あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

火山活動

火山活動

このアニメーションは火山噴火の様々なタイプを紹介します。

地理

キーワード

火山, マグマ活動, 火山の噴火, 火山活動, マグマ, 火山活動 を従う活動, マグマだまり, プレートテクトニクス, 地震, 溶岩, 山の形成, ベスビオ山, 自然, 地理, 構造プレート, 地球の地殻, 災​​害

関連のエクストラ

シーン

火山とプレートテクトニクス

  • アフリカプレート
  • ユーラシアプレート
  • アラビアプレート
  • インドプレート
  • 北米プレート
  • 南米プレート
  • 太平洋プレート
  • カリブ海プレート
  • ココスプレート
  • ナスカプレート
  • 南極プレート
  • オーストラリアプレート
  • フィリピンプレート

地殻の深部にあるマグマが地表に噴出することを火山活動と言います。火山の位置は偶然的ではなく、に並んでいるように形成されます。これらの線は実際プレートテクトニスの境です。
火山活動山の形成においても重要な役割を果たしています。
マグマは地殻にある赤く熱い溶けた岩です。地表に流れたマグマは溶岩と呼ばれます。火山は溶岩が地表に流れでるところに形成します。
噴火の三つの種類に区別できます:爆発性噴火流出性噴火混合噴火

爆発性噴火は噴石丘火山の特徴です。爆発性噴火の火山は噴火口を通って多くのガス蒸気を発生し、爆発的に噴出します。その結果、高い噴煙柱火砕流を発生します。灰雲は風にのって広範囲に広がります。火砕流は高速で火山円錐丘から流れます。これは火山噴火の最も破壊力がある種類です。このタイプの噴火としてクラカタウ、プレー山とセント・ヘレンズ山があります。

流出性噴火は盾状火山の特徴です。この種類の噴火では爆発や火砕流は伴わず溶岩のみが流れます。溶岩が固まって火山円錐丘を形成します。例えばハワイ諸島にある火山、マウナケア山マウナロア山は流出性噴火を行う火山です。

混合噴火は成層火山の特徴です。この種類の噴火では爆発溶岩流も起こります。火山円錐丘テフラ層個体化した溶岩の層で構成されています。成層火山の典型的な例はストロンボリ火山エトナ山コトパクシ山です。

火山活動後、様々な他の現象が観察できます。噴火の後にも蒸気と他のガスや化学物質の混合物が噴気孔から放出されます。

硫気孔は噴気孔の一種です:蒸気と硫黄ガスが放出されます。

モフェッタ二酸化炭素を放出します。乾いたモフェッタの場合は二酸化炭素のみが放出され、湿ったモフェッタの場合は炭酸水を構成してます。

間欠泉は定期的に熱湯を噴出する温泉です。地表の下に溜まる水が下にあるマグマ溜まりの沸騰され噴水のように噴出します。

泥火山は粘土の土に形成された火山活動に従う地形です。気泡として液体の泥からガスを噴出します。

最も破壊力がある火山噴火で大量のテフラが放出されます。
1883年に噴火したクラカタウ火山は18 km³のテフラを放出し、1815年に噴火したタンボラ山は80 km³のテフラを噴出しました。この量の物質を大気に出されると、気候大気生態系にも地球規模で影響を与えます。

一番大きな火山噴火

  • マウナ・ケア山
  • マウナ・ロア山
  • ノバルプタ
  • セント・ヘレンズ山
  • サンタ・マリア山
  • コトパクシ山
  • プレー山
  • スフリエール山
  • ヴェスヴィオ山
  • ストロンボリ山
  • エトナ火山
  • コロンボ火山
  • ピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ火山
  • 磐梯山
  • ピナトゥボ山
  • クラカタウ
  • タンボラ山
  • タラウェラ山

