あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ディオクレティアヌス宮殿 (スプリト、クロアチア)

ディオクレティアヌス宮殿 (スプリト、クロアチア)

要塞のような宮殿が古代ローマのディオクレティアヌス帝によって自身の故郷の近くに建設されました。

歴史

キーワード

ディオクレティアヌス, 宮殿, 古代ローマ, Római Birodalom, クロアチア, 地中海, ローマ, ダルマチア, Dinarides, 天皇, 帝国期間, 要塞, 州, 歴史, 古代, 建築, 文化, 教会, 港, 門, 霊廟, アドリア海

関連のエクストラ

質問

  • ディオクレティアヌス宮殿はいつ建設されましたか。
  • ディオクレティアヌス宮殿の遺跡がどの現在の国にありますか。
  • ディオクレティアヌス宮殿はどの海の海岸に建てられましたか。
  • ディオクレティアヌスは皇帝として、どの政治的なシステムを導入しましたか。
  • テトラルキアで、ディオクレティアヌスの役割が何でしたか。
  • ディオクレティアヌスの統治がどのように終わりましたか。
  • 宮殿には、どの建造物の建築的な特徴が見られませんか。
  • ディオクレティアヌスが生きていた時、宮殿には何人ぐらい住んでいましたか。
  • ディオクレティアヌスはいつ宮殿に住んでいましたか。
  • 複合建築の平面図が何に似ていますか。
  • どの壁に見張り塔がありませんでしたか。
  • 宮殿には何の門がありませんか。
  • 宮殿の壁の高さがどのくらいですか。
  • 宮殿の面積が3万平方キロメートルを超えているのは本当ですか。
  • 宮殿の宗教的な建物がある区域が何とよばれていますか。
  • 宮殿がどのローマの属州にありますか。
  • 宮殿には塔が何本ありますか。
  • 宮殿の主な門がどれですか。
  • 複合建築の語の方面に海がありましたか。
  • ディオクレティアヌスの霊廟の平面図がどんな形しますか。
  • ディオクレティアヌスはどの神を保護神と考えましたか。
  • ディオクレティアヌスはどのように死にましたか。
  • ディオクレティアヌスは10年も自分の宮殿に住んでいなかったというのは本当ですか。
  • ペリスタイルは何ですか。

シーン

宮殿

  • ディナル・アルプス山脈 - 北西・南東の方向に位置しています。最も西にある山脈が海岸に沿って見られます。地域に最も幅広く使われている建築材料である石灰岩で形成されています。
  • アドリア海 - イタリア半島とバルカン半島の間に位置し、地中海の一部です。アドリアという年にちなんで名づけられました。
  • 港湾 - 宮殿が直接海岸に建てられました。防波堤に保護された湾が船をドックに入れるに安全な場所でした。湾を通じて宮殿から海に出ることも可能でした。
  • 宮殿 - ディオクレティアヌス帝は3世紀末と4世紀の初め頃この複合建築を建てました。

宮殿の建設が西暦295年頃始まりました。当時、権力の絶頂期にいるディオクレティアヌス帝帝位を退いた後に隠棲しようと建てました。宮殿の場所の選択に決定的要因だったのはディオクレティアヌスがダルマティアの皇帝属州州都サロナの近くに生まれました。その上、豊富な水供給と硫黄のため、繊維生産も可能で、稼ぐことができました。

ディオクレティアヌス宮殿がディナル・アルプス山脈の山麓に、アドリア海の沿岸に位置していました。ローマから離れていましたが、完全に隔絶したわけでもありませんでした。宮殿が完成した後、約9000人が中に住んでいました。サロナの近くのヤドロ川から水が提供されました。

港湾

  • 防波堤 - 港湾の海の方の堺に建てられた防壁です。海流と波からの保護を提供します。
  • 海の方の入り口 - 海の門、南の門(porta meridialis)、あるいは銅の門(Porta Aenea)とも呼ばれています。海上貿易の面でも重要でした。
  • 南のファサード - 他の三つの側に比べると、そこまで要塞化していませんでした。この方向から見ると、最も宮殿のような構造です。
  • 屋根の庭 - 皇帝の部屋でこれらを使って飾られていました。複合建築の宮殿性を強調しました。

