽光線入射角が場所によって異なります。空気の温暖化率もこの現象に決められます。

赤道から極地の方へ進むと、太陽光線の角度が次第に小さくなります。赤道で直角である90°でもあり、極地で0°でもあり得ます。太陽光線の入射角が大きければ大きいほど、大気と地表の温暖化率が大きいです。極地の方へ進むと、温暖化率が徐々に減少し、それと共に温度も下がります。

地球の太陽を中心とした公転と球体が季節変化のすべての理由ではありません。地球の自転軸の傾きもその現象と繋がっています。地球の自転軸が公転平面に垂直であれば、入射する太陽エネルギーが指定された緯線にある場所で一年中不変なはずです。

実際は、12月北極線北回帰線の間の地帯において、そして6月南回帰線南極線の間の地帯を当たる太陽光線の入射角が小さいので、与えられる太陽エネルギーも少ないです。これがです。

6月北回帰線北極線の間の地帯において、そして12月南回帰線南極線の間の地帯を当たる太陽光線の入射角が直角に近いので、与えられている太陽エネルギーが大きいです。これがです。

北極線、南極線を超える地域で、そして二つ回帰線の間で、太陽光線の入射角が比較的に不変なので、一年中の温度変化も小さいです。

関連のエクストラ

季節の変化で光条件も変わります。影で物体の高さが計算できます。

地理座標系

地理座標系は地球上の全ての場所を正確に特定することができます。

温室効果

人間活動のため温室効果が高められ、地球温暖化の原因となっています。

気候帯

地球は地理領域と気候帯に分かれています。

時間帯

地球は24個の時間帯に分かれています。標準時は地域全体に使われている時間です。

時間の計測

初めてのカレンダーや時計はもう古代オリエント文化にも出現しました。

氷河期

最後の氷河時代は1万3千年前に終わりました。

セイヨウトチノキ

アニメーションはセイヨウトチノキの季節による変化を紹介します。

今、何時ですか。 

ゲームでアナログ時計とデジタル時計の使用が練習できます。

ヨーロッパオーク

アニメーションはヨーロッパオークを例にとって、木の季節による変化を紹介します。

緯度線の上の太陽軌道

太陽の見かけの経路は、地球の自転によって形成されます。

興味深い地理事実–自然地理学

このアニメーションは、物理的な地域に関して複数の興味深い事実を紹介します。

リンゴの木

リンゴは世界で最も多く食べられている果物の一つです。

季節の変化 (基礎)

地球の地軸は斜めに傾いているので、日光の入射角が一年中変化します。

森林の階層構造

森林の階層構造は森林のタイプによって異なります。

地球と月の形成

このアニメーションは地球と月の形成を表示します。

Added to your cart.