あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

航空史上の主な発明

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

技術

キーワード

航空, 航空機, 飛行機, ステルス, 爆撃機, 多目的戦闘機, 旅客船, 貨物船, 戦闘機, ハンググライダー, 飛行船, ツェペリン, プロペラ, ジェットエンジン, 車両, 社会, 運送, 経済, 開発, 地理, 技術

関連のエクストラ

シーン

航空機

人間は昔から空気を征服することに興味を持っていました。数百年間の観察研究実験の後、遂に現在の結果に辿りづきました。失敗も多くあった道では画期的な発見もたくさんありました。
このアニメーションではこれらの発明を紹介します。

オーニソプター レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品

レオナルドは自然の観察飛行に関する研究によって、飛行機を計画しました。
異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

モンゴルフィエ兄弟 の気球

フランスのモンゴルフィエ兄弟の発見は飛行の歴史において画期的な出来事でした。製紙業者の家族の一員であるジョウジフ・ミシェルとジャック・エティエン・モンゴルフィエは熱気球の実験をしました。

モンゴルフィエ兄弟は最初水蒸気を使用しましたが、冷たくなって凝結した水蒸気は紙からできた気球を濡らしました。後で、煙を気球に囲もうとしましたが、煙は速く冷たくなったので成功しませんでした。結局、気球の下から空気を常に暑くして成功させました

初めての気球には何も乗せず、その後動物を入れました。1783年の秋に、パリの近くで始めて人も乗せました

オットー・リリエンタール のグライダー

  • オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの工学者オットー・リリエンタール19世紀の後半で生きていて活躍していました。兄、グスタフとともにの飛行を研究し、飛行の三つの基本的な要因(上昇させる力推力操舵)をわかりました。最初は翼が羽ばたきするモデルを作りました。
失敗に終わる多くの試みのため、風の揚力に駆動されたグライダーを作ることを決定しました。1874年の前、複数のモデルを設計しました。

兄弟であるグスタフが計画を諦めた後、オットー・リリエンタールが計画を作り、グライダーを建造し、自分で飛行をし続けました。キャンバスと柳の小枝からグライダーを少なくとも18機を作りました。高い場所から風に逆らって飛び降りて飛行の実験をし、グライダーを少しづつ改善された後300メートルほどの飛行に成功しました。

1891年に作られたリリエンタールグライダーは現在のハンググライダーの先駆けになりました。

ライトフライヤー号

  • ライトフライヤー号 (1903年)

アメリカのオハイオ州、デイトン市からのライト兄弟、ウィルバーとオーヴィル・ライトは1899年に航空機に関する実験を始めました。興味を向けた主な分野は揚力推力コントロールでした。翼の形に関する実験のため、風洞も作りました。1900年の後、実験がノースカロライナの小さな町キティホークの近くの丘で続きました。1903年フライヤー1号を作り、近くの町にちなんで名づけられました。

航空機の初飛行が1903年12月17日に行われ、航空史上の画期的な出来事の一つでした:初めて成功したエンジンで駆動された空気より重い航空機で行った管制飛行でした。オーヴィル・ライトに操縦された航空機が12秒39メートルを飛んでいました。兄弟以外は観察者が五人いました:救命クルーのメンバー達、ビジネスマンと一人の男の子が見ていました。

フォッカー ドライデッカー一号

  • フォッカー・ドライデッカーI (1917年)

フォッカードライデッカー1号が第一次世界大戦の最も知られている航空機でした。処女飛行1917年7月に行われていました。ドイツ語で「三葉機」を意味するドライデッカーはイギリス、フランスとロシアを含む協商国に使われていた航空機の優勢相殺するために設計されました。長さが6メートルであり、翼幅が7メートル以上でした。

操縦性が非常に良く、上昇率が特徴的(5.7 m/s)でしたが、速度と信頼性が他の同時代の航空機と比べて二流でした。1917年末にすでに時代遅れになり、総合的に320機が製造されました。

