あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

タイタニック号 (1912年)

タイタニック号 (1912年)

RMSタイタニックは20世紀の初めごろの最も大きな乗客船でした。

技術

キーワード

タイタニック, 船舶, 遠洋定期船, 運送, 旅客船, 豪華クルーザー, 災​​害, 救命艇, 氷山, 衝突, プロペラ, 船長橋, デッキ, ホワイト・スター・ライン, 大西洋横断の, 難破船, 技術

関連のエクストラ

質問

  • タイタニック号は当時最も大きな遠洋定期船であったというのは本当ですか。
  • タイタニック号の処女航海はいつでしたか。
  • タイタニック号はどの会社に所有されましたか。
  • タイタニック号の長さはどのくらいでしたか。
  • タイタニック号の最大速度はどのくらいでしたか。
  • タイタニック号の乗れる乗客が何人くらいでしたか。
  • タイタニック号の乗員は何人くらいでしたか。
  • タイタニック号は処女航海中、どこから出発しましたか。
  • タイタニック号は処女航海の最終目的地はどこでしたか。
  • タイタニック号はいつ沈没しましたか。
  • タイタニック号はいつ氷山に衝突しましたか。
  • タイタニック号の事故がいつ起きましたか。
  • タイタニック号の船体は沈没中、二つに折れたというのは本当ですか。
  • タイタニック号の乗客が大体助かったというのは本当ですか。
  • タイタニック号はどこで建造されましたか。
  • どの船がタイタニック号の姉妹船ではありませんでしたか。
  • タイタニック号の船長の名字は何でしたか。
  • 沈没の時、だれが優先的に救命ボートに乗せられましたか。
  • タイタニック号の遭難信号は最初どの船に受け取られましたか。
  • タイタニック号の遭難した乗客がどの船に救出されましたか。
  • 事故が起こった時、タイタニック号の乗客が何人でしたか。
  • タイタニック号の沈没に何人が助けられましたか。
  • タイタニック号の沈没で、およそ何人くらい命を落としましたか。
  • タイタニック号はどの海の底に沈没しましたか。
  • タイタニック号はプロペラは何枚ありましたか。
  • デッキのどの部分は船首に最も近かったですか。
  • タイタニック号は煙突が何本ありましたか。
  • 以下の中で、どれがタイタニック号の甲板の一部ではありませんでしたか。
  • タイタニック号のラジオアンテナはどこに位置しましたか。
  • タイタニック号では監視バスケットがなかったというのは本当ですか。
  • タイタニック号の(水線での)最大の幅がどのくらいでしたか。
  • タイタニック号の喫水はどのくらいでしたか。

シーン

タイタニック号

巨大な船、巨大な事故

タイタニック号は20世紀の初め頃、世界の最も大きな豪華客船でした。イギリスのオリンピック級の船の一つでした。オリンピック号とジャイガンティック号(ブリタニック号)と共にホワイト・スター・ライン社に所有されました。この会社は当時この3隻の客船で大西洋での旅客輸送において重要な役割を果たしていました。
タイタニック号の初めての航海はイギリスのサウサンプトンからフランスのシェルブールとアイルランドのクイーンズタウンを通じてニューヨークまででした。乗客が2207人が乗っていた巨大な船が最終目的地まで辿り着きませんでした。1912年4月14日23時40分巨大な氷山と衝突し、朝の2時20分ごろ船体が折れて沈没しました。乗客のおよそ三分の一(705人)は命が助かりました
客船の二つの部分は大西洋の底に、3821メートルの深度で、ニューファンドランドから900km離れて見つかられました。1895年で、ロバート・バラードに発見されました。

タイタニック号が衝突した氷山

タイタニック号の沈没

プロペラ

浮いているタイタン

プロペラとは、回転しながらエネルギーを伝えるものです。ハブを中心として位置する複数のブレードで構成されています。
船体はプロペラによって発生される推力によて(回転の方向によって)前もしくは後ろへ動きます。大きな船のプロペラのブレードはソリッドです。
タイタニック号の巨大な重量を動かすには出力が5万馬力であるボイラー29基、四シリンダーの蒸気機関が2基と三つの銅製プロペラ(中心にはブレード4本のプロペラ、横にはブレードが3本のプロペラ)を持つ蒸気タービンが必要でした。最大速度は40km/hを超えていました。

船尾

巨大な船、巨大な事故

タイタニック号は20世紀の初め頃、世界の最も大きな豪華客船でした。イギリスのオリンピック級の船の一つでした。オリンピック号とジャイガンティック号(ブリタニック号)と共にホワイト・スター・ライン社に所有されました。この会社は当時この3隻の客船で大西洋での旅客輸送において重要な役割を果たしていました。
タイタニック号の初めての航海はイギリスのサウサンプトンからフランスのシェルブールとアイルランドのクイーンズタウンを通じてニューヨークまででした。乗客が2207人が乗っていた巨大な船が最終目的地まで辿り着きませんでした。1912年4月14日23時40分巨大な氷山と衝突し、朝の2時20分ごろ船体が折れて沈没しました。乗客のおよそ三分の一(705人)は命が助かりました
客船の二つの部分は大西洋の底に、3821メートルの深度で、ニューファンドランドから900km離れて見つかられました。1895年で、ロバート・バラードに発見されました。