地殻の深部にあるマグマが地表に噴出することを火山活動と言います。火山の位置は偶然的ではなく、に並んでいるように形成されます。これらの線は実際プレートテクトニスの境です。
火山活動山の形成においても重要な役割を果たしています。
マグマは地殻にある赤く熱い溶けた岩です。地表に流れたマグマは溶岩と呼ばれます。火山は溶岩が地表に流れでるところに形成します。
噴火の三つの種類に区別できます:爆発性噴火流出性噴火混合噴火

爆発性噴火は噴石丘火山の特徴です。爆発性噴火の火山は噴火口を通って多くのガス蒸気を発生し、爆発的に噴出します。その結果、高い噴煙柱火砕流を発生します。灰雲は風にのって広範囲に広がります。火砕流は高速で火山円錐丘から流れます。これは火山噴火の最も破壊力がある種類です。このタイプの噴火としてクラカタウ、プレー山とセント・ヘレンズ山があります。

流出性噴火は盾状火山の特徴です。この種類の噴火では爆発や火砕流は伴わず溶岩のみが流れます。溶岩が固まって火山円錐丘を形成します。例えばハワイ諸島にある火山、マウナケア山マウナロア山は流出性噴火を行う火山です。

混合噴火は成層火山の特徴です。この種類の噴火では爆発溶岩流も起こります。火山円錐丘テフラ層個体化した溶岩の層で構成されています。成層火山の典型的な例はストロンボリ火山エトナ山コトパクシ山です。

火山活動後、様々な他の現象が観察できます。噴火の後にも蒸気と他のガスや化学物質の混合物が噴気孔から放出されます。

硫気孔は噴気孔の一種です:蒸気と硫黄ガスが放出されます。

モフェッタ二酸化炭素を放出します。乾いたモフェッタの場合は二酸化炭素のみが放出され、湿ったモフェッタの場合は炭酸水を構成してます。

間欠泉は定期的に熱湯を噴出する温泉です。地表の下に溜まる水が下にあるマグマ溜まりの沸騰され噴水のように噴出します。

泥火山は粘土の土に形成された火山活動に従う地形です。気泡として液体の泥からガスを噴出します。

最も破壊力がある火山噴火で大量のテフラが放出されます。
1883年に噴火したクラカタウ火山は18 km³のテフラを放出し、1815年に噴火したタンボラ山は80 km³のテフラを噴出しました。この量の物質を大気に出されると、気候大気生態系にも地球規模で影響を与えます。

爆発性噴火

  • 灰の雲
  • 火口
  • 火砕流

地殻の深部にあるマグマが地表に噴出することを火山活動と言います。火山の位置は偶然的ではなく、に並んでいるように形成されます。これらの線は実際プレートテクトニスの境です。
火山活動山の形成においても重要な役割を果たしています。
マグマは地殻にある赤く熱い溶けた岩です。地表に流れたマグマは溶岩と呼ばれます。火山は溶岩が地表に流れでるところに形成します。
噴火の三つの種類に区別できます:爆発性噴火流出性噴火混合噴火

爆発性噴火は噴石丘火山の特徴です。爆発性噴火の火山は噴火口を通って多くのガス蒸気を発生し、爆発的に噴出します。その結果、高い噴煙柱火砕流を発生します。灰雲は風にのって広範囲に広がります。火砕流は高速で火山円錐丘から流れます。これは火山噴火の最も破壊力がある種類です。このタイプの噴火としてクラカタウ、プレー山とセント・ヘレンズ山があります。

流出性噴火は盾状火山の特徴です。この種類の噴火では爆発や火砕流は伴わず溶岩のみが流れます。溶岩が固まって火山円錐丘を形成します。例えばハワイ諸島にある火山、マウナケア山マウナロア山は流出性噴火を行う火山です。

混合噴火は成層火山の特徴です。この種類の噴火では爆発溶岩流も起こります。火山円錐丘テフラ層個体化した溶岩の層で構成されています。成層火山の典型的な例はストロンボリ火山エトナ山コトパクシ山です。