ツェッペリン LZ 129 ヒンデンブルク

  • ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェッペリンは操作しやすい硬式飛行船の一種です。ドイツの開発者であるフェルディナント・フォン・ツェッペリン伯爵にちなんで名づけられました。ツェッペリンは第一次世界大戦の前人気になりました。商業目的軍事目的にも使用されていました。全盛期1930年代でした。
最初のツェッペリンの胴体が長いシリンダーのような形(その後しずくのような形)をしました。ツェッペリンの仕組み縦の桁と頑丈なリングから構成されている金属の構造です。

骨組みには水素ヘリウム満たされた複数のバロンが含まれていました。このように空気より軽いガスでツェッペリンは飛ぶことが可能でした。飛行船は胴体の外にあるゴンドラで位置したエンジンで駆動されていました。

LZ 129ヒンデンブルク飛行船は1934年で死亡したドイツの大統領パウル・フォン・ヒンデンブルクにちなんで名づけられていました。この飛行船の名前は後で飛行船のタイプの名前にもなり、初飛行が1936年で行われていました。

ユンカース G 24 フロート水上機

  • ユンカース G 24 フロート水上機

ユンカースG24はドイツのユンカース社に製造された低翼の単葉機でした。処女飛行1924年に行われ、運用が1925年に開始されました。

胴体が完全に金属製であり、エンジンが3基で駆動されました。面白い事実ですが、元々エンジンが1基が搭載されるように設計されましたが、ベルサイユ条約により出力が大きいエンジンがドイツの航空機への搭載が禁じられたので、G24に3基の出力が小さいエンジンが搭載されました。この航空機が複数の航空史上の記録を立てました。

G24は旅客輸送軍事目的にも使われました。このタイプを由来しているフロート付き水上飛行機も製造され、滑走路がない場所で使われていました。フロート付き水上飛行機が水上に離水進行到着ができます。

メッサーシュミット Bf 109 G

  • メッサーシュミット Bf 109 G

ウィリー・ メッサーシュミットに設計されたメッサーシュミットBf 109は最も広く使われていたドイツの戦闘機でした。3万機以上製造されました。初飛行が1935年に行われ、初めては1937年にドイツの空軍に使われていました。第二次世界大戦で使用された戦闘機は当時の最も現代的な航空機でした。革新的な技術で製造された航空機が史上最も成功した戦闘機の一つでした。

飛行的な特徴、搭載された兵器とよく訓練されたドイツのパイロットのため、Bf 109が第二次世界大戦で最も多くの戦いで勝利した戦闘機でした。戦闘機以外は、偵察エスコートにも使用されました。地上の目的を攻撃するには適切な戦闘機でした。

Bf 109の複数のタイプが製造され、各タイプが名がつけられました。アニメーションで見られるタイプがグスタフと呼ばれています。グスタフが製造されたすべてのBf 109の70パーセント以上を占めています。

デ・ハビランド・コメット

  • デ・ハビランド コメット (1949年)

イギリスのデ・ハビランド・エアクラフトに製造された飛行機は世界初の大量生産されたジェット旅客機でした。この飛行機は航空史の中で画期的なものでした。

最初の定期路線1952年に、ロンドンとヨハネスブルグの間に開始されました。この時はジェットエンジンが搭載された飛行機に対してジェット旅客機という表現が使われるようになりました。

コメットのデザインがシンプルであり、前に製造された飛行機より快適で、速度が速かったです。運搬が経済的であるため人気でしたが、建設欠陥のため事故が多く発生しました。

事故の原因となった欠陥を直すことによって、飛行がより安全になりましたが、改良されたコメットがアメリカの製造社の飛行機に勝てなかったです。

ボーイング 747

  • ボーイング 747 (1969年)

ボーイング747は最初の大型民間航空機でした。
ボーイング民間航空機に開発された旅客機は世界で最も知られている航空機の一つです。
ジャンボ・ジェット機旅客機輸送機と軍事目的に使われている航空機等複数のタイプが製造されました。

初飛行が1969年2月に行われ、1970年にパンアメリカン航空、トランスワールド航空により運用が開始されました。2013年3月までに1500機が輸送されました。

揚抗比が非常に良くて、安全性が高いです。
最も広く使われているタイプが747‐400であり、最新モデルである747‐8が2010年に導入されました。

コンコルド

  • コンコルド (1969年)

