あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

火星探査計画

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

地理

キーワード

火星, 宇宙探査, マリナー, Viking, 火星パスファインダー, marsjáró, 精神, 機会, 好奇心, 生命の痕跡, 降下モジュール, 惑星, 宇宙開発競争, NASA, 分光法, 天文学, 地理

関連のエクストラ

シーン

マリナー 9号

  • ソーラーパネル
  • 燃料タンク
  • マニューバリングエンジン
  • アンテナ
  • 赤外線センサー
  • カメラ
  • 紫外線スペクトロメーター
  • 赤外線スペクトロメーター

月の次に火星に最も多くの探査機が送られました。60年代からソビエト連邦とアメリカの宇宙機関がその惑星のために競争しました。探査計画の目的は火星で生命の跡を探すことでした。

最初の探査機はソ連のマルス1号でしたが、故障しました。火星の最初の写真(21枚の白黒写真)はマリナー4号に撮られました。

マリナー9号は火星を中心とした軌道に乗り火星の最初の探査機になりました。多くの地形を発見しました。その中の一つは太陽系の中で最も高い火山である高さが25kmオリンポス山でした。

バイキング 降下モジュール

  • 地震計
  • アンテナ
  • 燃料タンク
  • ガスクロマトグラフと 質量スペクトロメーター
  • 気象ステーション
  • パノラマカメラ
  • 土壌サンプラーアーム
  • エンジン

ソ連のマルス2号とマルス3号の降下モジュールは70年代の初め頃、着陸が失敗しました。マルス5号が火星の周りの軌道に乗り探査しました。マルス6号と7号のミッションが成功しませんでした。

ソビエト連邦の探査機が成功できなかったことNASAができました。バイキング探査機が火星に着陸し、大気と表面を数年間かけて調べていました。生命の跡も探していましたが、結果が明らかではありませんでした。搭載された機器では火星での環境、気温、風向、風速、気圧などを調べられました。北半球と南半球の気候は大きな差があるという証拠を見つけました。

火星探査機

  • 削岩機
  • アルファ粒子ーX線スペクトロメーター
  • メスバウアー・スペクトロメーター
  • ナビゲーションカメラ
  • パノラマカメラ
  • UHFアンテナ
  • 全方向性アンテナ
  • ソーラーパネル
  • 指向性アンテナ

最初の火星自動車が搭載されたマーズパスファインダーという火星探査機は1997年に着陸しました。自動車は数百メートルの働きに設計されました。三ヶ月ほど機能しました。

2004年に火星に双子の宇宙探査機が送られました。スピリットオポチュニティの働きが90日に設計されました。スピリット7年間で7キロを進んで、12万4千枚の写真を撮り、93個の岩石を検査し、砂丘に詰まり込んでいました。オポチュニティは現在も機能しています。

火星

アニメーション

キュリオシティ の構造

  • ケムカム - ケミカルカメラは赤外レーザービームを調べる岩に当てて、少量の物質を蒸発させる。カメラは分光法によって煙の成分を分析します。
  • ロボットアーム - ここには岩を調べる機器(高解像度カメラ、分光カメラ、削岩機)があります。さらに詳細分析のために岩のサンプルを探査機の中にある機器に送ります。
  • アンテナ - 火星探査機との通信(制御、データ送信)のためにあります。
  • マスト - ここにカメラと気象観測装置が付いています。
  • メインカメラ
  • 気象観測装置

キュリオシティの主な目的は水と生命の痕跡の探し、人類の火星への飛行を準備させることでした。

キュリオシティはNASAに2011年11月11日に打ち上げられました。着陸は火星に2012年8月6日に成功し、キュリオシティは広さが150キロのゲールクレーターで火星の地面に着きました。

火星への着陸は完全に自動化されていて、複雑で、危険を伴う操作であり、「恐怖の7分間」とも呼ばれました。降下モデュルは火星の大気に入った後、速さを抑え始めました。10キロの高さでパラシュートが開き、7キロの高さで耐熱シールドが分離されました。スピードを抑えられた後、保護シールドも分離され、スカイクレーンはゆっくりと降下し、20メートルの高さからキュリオシティを地面に降下させました。

キュリオシティはハイテクノロジー的な機器で岩を分析しています。ケムカムというケミカルカメラは赤外レーザービームを調べるに当てます。レーザービームの効果で少量の物質を蒸発させる。カメラは分光法によって煙の成分を分析します。

2012年9月にキュリオシティは昔の川床を発見しました。これは過去に液体状の水があったという有力な証拠でもあります。

降下モジュール の構成要素

  • 降下モジュール - この中にはスカイクレーンと火星探査機キュリオシティが搭載されていました。
  • スカイクレーン - 火星探査機とともに降下モジュールの中にあります。この目的は火星探査機を火星の地面に下ろすことです。
  • 火星探査機キュリオシティ - ハイテクノロジー的な機器が備わっている移動可能な実験室です。

キュリオシティ の着陸

ナレーション

火星の探査様々な面で特有な大切さを持っています。火星の表面には生命の発生に適する環境を提供する液体状の水があったかもしれません。この惑星は人類の移住地を設立するのに適している可能性があります。

