あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

火の車輪

エゲルの要塞の防衛者に発明された武器です。火薬と油で満たされた水車はオスマン帝国の軍隊に対して効果的な武器でした。

歴史

キーワード

火の車輪, Bornemissza, Castle of Eger, 包囲, 発明, 塔, 外側の城, ルーク, 奥の城, 大聖堂, ドボー稜堡, モルタル, 炸薬, 砲身, トルコ語, ハンガリー語, オットマン, 歴史

関連のエクストラ

オスマン帝国の兵士 (16世紀)

オスマン軍はイェニチェリー(常備歩兵軍団)とスィパーヒー(封建制度の中での騎士)で構成されていました。

エゲルの城 (16世紀)

エゲルの城の建築は16世紀に完了され、国境を保護する要塞として重要な役割を果たしていました。

火砲の動作 (18世紀)

近代前期ごろ、火砲は火器に大切な種類でした。陸上と海にも使われていました。

Added to your cart.