あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

黒死病ーペスト(ヨーロッパ、1347年–1353年)

黒死病ーペスト(ヨーロッパ、1347年–1353年)

腺ペストとして知られている細菌性疾患は、人類の歴史の中で最悪の感染症の一つです。

歴史

キーワード

伝染病, ラット, 細菌, ノミ, 病気, 流行, 熱, 破壊, 感染, 感染の危険性, 頭痛, 咳, インキュベーション, 出血, 14世紀, ヨーロッパ, 感染の連鎖, 疫病, _javasolt, 歴史, 欧州, リンパ節, 肺, 症状, 医師, 死, 人口, 中世

関連のエクストラ

質問

  • 歴史上、最も被害者が多かったペストがいつ流行しましたか。
  • ペストはどこで始まったと思われていますか。
  • ペストはどこを経てヨーロッパに広がりましたか。
  • ペストは初めてヨーロッパのどの部分に現れていましたか。
  • 中世ヨーロッパでは、人はペストが感染しないようにどのような行動をとりましたか。
  • 中世ヨーロッパでは、人はペストが感染しないようにどのような行動をとりませんでしたか。
  • ペストの病原体は何ですか。
  • ペストの第一媒介種は何ですか。
  • 以下の中で、どれがペストの感染経路の一部ではありませんか。
  • 以下の中で、どれがペスト医師の衣装の一部ではありませんか。
  • ペスト医師のあだ名は何でしたか。
  • ペスト医師は誰/何に雇われていましたか。
  • ペスト医師がつけていたマスクの嘴の部分に、どのような物がありませんでしたか。
  • ペスト医師は感染がうつらないため衣装で何をしましたか。
  • ペスト菌の別名はどれですか。
  • ペスト菌は誰に発見されましたか。
  • ペスト菌はいつ発見されましたか。
  • 以下の中で、どれがペストの一種ではありませんか。
  • ヨーロッパの人口の何パーセントは黒死病で亡くなりましたか。
  • 黒死病はどの国においてあまり被害を起こしませんでしたか。
  • ペストの種類の中で、どの種類の死亡率が最も高いですか。
  • ペスト菌はグラム染色に当たると紫になりというのは本当ですか。
  • ペスト菌はどの大きな交易路を経て欧州にもたらされたと思われていますか。
  • ペスト菌はどの形の細菌ですか。

シーン

分布

  • ウィーン
  • ブルグ
  • ブダ
  • ベルゲン
  • ボルドー
  • フェオドシヤ( カファ)
  • フィレンツェ
  • グダニスク
  • ジェノヴァ
  • キエフ
  • クライペダ
  • ケルン
  • コンスタンティノープル
  • ロンドン
  • リヨン
  • マルメ
  • マルセイユ
  • メッシーナ
  • モスクワ
  • ナポリ
  • パリ
  • プラハ
  • ローマ
  • セヴィリア
  • チュニス
  • バレンシア
  • ヴェネツィア
  • ワルシャワ

ペストは歴史上、最も致命的な感染病の一つです。1347年と1353年の間ヨーロッパで流行していたペストは黒死病とも呼ばれていました。

この感染病はおそらく中国を由来し、シルクロードを経てクリミア半島にもたらされました。クリミア半島から間もなく地中海沿岸に広がりました。イタリアの貿易船にいたネズミの血を吸ったノミによって伝播された病気は当時、繁栄していた貿易のため、すぐにヨーロッパ中現れていました。

最初南ヨーロッパで現れた感染病は徐々に西、中央、北と東ヨーロッパでも広がりました。当時ヨーロッパの人口のおよそ30‐60%ほど黒死病で死亡したと推定されています。

衝撃的なのは14世紀で世界の人口が主にペストが流行したためおよそ1億人で減少されました。

死亡率

  • ウィーン
  • ブルグ
  • ブダ
  • ベルゲン
  • ボルドー
  • フェオドシヤ( カファ)
  • フィレンツェ
  • グダニスク
  • ジェノヴァ
  • キエフ
  • クライペダ
  • ケルン
  • コンスタンティノープル
  • ロンドン
  • リヨン
  • マルメ
  • マルセイユ
  • メッシーナ
  • モスクワ
  • ナポリ
  • パリ
  • プラハ
  • ローマ
  • セヴィリア
  • チュニス
  • バレンシア
  • ヴェネツィア
  • ワルシャワ

