あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

火星

火星

火星では水と生命の痕跡を探し求められています。

地理

キーワード

火星, 火星の衛星, 太陽系, 内惑星, 岩石惑星, フォボス, デイモス, 太陽, 惑星, 天文学, 地理

関連のエクストラ

シーン

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星

火星は太陽系の太陽に近い方から四番目の惑星で、太陽から最も離れている内惑星です。太陽からの距離は地球と太陽の距離の1.52倍です。直径は地球の半分であり、質量は地球の十分の一です。火星は岩石惑星(地球型惑星)です。

火星

  • 自転軸
  • 軌道面に 垂直線
  • 火星の軌道面
  • 火星の軌道
  • 火星の赤道
  • 25.19°

データ:

直径: 6,794 km (地球の0.53倍)

質量: 6.4185·10²³ kg (地球の0.107倍)

平均密度: 3.93 g/cm³

表面重力: 0.376 g

表面温度: -150 °C ~20 °C

衛星の数: 2

自転周期: 24時間37分

自転軸の傾斜度: 25.2°

太陽からの平均距離:
227,936,637 km = 1.52 AU =
12光分

軌道離心率: 0.093412

公転周期: 1.88年

  • 北極の氷冠
  • 南極の氷冠
  • アルカディア平原
  • アマゾニス平原
  • エリシウム平原
  • アキダリア平原
  • ユートピア平原
  • エリシウム山
  • オリンポス山
  • アラビア大陸
  • テンペ大陸
  • シレーン大陸
  • ノアキス大陸
  • テイルへナ大陸
  • ポロメテイ大陸
  • キンメリア大陸
  • キサンテ大陸
  • タルシス高原
  • マリネリス峡谷
  • ソリス高原
  • ヘスペリア高原
  • フォン・カルマン火口
  • イシディス盆地
  • ヘラス盆地
  • アルギュレ盆地

火星の北半球地表には巨大な円すい丘と楯状火山が多くあります。南半球は昔の衝突クレーターで覆われています。
火星のクレーターの直径は300メートルより大きくて、数百キロメートルを超えるのも存在します。クレーターは隕石の衝突によって形成されました。火星の軌道の近くに小惑星帯があるからです。
火星の南半球には大きくて円形の盆地が多くあります。この中で一番大きいのは直径が2000キロメートルのヘラス盆地です。火星の赤い色は酸化鉄を豊富に含んでいる砂とほこりによるものです。

火星の最も大きな火山であるオリンポス山は高さが25kmがある楯状火山です。マリネリス峡谷は赤道から南の方に4000km離れている巨大な峡谷です。最大な幅が数百キロメートルを超え、深さは6キロメートルです。

極地方が特に面白くて、クレーターは水の氷やドライアイスで満たされています。現在は火星の表面に液体状の水がないが、昔はあったと推測されています。火星の地表には沈殿物が流れの速い川によって運ばれた乾いた河床のような地形とドロップ状の沈殿物と同じような地形的形成があります。

フォボス:

火星からの平均距離: 9,377 km

最大直径: 22.2 km

質量: 1.072·10¹⁶ kg

公転が約8時間であるフォボスの公転速度は火星の自転速度より速いです。潮汐力のため、フォボスの軌道の長さが徐々に短くなり、フォボスはおそらく火星に引き付けられて衝突することになります。地表にはクレーター以外に溝が見えるので、フォボスが層状構造を持っています。

ダイモス:

火星からの平均距離: 23,400 km

最大直径: 12.6 km

質量: 2·10¹⁵ kg

暗い表面はほこりから形成された厚い層に覆われています。ダイモスの軌道は徐々に大きくなります。

火星の断面図

  • 地殻 - 厚さは約200km。
  • マントル - この層の厚さは約1600kmであり、岩漿岩から形成されている。
  • - 直径は3200kmであり、液体状か固体状の金属から形成されているか不明です。

火星の軌道

  • 火星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 227,936,637 km
  • 公転周期: 1.88年
  • 火星の軌道

アニメーション

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星
  • 自転軸
  • 軌道面に 垂直線
  • 火星の軌道面
  • 火星の軌道
  • 火星の赤道
  • 25.19°
  • 地殻 - 厚さは約200km。
  • マントル - この層の厚さは約1600kmであり、岩漿岩から形成されている。
  • - 直径は3200kmであり、液体状か固体状の金属から形成されているか不明です。
  • 火星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 227,936,637 km
  • 公転周期: 1.88年
  • 火星の軌道

ナレーション

火星は太陽系の太陽に近い方から四番目の惑星です。色が赤いため、ローマ神話で登場する戦争の神にちなんで命名されました。マルスは古代ローマの最も昔から崇拝されている神の一つです。火星の初めての観測者はエジプト人であり、「水平線のホルス」と呼んでいました。エジプト人以外で古代ギリシャ人にも火星が観測されていました。紀元前300年頃、アリストテレスは地球から見ると月より火星の方が遠いと気づいていました。16世紀末ごろ、デンマークの天文学者ティコ・ブラーエ火星の軌道と正確な日にちの見取り図を正確に作りました。