エールフランスとブリティッシュ・エアウェイズに共同運搬されるアエロスパシアルBACコンコルド超音速旅客機でした。最初飛行はソ連のTU‐144とほとんど同時に、1969年3月で行っていました、
1976年1月から運搬が開始され、27年後様々な要因のため2003年運搬が停止されました。これと同時に超音速旅客機での飛行が停止されました。20機しか製造されていませんでした。
コンコルド(フランス語、意味は「同意」)は多くの記録(例えばロンドンとニューヨークの間に距離は2時間53分で果たした)を作り、現在も航空史上で画期的なものとしてみなされています。

F-16 ファイティング・ファルコン

  • F-16 ファイティング・ファルコン (1978年)

F-16 ファイティング・ファルコンは元々アメリカ空軍のために開発されたジェット戦闘機です。初飛行が1978年に行われ、複数の武力紛争に使用されました。ロッキード・マーティンに製造され、現在も組立ラインから出てきます。
再燃焼ターボファンエンジンが搭載された航空機が高い高度で音速二倍まで加速できます。

空軍に役に立つ素晴らしい能力を持つF‐16はこのタイプの航空機の中で最も成功された一つです。

B-2スピリット

  • B-2スピリット (1989年)

スピリットという名前が付けられた航空機がアメリカ空軍のために開発されました。ステルス技術にちなんで名づけられ、正式呼称を示すBは爆撃機の省略です。戦略爆撃機B‐2スピリットのプロトタイプが1989年に初飛行を行いました。

B‐2はレーダー信号の多くを吸収する特徴的な物質で覆われています。吸収されないレーダー信号が航空機の特徴的な形により分散されます。

最も多くの監視装置に探知できないので、「ステルス」と「スピリット」という呼び名を収得しました。

エアバス A380

  • エアバス A380 (2005年)

ヨーロッパのエアバスに製造された航空機は世界最大の旅客機です。
巨大なサイズのため、スーパージャンボとも呼ばれています。長さが73mであり、翼幅が約80メートルです。
初飛行が2005年に行われ、運用2007年に開始されました。エアバスA380はダブルデッキで、胴体が太いジェット旅客機であり、エンジンが4基搭載されています。両方のデッキでは、胴体のほとんど全部が乗客空間となっています。タイプにより、乗客を850人ほど運送できます。

関連のエクストラ

貨物輸送の進化

アニメーションは馬車からトラックまでの貨物輸送の進化を紹介します。

自動車の進化

自動車は19世紀末から大きく変わりました。

交通網

このアニメーションは主な航空路、水路や陸上の道路を紹介します。

ダイダロスとイカロス

古代ギリシャの神話に登場する父親と息子はクルタ島から逃げたかったです。

自転車の進化

最初はおもちゃとしてあざけられた自転車は三百年に渡って大きく変化しました。

空港

空港では飛行に必要なサービスと基本的な設備を提供されます。

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - オーニソプター (1488年-1489年)

異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

フォッカー・ドライデッカーI (1917年)

ドイツの三葉機は第一次世界大戦の一番有名な航空機でした。

ライトフライヤー号 (1903年)

ライト兄弟に開発されたライトフライヤーは世界初の飛行に成功した空気より重い航空機です。

デ・ハビランド DH.106 コメット1 (1949年)

イギリスのデ・ハビランド社に製造された飛行機は世界初の大量生産されたジェット旅客機でした。

コンコルド (1969年)

初めての超音速旅客機は1976年に運航が開始されました。

ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェペリンは頑丈な仕組みを持つ飛行船の一種です。

無人航空機 (UAV)

無人航空機の応用範囲が次第に広がります。

ボーイング 747 (1969年)

このジャンボジェット機は一番有名な飛行機です。

ユンカース JU-52 (1932年)

第二次世界大戦に前に、最も人気なヨーロッパ製の輸送航空機でした。

熱気球 (18世紀)

フランス人のモンゴルフィエ兄弟は飛行のパイオニアでした。

エアバス A380 (2005年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

B-2 スピリット (米国、1989年)

アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機はバルカン戦争、アフガニスタンとイラクにも使われていました。

F-16 ファイティング・ファルコン (米国、1978年)

ファイティング・ファルコンはマルチロール機のカテゴリーの最も成功した航空機です。

Added to your cart.