チェーンの要素

ペストは体にペスト菌(Yersinia pestis)が感染することによって発症します。ペスト菌はグラム陰性である桿菌です。1894年で、フランスのパリにあるパスツール研究所の細菌学者、アレクサンドル・イェルサンに発見されました。

エルシニア・ぺスティス(Yersinia pestis)はおそらく東アフリカでエルシニア仮性結核菌(Yersinia pseudotuberculosis)から進化し、世界中広がっていました。

ペスト菌の感染経路(細菌 ネズミ ノミ)はペスト菌が発見された数年後、初めてパスツール研究所の生物学者ポール・ルイ・シモンに発表されました。

感染の第一媒介種ノミです。ノミはペストで感染されたネズミの血を吸うことによってペスト菌がノミの消化系に入ります。ノミの消化系に入った細菌は凝固酵素を分泌します。この物質はノミの咽頭の中で、くっついている細胞からできた層を形成します。咽頭が詰まったため、飢えるノミはより多くの人や動物を刺すようになります。このように、細菌宿主(人)の循環器に入ります。

感染経路

  • 森林サイクル - 自然で、野生動物の間伝染する病原菌の感染経路。
  • ノミ
  • 齧歯
  • 都市サイクル - 都市環境で、家畜に伝染する病原菌の感染経路。
  • 人間 (腺ペスト)
  • 人間 (二次性肺ペスト) - 腺ペストから発達し、人と人の間飛沫感染によってうつります。
  • 人間 (一次性肺ペスト)

症状

腺ペスト

ペストの最も一般的な種類であり、中世ヨーロッパでは「黒死病」として有名になりました。まずノミに刺された付近のリンパ節が腫れる症状は名前の由来になっています。腫れたリンパ節には濃い藍色の膿汁が溜まり、破裂します。腺ペストに感染された患者は高熱激しい痛みに苦しみました。この病気は感染されたノミに刺されてうつります

肺ペスト

人間から人間へ飛沫感染によってうつる稀な病気です(一次性肺ペスト)。体に入る菌は脳まで感染する場合があります。症状が現れた後、肺水腫呼吸不全が発生します。患者は呼吸困難によって死亡します。死亡率が非常に高いです(およそ95%)。

敗血症性ペスト

ペストのこの種類はペスト菌循環器に入ることによって発生します。敗血症性ペストは一次性として、またはペストの他の二つの種類の流行が続いた後起こる場合もあります。体中増加するペスト菌は肌と内臓にも出血を起こします。この高熱と伴う病気の死亡率が高く、100%に近いです。

ペスト医師

  • ツバ広帽子
  • ずきん
  • ニンニク - ペスト医師はペストが感染しないようによく噛んでいました。
  • 木製棒 - 患者との接触を避けるように棒を使っていました。
  • マスク - この革製のマスクの嘴に花びら、ハーブと香料からできた特別な混合物が詰められていました。
  • ポマンダー - 鎖で吊られたケースでした。中ではハーブからできた香りがよい球が入っていました。
  • 手袋
  • マントル - 全身に洗いやすくて、様々なオイルに浸み込ませた保護衣を着ていました。
  • ブーツ

ペスト医師の衣装は17世紀の初め頃、フランス王ルイ13世の医長、シャルル・ド・ロルムに考案されました。鳥の嘴のようなマスクをつけたため、ペスト医師は「嘴の医者」とも呼ばれていました。ペスト医師は主にペストが流行している都市で雇われていました。

多くの人はペストに感染しないように孤立し、もしくは他の地域に避難しました。感染された患者が隔離され、患者を直そうとした人もいました。ペスト医師は自分がペストに感染しないように全身を覆っていた衣装をつけました。

頭につば広帽子頭巾をかぶせて、顔には嘴のようなマスクを付けました。マスクの目のところにガラスが使われていました。全身を洗いやすくて、様々なオイルに浸み込ませた保護衣を着ていました。手に手袋をはめていました。

当時、ペストは悪性の空気で感染すると思われていましたのでこのような保護衣が必要でした。人々は匂いの魔法的な保護力に信じていたので、ペスト医師が付けていたマスクの嘴に花びら、ハーブと香料からできた特別な混合物が詰められていました。

もちろん、当時の医師はペストに感染された患者を治療することができませんでしたが、衛星に関する忠告で疫病の広がりを多少予防できました。ペスト医師のタスクの一つとは、死者を数えることでした。