火星で水と生命の痕跡を1970代から探しています。アメリカのマリナー4号は1965年に火星の近くに飛び通ったとき、赤い惑星の最初の近くの写真を撮りました。1971年に打ち上げられたマリナー9号は地球以外の惑星(火星)の軌道に乗った初めての宇宙探査機でした。1971年11月から1972年10月まで火星の表面、大気、二つの衛星について7000枚以上の写真を撮りました。地形が多く発見されました。例えば、25キロの高さのオリンパスモンスである太陽系の一番高い火山、水がかれた川床、峡谷等が発見されました。

60年代からソビエト連邦とアメリカの宇宙機関が惑星のために競争しました。アメリカの宇宙情報局であるNASAが1976年に赤い惑星の表面バイキング1号と2号の宇宙探査機の降下モジュールの到着が成功し、ソビエト連邦の同じような試みが失敗しました。降下モジュールは数年間かけて、火星の大気、天候と地面を調べました。生命の痕跡も探していましたが、結果は明らかではなく、現在でも分析が続いています。

火星探査機の次の世代は火星自動車です。最初の火星自動車が搭載されたマーズパスファインダーという火星探査機は1997年に着陸しました。自動車は最大一ヶ月の働きに設計されましたが、三ヶ月ほど機能しました。
2004年に火星に双子の宇宙探査機が送られました。スピリットオポチュニティの働きが90日に設計されました。スピリットは7年間で7キロを進んで、12万4千枚の写真を撮り、93個の岩石を検査し、砂丘に詰まり込んでいました。オポチュニティは現在も機能しています。

キュリオシティの主な目的は水と生命の痕跡の探し、人類の火星への飛行を準備させることでした。
キュリオシティはNASAに2011年11月11日に打ち上げられました。着陸は火星に2012年8月6日に成功し、キュリオシティは広さが150キロのゲールクレーターで火星の地面に着きました。

火星への着陸は完全に自動化されていて、複雑で、危険を伴う操作であり、「恐怖の7分間」とも呼ばれました。降下モデュルは火星の大気に入った後、速さを抑え始めました。10キロの高さでパラシュートが開き、7キロの高さで耐熱シールドが分離されました。スピードを抑えられた後、保護シールドも分離され、スカイクレーンはゆっくりと降下し、20メートルの高さからキュリオシティを地面に降下させました。キュリオシティはハイテクノロジー的な機器で岩を分析しています。ケムカムというケミカルカメラは赤外レーザービームを調べるに当てます。レーザービームの効果で少量の物質を蒸発させる。カメラは分光法によって煙の成分を分析します。2012年9月にキュリオシティは昔の川床を発見しました。これは過去に液体状の水があったという有力な証拠でもあります。また、生命の出現の必要不可欠なものです。

関連のエクストラ

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

火星

火星では水と生命の痕跡を探し求められています。

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

地球に近い恒星

アニメーションは比較的に近い惑星、恒星、銀河を紹介します。

ハッブル宇宙望遠鏡

ハッブル宇宙望遠鏡は地球の大気に影響されず、軌道に旋回します。

土星

太陽系の中で、土星は二番目に大きな惑星です。特有な環によって最も知られています。

ケプラー探査機

ケプラー探査機は他の恒星の周りの軌道に乗っている地球のような惑星を探査します。

金星

金星は太陽に近い方から二番目の惑星であり、夜空で月の次に明るく見える星です。

スペースシャトル

スペースシャトルはアメリカ航空宇宙局に操縦されていた再利用可能な有人宇宙船でした。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

ユーリイ・ガガーリンの宇宙飛行 (1961年)

1961年4月12日、ユーリイ・ガガーリンは世界初の人間としての宇宙飛行に成功しました。

冥王星-カロン系

カロンは冥王星の最大な衛星です。

水星

水星は太陽系において、最も小さく、内側にある惑星です。

人工衛星の種類

地球の軌道上に周回する人工衛星は民間と軍事目的にも使われています。

ボイジャー宇宙探査機

ボイジャー宇宙探査機は初めての太陽系外に到達した初の人工物体です。宇宙空間のデータを集めて、人類のメッセージを運送します。

木星

木星は太陽系の中で最も大きな惑星である。他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量がある。

天王星

天王星は太陽に近い方から七番目の惑星です。巨大ガス惑星に属します。

海王星

海王星は太陽系で太陽から最も離れていて、巨大ガス惑星の中で一番小さい惑星です。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

国際宇宙ステーション

居住可能な国際宇宙ステーションは16カ国が協力して建築しました。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

スプートニク1号(1957年)

ソ連が打ち上げた世界初の人工衛星でした(1957年10月)。

衛星航法、GPS

全地球測位システムとは、24の人工衛星で地球全体をカバーし、そのうち4つで正確な三次元位置が規定されます。

天体力学の発展

このアニメーションは我々の世界に関する新たな考えを与えた天文学者と物理学者の研究を紹介します。

無重力状態

軌道上にある宇宙船は自由落下の一定の状態にあります。

月面着陸: 1969年7月20日

最初に月面に降り立った人間はアポロ11号のニール・アームストロング船長でした。

アポロ15号ミッション(月面車)

このアニメーションはアポロ15号ミッションに使われていた二人乗りの月面車を紹介します。

Added to your cart.