ディオクレティアヌスが直接海岸に宮殿を建てました。これは保護と人と商品の運送がより便利になるために重要でした。

海に向いている入り口が皇帝の部屋に繋がっていたため、ディオクレティアヌスのプライベートの門だったと一般的に思われています。

宮殿が半島に建てられたため、沖の激しい波から防波堤で保護されました。この係留地の大陸の方にある側がからの上陸と貿易船から荷物を下ろすのに使われていました。

構造

  • 黄金の門 - Porta Aureaとも呼ばれています。宮殿の北の門であり、カルドの一つの終点です。
  • 北東の建造物 - 宮殿の北部には兵士と召使いの住居がありました。
  • 中心 - カルドとデクマヌスの交差により、宮殿が四つの部分に分かれます。
  • 銀の門 - Porta Argentea、あるいはPorta orientalisとも呼ばれた東の門です。デクマヌスの一つの終点です。
  • 墓廟 - 豊富に飾られた八角形で、上に円屋根がある建造物です。ディオクレティアヌス帝の墓場です。
  • 東の建造物 - 複合建築の南部には皇帝に使われていた、より豊富に装飾された建物があります。
  • 銅の門 - 宮殿の南の門がPorta Aenea、あるいはPorta meridionalisとも知られています。
  • 西の建造物 - 複合建築の南部には皇帝に使われていた、より豊富に装飾された建物があります。
  • ユーピテルの神殿 - 現在はこの建造物が間違ってユーピテルの神殿と呼ばれたと考えられています。長方形の神殿がヤーヌスに捧げられたと思われています。
  • 鉄の門 - Porta Ferrea、あるいはPorta occidentalisとも呼ばれている西の門です。デクマヌスの一つの終点です。
  • 北西の建造物 - 宮殿の北部には兵士と召使いの住居がありました。
  • テメノス - 神殿などが建てた宮殿の宗教的な区域は皇帝の住居とデクマヌスの間に位置していました。

ディオクレティアヌス宮殿には様々な建築的な要素が見られます。軍事キャンプ(castrum)、宮殿(palatium)と邸宅の構造的な特徴も見られます。

長方形の宮殿の東の西の側の長さが等しく215mです。北側の長さが175mであり、南側の長さが181mなので、平面図が台形のようです。建造物の面積が30,000 m²を超えています。

宮殿が東・西のデクマヌスによって二つの部分に分けられます。北の部分の方が単純で、南の部分の建物が豊富に飾られています。宗教的な建物が入っているテメノスはデクマヌスの南部に位置しています。海の方に進むと実際の皇帝の部屋に繋がる建物が見られます。

宮殿の東、北と西の壁に見張り塔巨大な門があるので、宮殿がより要塞のように見えます。しかし、海の方の部分がより飾られ、建造物の宮殿さが強調されます。

外側の壁の高さが15‐20メートルであり、平均的な厚みが2.1mです。総合的に塔が16本あります。黄金の門、銀の門と鉄の門も二本の塔に保護されていますが、宮殿の南側には塔がありません。

門の名前にある金属類がおそらくギリシャとローマ神話にでも登場する歴史的な時代を参照します。黄金時代は平和と繁栄の時期でした。

宮殿は門が四つあります。宮殿の北側の門である北門(Porta aurea)は中庭へと南北に走る道(カルド)の終点です。サロナーアスパラソス道から来た人がこの豊富に装飾された門を通って宮殿に入れます。

ディオクレティアヌスは豊富に飾られた八角形の霊廟に埋葬されています。霊廟のすべての辺の長さが7.6mです。八角形が地球から天国への移動のシンボルです。霊廟は24本のコリント式柱に囲まれています。屋根が瓦で覆われ、壁の厚さが平均的な3mです。円形の墓室の中心の高さが21mであり、直径が13mです。壁の内側にフリーズがあり、壁龕に彫像があります。ディオクレティアヌスのサルコファガスは墓室の中心にあります。

ユーピテルの神殿は295年と305年の間に建設されました。長方形の神殿の上に建てられました。入り口に続く柱廊が六本の柱で支えられています。切妻屋根の両方の先にはタンパンがあります。入り口の上のタンパンに神々と英雄が登場するレリーフが見られます。

従来の考え方によると、ローマ神話の主神、天と雷の神であるユーピテルに捧げられた神殿でした。ユーピテルの崇拝はディオクレティアヌスの統治下で最も重要になり、ユーピテルが保護神とみなされていました。

ディオクレティアヌス

古代ローマのディオクレティアヌス帝は西暦284年から305年まで即位しました。三世紀の危機を終わりにするドミナートゥスの基礎を構築しました。改革によって帝国の安定さを復元しました。

ディオクレティアヌスは西暦244年に、ダルマティアの皇帝属州州都サロナの近くに生まれました。軍隊経歴がおそらくカルスの統治下に始まりました。カルスの後、その息子も死去し、兵士がディオクレティアヌスを皇帝として公表しました。

統治の最初の二十年の間、多くの戦いで参加しましたが、前任者の運命を避けられました。テトラルキアを導入しました。このシステムでは、ディオクレティアヌスとマクシミアヌスが正帝(augusti)であり、ガレリウスとコンスタンティウス・クロルスがカエサル(caesar)でした。帝国が分裂されたが、保護管理しやすくなりました。しかし、帝国内の政治紛争が続き、政治的な問題も現れました。その上、ディオクレティアヌスの健康状態は悪化し、西暦305年にローマ皇帝の中で初めて退位しました。退位した後、実家の近くに建てた宮殿に戻りました。しかし、退役を長く楽しむことができず、西暦312年(?)にこの世を去りました。