アニメーション

  • 森林サイクル - 自然で、野生動物の間伝染する病原菌の感染経路。
  • ノミ
  • 齧歯
  • 都市サイクル - 都市環境で、家畜に伝染する病原菌の感染経路。
  • 人間 (腺ペスト)
  • 人間 (二次性肺ペスト) - 腺ペストから発達し、人と人の間飛沫感染によってうつります。
  • 人間 (一次性肺ペスト)
  • ツバ広帽子
  • ずきん
  • ニンニク - ペスト医師はペストが感染しないようによく噛んでいました。
  • 木製棒 - 患者との接触を避けるように棒を使っていました。
  • マスク - この革製のマスクの嘴に花びら、ハーブと香料からできた特別な混合物が詰められていました。
  • ポマンダー - 鎖で吊られたケースでした。中ではハーブからできた香りがよい球が入っていました。
  • 手袋
  • マントル - 全身に洗いやすくて、様々なオイルに浸み込ませた保護衣を着ていました。
  • ブーツ
  • ウィーン
  • ブルグ
  • ブダ
  • ベルゲン
  • ボルドー
  • フェオドシヤ( カファ)
  • フィレンツェ
  • グダニスク
  • ジェノヴァ
  • キエフ
  • クライペダ
  • ケルン
  • コンスタンティノープル
  • ロンドン
  • リヨン
  • マルメ
  • マルセイユ
  • メッシーナ
  • モスクワ
  • ナポリ
  • パリ
  • プラハ
  • ローマ
  • セヴィリア
  • チュニス
  • バレンシア
  • ヴェネツィア
  • ワルシャワ

ナレーション

ペストは歴史上、最も致命的な感染病の一つです。1347年と1353年の間ヨーロッパで流行していたペストはシルクロードを経てクリミア半島にもたらされたと考えられています。そこからイタリアの貿易船によって地中海地方へ持っていかれました。繁栄していた貿易のためすぐにヨーロッパ中広がりました。
ポーランド王国のみはあまり被害を起こしませんでした。

黒死病の感染で多くの人が死亡しました。当時のヨーロッパの人口の30‐60%ほどペストで命を落としました。
大陸の人口は約150年後ペスト前の人口に達しました。

ペストはエルシニア・ぺスティス(Yersinia pestis)という細菌の感染で発症します。
この桿菌は1894年で、パリにあるパスツール研究所の細菌学者、アレクサンドル・イェルサンに発見されました。

中世ヨーロッパで流行していたペストは貿易船にいたネズミによって港から港へ広がりました。ペスト菌は感染されたネズミの血を吸ったノミの消化系に入りました。ノミの刺しでペスト菌は宿主の循環器に入ったので、ノミは感染病の第一媒介種でした。

ペストは三つの種類に分類されます:腺ペスト肺ペスト敗血症性ペスト
腺ペストの名は濃い藍色の膿汁が溜まって、腫れたリンパ節を由来します。

多くの人はペストに感染しないように孤立し、もしくは他の地域に避難しました。
感染された患者を治療しようとした人もいました。
ペスト医師の衣装は17世紀の初め頃、フランス王ルイ13世の医長、シャルル・ド・ロルムに考案されました。
頭につば広帽子頭巾をかぶせて、顔には嘴のようなマスクを付けました。マスクの目のところにガラスが使われていました。全身に洗いやすくて、様々なオイルに浸み込ませた保護衣を着ていました。手に手袋をはめていました。

関連のエクストラ

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

中世都市

中世都市に建築された家は石や煉瓦からでき、2〜3階建てでした。

ウイルス

ウイルスはタンパク質とDNAまたはRNAから成り立ち、ウイルスはより多くのウイルスを生み出すために感染させた細胞を再プログラム...

中世の地下牢

中世の地下牢には様々な拷問装置が使われていました。

中世の天守

中世の特徴的な建物である天守は城に繋がらず建築されたこともありました。

細菌 (上級)

細菌は細胞核がなく、大きさが数マイクロメーターの単細胞生物です。

原核細胞と真核細胞の構造

細胞の二つの基本的なタイプがある:原核細胞と真核細胞。

中世の居住された橋 (ロンドン橋、16世紀)

テムズ川にかかるロンドン橋の上にテューダー朝の統治下に建物が約200軒建築されました。

中世の衣服 (西ヨーロッパ、5-10世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

中世の衣服(西ヨーロッパ、14世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

中世の伝説的な帝国

歴史上多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

Added to your cart.