火山活動後、様々な他の現象が観察できます。噴火の後にも蒸気と他のガスや化学物質の混合物が噴気孔から放出されます。

硫気孔は噴気孔の一種です:蒸気と硫黄ガスが放出されます。

モフェッタ二酸化炭素を放出します。乾いたモフェッタの場合は二酸化炭素のみが放出され、湿ったモフェッタの場合は炭酸水を構成してます。

間欠泉は定期的に熱湯を噴出する温泉です。地表の下に溜まる水が下にあるマグマ溜まりの沸騰され噴水のように噴出します。

泥火山は粘土の土に形成された火山活動に従う地形です。気泡として液体の泥からガスを噴出します。

最も破壊力がある火山噴火で大量のテフラが放出されます。
1883年に噴火したクラカタウ火山は18 km³のテフラを放出し、1815年に噴火したタンボラ山は80 km³のテフラを噴出しました。この量の物質を大気に出されると、気候大気生態系にも地球規模で影響を与えます。

流出性噴火

  • 火口
  • 溶岩流

地殻の深部にあるマグマが地表に噴出することを火山活動と言います。火山の位置は偶然的ではなく、に並んでいるように形成されます。これらの線は実際プレートテクトニスの境です。
火山活動山の形成においても重要な役割を果たしています。
マグマは地殻にある赤く熱い溶けた岩です。地表に流れたマグマは溶岩と呼ばれます。火山は溶岩が地表に流れでるところに形成します。
噴火の三つの種類に区別できます:爆発性噴火流出性噴火混合噴火

爆発性噴火は噴石丘火山の特徴です。爆発性噴火の火山は噴火口を通って多くのガス蒸気を発生し、爆発的に噴出します。その結果、高い噴煙柱火砕流を発生します。灰雲は風にのって広範囲に広がります。火砕流は高速で火山円錐丘から流れます。これは火山噴火の最も破壊力がある種類です。このタイプの噴火としてクラカタウ、プレー山とセント・ヘレンズ山があります。

流出性噴火は盾状火山の特徴です。この種類の噴火では爆発や火砕流は伴わず溶岩のみが流れます。溶岩が固まって火山円錐丘を形成します。例えばハワイ諸島にある火山、マウナケア山マウナロア山は流出性噴火を行う火山です。

混合噴火は成層火山の特徴です。この種類の噴火では爆発溶岩流も起こります。火山円錐丘テフラ層個体化した溶岩の層で構成されています。成層火山の典型的な例はストロンボリ火山エトナ山コトパクシ山です。

火山活動後、様々な他の現象が観察できます。噴火の後にも蒸気と他のガスや化学物質の混合物が噴気孔から放出されます。

硫気孔は噴気孔の一種です:蒸気と硫黄ガスが放出されます。

モフェッタ二酸化炭素を放出します。乾いたモフェッタの場合は二酸化炭素のみが放出され、湿ったモフェッタの場合は炭酸水を構成してます。

間欠泉は定期的に熱湯を噴出する温泉です。地表の下に溜まる水が下にあるマグマ溜まりの沸騰され噴水のように噴出します。

泥火山は粘土の土に形成された火山活動に従う地形です。気泡として液体の泥からガスを噴出します。

最も破壊力がある火山噴火で大量のテフラが放出されます。
1883年に噴火したクラカタウ火山は18 km³のテフラを放出し、1815年に噴火したタンボラ山は80 km³のテフラを噴出しました。この量の物質を大気に出されると、気候大気生態系にも地球規模で影響を与えます。

混合噴火

  • 火道
  • 火口
  • 溶岩流

地殻の深部にあるマグマが地表に噴出することを火山活動と言います。火山の位置は偶然的ではなく、に並んでいるように形成されます。これらの線は実際プレートテクトニスの境です。
火山活動山の形成においても重要な役割を果たしています。
マグマは地殻にある赤く熱い溶けた岩です。地表に流れたマグマは溶岩と呼ばれます。火山は溶岩が地表に流れでるところに形成します。
噴火の三つの種類に区別できます:爆発性噴火流出性噴火混合噴火