タイタニック号が衝突した氷山

タイタニック号の沈没

沈没

構造

  • いかり
  • 船首
  • 監視バスケット
  • 客室の窓
  • 荷積みのドア
  • クレーン
  • 船橋
  • 航海長のキャビン
  • 役員のキャビン
  • 救命艇
  • デッキ
  • 電気ウィンドグラス
  • ファーストクラスの入口
  • 観点
  • ファーストクラスのデッキ
  • ファーストクラスのサロン
  • 横木
  • 廊下
  • 機関士のデッキ
  • セカンドクラスのデッキ
  • 排気筒
  • 無線アンテナ
  • マスト
  • ロープばしご
  • 通気口
  • 船尾
  • 旗 (ホワイト・スター・ライン)
  • プロペラ

救命ボートが少ない豪華客船

タイタニック号には巨大な煙突が4本マストが2本ありました。客船の高さは11階建ての住宅と同じでした。タイタニック号は1500ワットのマルコーニ無線電信が2機で装備され、そのアンテナは船のマストの間につけられました。
ラジオルームと他の操縦用の部屋はデッキの前の方に位置しました。船橋は最初の煙突の前でした。貨物を乗せるためのクレーンもデッキ上にありました。
事故の重大性には救命ボートが少なかったことも重要な要因でした。元々救命ボートが64艇搭載する計画でしたが、結局20艇(その中4艇が折り畳み式)に減らされました。救命ボートが少なく搭載された理由とはスペース不足と船が不沈だと言われていました。
当時の規則としては乗客数と同等な人数を乗せられる救命ボートの搭載が必要とまだありませんでした。この規則が事故の後導入されました。

事故についての記事

大西洋の底にあるタイタニック号

寸法

  • 全高: 53 m
  • マストの高さ: 56 m
  • 全長: 269 m
  • 全幅: 28 m
  • 吃水: 10.5 m
  • 水線
  • 竜骨
  • 古代ギリシャ の帆船
  • 全長: 8 m
  • サンタ・マリア号
  • 全長: 25 m
  • クレルモン号
  • 全長: 46 m

タイタニック号の特徴

タイタニック号は北アイルランドのベルファストにあるハーランド・アンド・ウルフ造船所で建造されました。水線にある最大の幅は28メートルであり、長さが269メートルでした。 船を覆っている鋼板はリベットが300万個で固定されました。客船の重量は53.147トンでした。
豪華客船には乗客が3547人が乗ることが可能でした。巨大な船体が複数の階で構成されました。各階には散歩道キッチンダイニングルーム喫茶店サロン客室がありました。ラジオルーム、郵便局の上、プール、トルコ風呂、ジムとスカッシュコートがありました。船にはエレベーターも設置されました。

水密区画

  • 水密区画

ナレーション

タイタニック号は20世紀の初め頃、世界の最も大きな豪華客船でした。トーマス・アンドリューズに設計された巨大な船はベルファストにあるハーランド・アンド・ウルフ造船所で建造されました。建造は1909年で開始され、1911年までかかりました。
イギリスのホワイト・スター・ライン社の誇りである客船は1912年処女航海が行いました。幅がおよそ30メートルであり、長さが270メートルでした。重量は5万3千トンを超えていました。船を覆っている鋼板はリベットが300万個で固定されました。

タイタニック号の巨大な重量を動かすにはボイラー29基、四シリンダーの蒸気機関が2基と三つの銅製プロペラ(中心にはブレード4本のプロペラ、横にはブレードが3本のプロペラ)を持つ蒸気タービンが必要でした。
タービンと蒸気機関の推力が合わせて5万馬力でした。最大速度は40km/hを超えていました。

船体は複数の階で構成されていました。タイタニック号には巨大な煙突が4本とマストが2本ありました。客船の高さは11階建ての住宅と同じです。コミュニケーションのため、マルコーニ無線電信が2機で装備され、そのアンテナは船のマストの間につけられました。船橋は最初の煙突の前でした。船には救命ボートが20艇搭載されたが、その中4艇が折り畳み式でした。乗員900人であり、乗客3500人ほど乗れました。

タイタニック号の初めての航海はイギリスのサウサンプトンからフランスのシェルブールとアイルランドのクイーンズタウン(現在コーヴ)を通じてニューヨークまででした。1912年4月14日23時40分ごろ氷山に衝突し、二時間半後船体が折れて沈没しました。この事故で1517人(他の資料によると1494人)が命を落としました。
タイタニック号の沈没が誰のせいでしたか現在も明らかにされていません。豪華客船の建造と沈没が多くの映画、文学的と芸術的な作品に登場しています。

関連のエクストラ

自転車の進化

最初はおもちゃとしてあざけられた自転車は三百年に渡って大きく変化しました。

ツェペリン、LZ 17 ザクセン (1913年)

ツェペリンはラーメンがある飛行船の一種です。

パテント・モトールヴァーゲン(カール・ベンツ、1886年)

ベンツのパテント・モトールヴァーゲンは世界中で使われ、最初の内燃機関エンジンによって動く自動車...

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

バス

バスは公共交通において重要な役割を果たしています。

エアバス A380 (2005年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

戦艦 (ドレッドノート、1906年)

イギリス海軍のドレッドノートは20世紀の革命的な戦艦でした。

Added to your cart.