あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

呼吸器系

呼吸器系

呼吸器系は酸素の取り入れと二酸化炭素の排出をする役割をします。

生物

キーワード

呼吸器系, 呼吸, 吸入, 呼気, 肺, 胸, 呼吸の筋肉, 気道, 気管支, 肺胞, ガス交換, 肺循環, 赤血球, 酸素結合, 酸素, 二酸化炭素, モデル肺, 気管, 喉頭, 鼻腔, diaphgram, 内肋間筋, 毛細血管, 呼吸器表面, 人間, 生物

関連のエクストラ

質問

  • 左側と右側の肺の大きさが同じであるというのは本当ですか。
  • 静止状態では、大人は平均的に一分で12回呼吸をします。一回は約0.5リットルの空気を吸います。一日で何リットルの空気を吸いますか。
  • 肺活量とは人が息を最大限吸い込んだ後に肺から吐き出せる空気量のことです。人が年を取れば、肺活量が減少化するというのは本当ですか。
  • 呼吸の時、…は連続的に収縮し、緩和します。
  • 呼吸は…によって調整されています。
  • 肺の中で、病原に対する主な防衛線は:
  • 肺の中の気圧は吸入の時に増加するというのは本当ですか。
  • 息を吐くとき、胸腔に上昇した気圧の影響により、空気は肺から出ます。本当ですか。
  • すべての肺胞嚢は…に囲まれています。

シーン

呼吸器系

  • - ガス交換を行う、対をなしている器官です。中には、吸入された酸素は血液に入り込み、血液から二酸化炭素が放出されます。左の肺は二つの葉から成り、右の方は三つから構成されています。横隔膜と肋間筋で胸腔の体積が増加します。このように、肺も受動的に拡大されます。
  • 気管 - 喉頭と肺を繋ぐ器官であり、C字形の軟骨輪に支えられています。
  • 鼻腔
  • 咽頭腔
  • 喉頭 - 発声を行う器官です。食べ物を飲み込む時、喉頭蓋は気管に入らないように働きます。
  • 横隔膜 - 息を吸うとき収縮され、平らになります。このように、胸腔の体積が増加し、肺も大きくなります。息を吐くとき、横隔膜が弛緩し、肺の方へ曲がるようになります。このように、肺の体積が小さくなります。
  • 肋骨 - 胸腔の壁を形成する骨です。息を吸うとき、肋間筋の収縮によって胸郭が上に上がり、息を吐くと下がります。
  • 胸骨
  • 肋間筋 - 胸郭を動かす筋肉です。息を吸うとき、肋間筋の収縮によって胸郭が上に上がり、息を吐くと下がります。

肺 肺胞嚢

  • 細気管支 - 気管支の終枝は肺胞嚢で終わります。
  • 肺胞嚢 - これらの壁は単層扁平上皮から構成され、これを通じてガス交換が行っています。
  • 毛細血管 - 肺循環系の毛細血管の壁を通じてガス交換を行っています。血液から肺胞嚢に二酸化炭素が排出され、血液に酸素が入り込みます。酸素は赤血球を構成するヘモグロビンというタンパク質で運送されます。
  • 細小動脈 - 肺循環系の動脈と細動脈は二酸化炭素を豊富に含む血液を心臓から肺胞嚢まで送ります。細動脈は毛細血管に分かれます。
  • 細静脈 - 肺循環系の静脈と小静脈は酸素を豊富に含む血液を肺胞嚢から心臓まで送ります。毛細血管は小静脈を形成し、小静脈は静脈を形成します。

胸郭

  • - ガス交換を行う、対をなしている器官です。中には、吸入された酸素は血液に入り込み、血液から二酸化炭素が放出されます。左の肺は二つの葉から成り、右の方は三つから構成されています。横隔膜と肋間筋で胸腔の体積が増加します。このように、肺も受動的に拡大されます。
  • 気管 - 喉頭と肺を繋ぐ器官であり、C字形の軟骨輪に支えられています。
  • 真肋 - 第一肋骨から第七肋骨までは肋軟骨で直接に胸骨と繋がります。
  • 偽肋 - 第八肋骨~第十肋骨は肋軟骨で第七肋骨に繋がります。
  • 浮動肋骨 - 第十一肋骨と第十二肋骨は胸骨に繋がっていません。
  • 横隔膜 - 息を吸うとき収縮され、平らになります。このように、胸腔の体積が増加し、肺も大きくなります。息を吐くとき、横隔膜が弛緩し、肺の方へ曲がるようになります。このように、肺の体積が小さくなります。
  • 内肋間筋 - 胸郭を動かす筋肉です。息を吸うとき、肋間筋の収縮によって胸郭が上に上がり、息を吐くと下がります。
  • 主気管支 - 気管から出る二本の主気管支は肺に入り、気管支に分かれます。
  • 胸骨
  • 気管支 - 長細い管であり、肺の中でより細い管に分かれます。吸入された空気を肺胞嚢へ運送します。