ブラーエのアシスタントの一人、ドイツ人天文学者ヨハネス・ケプラーは火星の観測データに基づいて惑星の運動に関する最初の二つの法則を発見しました。

1.惑星は太陽を一つの焦点とする楕円軌道上を動きます。

2.惑星と太陽を結ぶ線分が単位時間に描く面積は、一定です。この法則によって、惑星は太陽の近くには速く動き、太陽から離れているとより遅く動きます。

1877年に、スキアパレッリは火星の地表全体に線状の模様を発見しました。その後、火星は多くの議論のテーマになりました。多くの研究者には線状の模様が人工的な溝系だと思われていました。その後の観測者はこの推測が誤っていると証明しました。火星に接近した初めての探査機は1965年に打ち上げられたマリナー4号でした。その後、多くのソ連、アメリカ、ヨーロッパと日本の探査機(軌道船、着陸船とローバー)は火星に送られて、地表と気候を研究しました。探査機の中で最も成功したミッションはマリナー計画バイキング計画マーズ・グローバル・サーベイヤーオデッセイマーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)、フェニックスマーズ・エクスプレスでした。パスファインダースピリットオポチュニティというローバーは火星の地表で動いて、多くの情報を集めました。

火星は太陽系の太陽に近い方から四番目の惑星で、地球から見ると太陽から最も離れている内惑星です。太陽からの距離は地球と太陽の距離の1.52倍です。直径は地球の半分であり、質量は地球の十分の一です。

火星は岩石惑星(地球型惑星)です。火星の北半球の地表には巨大な火山円すい丘と楯状火山が多くあります。南半球は昔の衝突クレーターで覆われています。
火星のクレーターの直径は300メートルより大きくて、数百キロメートルを超えるのも存在します。クレーターは隕石の衝突によって形成されました。なぜなら火星の軌道の近くに小惑星帯があるからです。火星の南半球には大きくて円形の盆地が多くあります。この中で一番大きいのは直径が2000キロメートルのヘラス盆地です。火星の赤い色酸化鉄を豊富に含んでいる砂とほこりによるものです。

火星の最も大きな火山であるオリンポス山は高さが25kmがある楯状火山です。マリネリス峡谷は赤道から南の方に4000km離れている巨大な峡谷です。最大な幅が数百キロメートルを超え、深さは6キロメートルです。極地方が特に面白くて、クレーターは水の氷ドライアイスで満たされています。現在は火星の表面に液体状の水がないが、はあったと推測されています。火星の地表には沈殿物が流れの速い川によって運ばれた乾いた河床のような地形とドロップ状の沈殿物と同じような地形的形成があります。

火星の大気は希薄です。大気の96%は二酸化炭素が占め、他に窒素アルゴン、酸素と水蒸気などの成分を含んでいます。気圧は地球の大気圧の1%です。火星の地表から空を見上げると、晴れの空は青ではなくオレンジ色ピンク色に見えます。
気候は非常に厳しくて、平均温度は-63 °Cなので、極地方二酸化炭素の雪冠で覆われています。火星の公転周期は地球の公転周期のおよそ二倍なので、火星での一年間が地球での一年間の二倍です。季節の長さも同じように、地球の季節の二倍であり、地球に比べて気候が極端です。火星での季節は地球のより極端です。例えば、南半球で冬になると、火星の南半球の半分が雪冠で覆われているが、夏は完全に消える場合もあります。北半球でも同じ現象が起きてます。火星の磁場は非常に弱いです。

衛星が二つあります:フォボスダイモスと呼ばれています。形が不規則なので、おそらく火星の重力に捕まった小惑星です。両方の衛星が1877年に、アサフ・ホールに発見されました。ギリシャ神話に登場する戦いの神、アレースの二人の息子にちなんで命名されました。ダイモスの意味は「恐怖」であり、フォボスは「恐れ」を意味しています。

公転が約8時間であるフォボスの公転速度は火星の自転速度より速いです。潮汐力のため、フォボスの軌道の長さが徐々に短くなり、フォボスはおそらく火星に引き付けられて衝突することになります。地表にはクレーター以外に溝が見えるので、フォボスが層状構造を持っています。

暗い表面はほこりから形成された厚い層に覆われています。ダイモスの軌道は徐々に大きくなります。

関連のエクストラ

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

金星

金星は太陽に近い方から二番目の惑星であり、夜空で月の次に明るく見える星です。

土星

太陽系の中で、土星は二番目に大きな惑星です。特有な環によって最も知られています。

天王星

天王星は太陽に近い方から七番目の惑星です。巨大ガス惑星に属します。

海王星

海王星は太陽系で太陽から最も離れていて、巨大ガス惑星の中で一番小さい惑星です。

水星

水星は太陽系において、最も小さく、内側にある惑星です。

木星

木星は太陽系の中で最も大きな惑星である。他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量がある。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

地球の構造 (中級)

地球は複数の球状層から構成されています。

カッシーニ・ホイヘンスミッション (1997年-2017年)

カッシーニ探査機は土星とその衛星を20年間に渡って探検しました。

冥王星-カロン系

カロンは冥王星の最大な衛星です。

Added to your cart.