爆発性噴火は噴石丘火山の特徴です。爆発性噴火の火山は噴火口を通って多くのガス蒸気を発生し、爆発的に噴出します。その結果、高い噴煙柱火砕流を発生します。灰雲は風にのって広範囲に広がります。火砕流は高速で火山円錐丘から流れます。これは火山噴火の最も破壊力がある種類です。このタイプの噴火としてクラカタウ、プレー山とセント・ヘレンズ山があります。

流出性噴火は盾状火山の特徴です。この種類の噴火では爆発や火砕流は伴わず溶岩のみが流れます。溶岩が固まって火山円錐丘を形成します。例えばハワイ諸島にある火山、マウナケア山マウナロア山は流出性噴火を行う火山です。

混合噴火は成層火山の特徴です。この種類の噴火では爆発溶岩流も起こります。火山円錐丘テフラ層個体化した溶岩の層で構成されています。成層火山の典型的な例はストロンボリ火山エトナ山コトパクシ山です。

火山活動後、様々な他の現象が観察できます。噴火の後にも蒸気と他のガスや化学物質の混合物が噴気孔から放出されます。

硫気孔は噴気孔の一種です:蒸気と硫黄ガスが放出されます。

モフェッタ二酸化炭素を放出します。乾いたモフェッタの場合は二酸化炭素のみが放出され、湿ったモフェッタの場合は炭酸水を構成してます。

間欠泉は定期的に熱湯を噴出する温泉です。地表の下に溜まる水が下にあるマグマ溜まりの沸騰され噴水のように噴出します。

泥火山は粘土の土に形成された火山活動に従う地形です。気泡として液体の泥からガスを噴出します。

最も破壊力がある火山噴火で大量のテフラが放出されます。
1883年に噴火したクラカタウ火山は18 km³のテフラを放出し、1815年に噴火したタンボラ山は80 km³のテフラを噴出しました。この量の物質を大気に出されると、気候大気生態系にも地球規模で影響を与えます。

火山活動後 の活動

  • 噴気孔
  • 間欠泉
  • 硫気孔
  • モフェッタ
  • 泥火山

地殻の深部にあるマグマが地表に噴出することを火山活動と言います。火山の位置は偶然的ではなく、に並んでいるように形成されます。これらの線は実際プレートテクトニスの境です。
火山活動山の形成においても重要な役割を果たしています。
マグマは地殻にある赤く熱い溶けた岩です。地表に流れたマグマは溶岩と呼ばれます。火山は溶岩が地表に流れでるところに形成します。
噴火の三つの種類に区別できます:爆発性噴火流出性噴火混合噴火

爆発性噴火は噴石丘火山の特徴です。爆発性噴火の火山は噴火口を通って多くのガス蒸気を発生し、爆発的に噴出します。その結果、高い噴煙柱火砕流を発生します。灰雲は風にのって広範囲に広がります。火砕流は高速で火山円錐丘から流れます。これは火山噴火の最も破壊力がある種類です。このタイプの噴火としてクラカタウ、プレー山とセント・ヘレンズ山があります。

流出性噴火は盾状火山の特徴です。この種類の噴火では爆発や火砕流は伴わず溶岩のみが流れます。溶岩が固まって火山円錐丘を形成します。例えばハワイ諸島にある火山、マウナケア山マウナロア山は流出性噴火を行う火山です。

混合噴火は成層火山の特徴です。この種類の噴火では爆発溶岩流も起こります。火山円錐丘テフラ層個体化した溶岩の層で構成されています。成層火山の典型的な例はストロンボリ火山エトナ山コトパクシ山です。