ガス交換

  • 単層扁平上皮 - 上皮の最も薄いタイプであり、これを通じてガス交換が行われています。
  • 毛細血管 - 肺循環系の毛細血管の壁を通じてガス交換を行っています。血液から肺胞嚢に二酸化炭素が排出され、血液に酸素が入り込みます。酸素は赤血球を構成するヘモグロビンというタンパク質で運送されます。
  • 酸素 - 有機物質の分解(酸化)の時、共有結合で所蔵されたエネルギーがATP合成に使用されます。この過程には酸素が必要です。
  • 二酸化炭素 - 生体酸化の間、有機分子から二酸化炭素が排出され、共有結合で所蔵されたエネルギーがATP合成に使用されます。

赤血球

  • 酸素 - 有機物質の分解(酸化)の時、共有結合で所蔵されたエネルギーがATP合成に使用されます。この過程には酸素が必要です。
  • 二酸化炭素 - 生体酸化の間、有機分子から二酸化炭素が排出され、共有結合で所蔵されたエネルギーがATP合成に使用されます。

アニメーション

呼吸器系の位置

  • - ガス交換を行う、対をなしている器官です。中には、吸入された酸素は血液に入り込み、血液から二酸化炭素が放出されます。左の肺は二つの葉から成り、右の方は三つから構成されています。横隔膜と肋間筋で胸腔の体積が増加します。このように、肺も受動的に拡大されます。
  • 気管 - 喉頭と肺を繋ぐ器官であり、C字形の軟骨輪に支えられています。
  • 鼻腔
  • 喉頭 - 発声を行う器官です。食べ物を飲み込む時、喉頭蓋は気管に入らないように働きます。

  • 気管 - 喉頭と肺を繋ぐ器官であり、C字形の軟骨輪に支えられています。
  • 主気管支 - 気管から出る二本の主気管支は肺に入り、気管支に分かれます。
  • 気管支 - 長細い管であり、肺の中でより細い管に分かれます。吸入された空気を肺胞嚢へ運送します。

ナレーション

息を吸う時、横隔膜肋間筋の収縮によって胸腔の体積が増加します。このように、肺も受動的に拡大されるので、空気が流れ込みます。息を吐く時、胸腔の体積が減少され、肺から空気が排出されます。

吸入された空気は鼻腔口腔咽頭腔気管を通じて主気管支に流れ込みます。主気管支から肺に入ります。肺で、主気管支は気管支に分かれ、気管支は細気管支に分かれます。これらのY字形の枝分かれは、主気管支を含んで20〜23段を形成します。呼吸領域は17番目から始まり、ガス交換は細気管支の壁を通じて行います。終枝は肺胞嚢で終わります。

肺胞嚢の壁は単層扁平上皮から構成され、これを通じてガス交換が行っています。酸素は血液に入り込み、二酸化炭素は血液から肺へ入ります。このように、血液は肺循環系酸化されます。酸素は我々の体の細胞に代謝過程に使用され、その結果として二酸化炭素が発生します。

関連のエクストラ

発声

発声とは肺から排出された空気の流れが声帯によって振動させることです。

喫煙による肺への悪影響

喫煙は呼吸器系にCOPDや肺がんなど様々な障害を与えます。

循環系

体循環は心臓から体全体へ酸素を豊富に含む血液を流し、肺循環は肺から心臓へ酸素を含む血液を送ります。

泌尿器系

泌尿器系は体内から有害物や老廃物を取り除く役割をします。

胸郭の骨

胸郭は肋骨、胸骨と脊柱で形成されています。

心臓

心臓は心循環系の中心的なポンプであり、一生に数十億回鼓動します。

上部消化管

飲み込むとき、摂取した食べ物が口腔から上部消化管の最後の部分である胃まで運送されます。

人間の血液

人間の血液は血球細胞と血漿を含んでいます。

魚の呼吸

魚が呼吸するとき、血管で満たされたえらは水から酸素が受け取り、二酸化炭素が放出されます。

深部静脈血栓と肺塞栓症

下肢の深部静脈に形成された血栓は肺に流れた場合、致命的な肺塞栓症を引き起こす可能性があります。

二酸化炭素 (CO₂) (基礎)

無色無臭で、空気より重い気体です。植物の光合成に必要な物質です。

酸素 (O₂) (基礎)

無色無臭の気体で、地球上の生命に不可欠で、大気の構成成分です。

二酸化炭素 (CO₂) (標準)

無色無臭で、空気より重い気体です。植物の光合成に必要な物質です。

酸素 (O2) (標準)

無色無臭の気体で、地球上の生命に不可欠で、大気の構成成分です。

Added to your cart.