古代で書かれたローマ皇帝の伝記が集められたローマ皇帝群像(羅:Historia Augusta)には、ディオクレティアヌスに関してこのように書いてあります:「vir rei publicae necessarius」(国は必要とした人物)。

散歩

アニメーション

  • 宮殿 - ディオクレティアヌス帝は3世紀末と4世紀の初め頃この複合建築を建てました。
  • 黄金の門 - Porta Aureaとも呼ばれています。宮殿の北の門であり、カルドの一つの終点です。
  • 墓廟 - 豊富に飾られた八角形で、上に円屋根がある建造物です。ディオクレティアヌス帝の墓場です。
  • 銅の門 - 宮殿の南の門がPorta Aenea、あるいはPorta meridionalisとも知られています。
  • ユーピテルの神殿 - 現在はこの建造物が間違ってユーピテルの神殿と呼ばれたと考えられています。長方形の神殿がヤーヌスに捧げられたと思われています。

ナレーション

ディオクレティアヌスは3世紀末と4世紀の初め頃古代ローマの皇帝でした。西暦295年に、ダルマチア属州での実家の近くに宮殿の建設を命令しました。退位した後、この宮殿に過ごすつもりでした。西暦305年に、自ら退位し、アドリア海の沿岸に位置する複合建築に生活するようになりました。

ディオクレティアヌス宮殿は宮殿(palatia)の特徴のみではなく、軍事キャンプ(castra)と邸宅(villas)の構造的な特徴も見られます。宮殿の特徴的に分離された構造強い壁見張り塔も軍事キャンプの特徴でした。皇帝の部屋の豊富な飾りかたと海に向かう壁が宮殿的です。この壁には見張り塔がないですが、他の三つの壁には見張り塔が16本見られます。

四つの門の中で、最も豊富に飾られているのは黄金の門です。この門を通って、北・南方向のカルドが見られます。これは平面図が台形のような宮殿の中心で、垂直に位置するデクマヌスを交差します。
その続きにはペリスティリウムという広場があります。その東には皇帝の霊廟、西にはユーピテルの神殿があります。皇帝の部屋に繋がっている飾られた建造物は宮殿の南側に位置します。銅の門がアドリア海の港湾に向いています。

関連のエクストラ

古代ローマの属州と都市

このアニメーションは古代ローマの数百年渡る歴史を紹介します。

プーラ円形闘技場 (プーラ、1世紀)

現在のクロアチアに位置するプーラ円形闘技場は古代ローマの最も大きな円形演技場の一つでした。

古代ローマの水道橋と道路

古代ローマ帝国を覆った水道と道路のシステムはローマ文明の発展を反映してます。

古代ローマの軍事キャンプ

古代ローマ帝国が新しい地域を支配していた時、支配された場所に軍事キャンプを設立されました。

古代ローマの家

古代ローマの裕福な市民はレイアウトした複数の部屋がある大きな家を所有してました。

チルコ・マッシモ (ローマ)

古代ローマの大競技場であり、二輪戦車レースで有名になりました。

ポンペイウス劇場(ローマ、紀元前1世紀)

グナエウス・ポンペイウス・マグヌスが委託した建築物は、古代ローマの最初の恒久的ローマ劇場の一つでした。

クノッソス宮殿 (紀元前2千年紀)

古代、クレタ島の青銅時代最大の遺跡である宮殿はミノア文明の中心であったと考えれています。

カラカラ浴場 (ローマ、3世紀)

紀元3世紀に、古代ローマのカラカラ帝の治世に建造された贅沢な浴場でした。

ラグーザ(クロアチア、16世紀)

現在はドボロブニクと呼ばれているクロアチアの都市が素晴らしい建築と綺麗な外観で知られています。

パンテオン (ローマ、2世紀)

すべての神の神殿と呼ばれるパンテオンはローマ皇帝ハドリアヌスの統治下の元で再建されました。

コロセウム(ローマ、1世紀)

ローマで一番有名で、豪華な円形闘技場であり、第1世紀に建築されました。

古代の帝国

歴史上多くの巨大な帝国が創設され、崩壊されました。

ビレーム (古代の軍艦)

ビレームは古代軍艦の一種であり、複数の軍隊に使われていました。鋭い艦首と二段の漕ぎ手座が特徴的でした。

古代ローマの元老院議員と妻

古代ローマの最高の社会階級のメンバーである元老院議員は紫色のへりがあるトーガを着ていました。

タイタスの凱旋門 (ローマ、1世紀)

凱旋門はフォロ・ロマーノの入り口の近くに建築されました。ローマ皇帝、タイタスのエルサレム包囲の成功を記念にした凱旋門です。

古代ローマの戦士 (紀元前1世紀)

古代ローマ軍の傭兵はよく訓練されて、当時の最新武器で戦っていました。

五段櫂船 (紀元前3世紀)

ヘレニズム時代の特有な軍艦には複数の列のオールが搭載されています。

Added to your cart.