火山活動後、様々な他の現象が観察できます。噴火の後にも蒸気と他のガスや化学物質の混合物が噴気孔から放出されます。

硫気孔は噴気孔の一種です:蒸気と硫黄ガスが放出されます。

モフェッタ二酸化炭素を放出します。乾いたモフェッタの場合は二酸化炭素のみが放出され、湿ったモフェッタの場合は炭酸水を構成してます。

間欠泉は定期的に熱湯を噴出する温泉です。地表の下に溜まる水が下にあるマグマ溜まりの沸騰され噴水のように噴出します。

泥火山は粘土の土に形成された火山活動に従う地形です。気泡として液体の泥からガスを噴出します。

最も破壊力がある火山噴火で大量のテフラが放出されます。
1883年に噴火したクラカタウ火山は18 km³のテフラを放出し、1815年に噴火したタンボラ山は80 km³のテフラを噴出しました。この量の物質を大気に出されると、気候大気生態系にも地球規模で影響を与えます。

ナレーション

地殻の深部にあるマグマが地表に噴出することを火山活動と言います。火山の位置は偶然的ではなく、に並んでいるように形成されます。これらの線は実際プレートテクトニスの境です。
火山活動山の形成においても重要な役割を果たしています。
マグマは地殻にある赤く熱い溶けた岩です。地表に流れたマグマは溶岩と呼ばれます。火山は溶岩が地表に流れでるところに形成します。
噴火の三つの種類に区別できます:爆発性噴火流出性噴火混合噴火

爆発性噴火は噴石丘火山の特徴です。爆発性噴火の火山は噴火口を通って多くのガス蒸気を発生し、爆発的に噴出します。その結果、高い噴煙柱火砕流を発生します。灰雲は風にのって広範囲に広がります。火砕流は高速で火山円錐丘から流れます。これは火山噴火の最も破壊力がある種類です。このタイプの噴火としてクラカタウ、プレー山とセント・ヘレンズ山があります。

流出性噴火は盾状火山の特徴です。この種類の噴火では爆発や火砕流は伴わず溶岩のみが流れます。溶岩が固まって火山円錐丘を形成します。例えばハワイ諸島にある火山、マウナケア山マウナロア山は流出性噴火を行う火山です。

混合噴火は成層火山の特徴です。この種類の噴火では爆発溶岩流も起こります。火山円錐丘テフラ層個体化した溶岩の層で構成されています。成層火山の典型的な例はストロンボリ火山エトナ山コトパクシ山です。

火山活動後、様々な他の現象が観察できます。噴火の後にも蒸気と他のガスや化学物質の混合物が噴気孔から放出されます。

硫気孔は噴気孔の一種です:蒸気と硫黄ガスが放出されます。

モフェッタ二酸化炭素を放出します。乾いたモフェッタの場合は二酸化炭素のみが放出され、湿ったモフェッタの場合は炭酸水を構成してます。

間欠泉は定期的に熱湯を噴出する温泉です。地表の下に溜まる水が下にあるマグマ溜まりの沸騰され噴水のように噴出します。

泥火山は粘土の土に形成された火山活動に従う地形です。気泡として液体の泥からガスを噴出します。

最も破壊力がある火山噴火で大量のテフラが放出されます。
1883年に噴火したクラカタウ火山は18 km³のテフラを放出し、1815年に噴火したタンボラ山は80 km³のテフラを噴出しました。この量の物質を大気に出されると、気候大気生態系にも地球規模で影響を与えます。

関連のエクストラ

海の世界

海と海は地球表面のほぼ4分の3を覆っています。全水文現場の97.5%は塩水であります。

褶曲(標準)

側面の圧力の影響で地層は褶曲します。このようにして、褶曲山脈が形成されます。

 

地質学的時間スケールで湖は短命です。

石炭の形成

このビデオでは、石炭形成の異なる段階を示しています。

カルスト地域 (基礎)

カルスト地形の中にドリーネや水滴石が含まれています。

湖沼の種類

静水は地球上の様々な形になります。どのようにグループ化することができるかを見てみましょう。

アフリカ-大陸の地質学的構造

アフリカの地質形成と地理的区分に関するビデオ。

ホットスポット

ホットスポットは地殻の領域であり、そこでマグマは表面に上昇し、火山活動を引き起こします。

Added to your cart.