あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

マケドニアの攻城塔 (紀元前4世紀)

マケドニアの攻城塔 (紀元前4世紀)

アレクサンドロス大王に率いた軍隊は攻撃中に攻城塔を成功して使っていました。

歴史

キーワード

マケドニア, 攻撃塔, マケドニアの包囲塔, アレクサンドロス3世, 戦争, 跳ね橋, 建物, 建造物, 包囲, 守備の壁, 包囲機, ペルシア帝国, 戦史, マケドニア王国, 軍事作戦, 4紀元前世紀, ミレトス, 小アジア, 古代, 歴史, 防衛, 安全, _javasolt

関連のエクストラ

シーン

攻撃塔

  • 守備の壁
  • 破壊された水道
  • 満たされた溝
  • 攻撃塔
  • ランプ
  • 包囲攻撃用のはしご
  • 投石器
  • カタパルト

構造

  • 推進車輪
  • はね橋
  • 防衛された階
  • 欄干
  • はしご
  • 濡れている動物皮
  • ランプ

動作

アニメーション

  • 推進車輪
  • はね橋
  • 防衛された階
  • 欄干
  • はしご
  • 濡れている動物皮
  • ランプ

ミレトスの包囲攻撃

塔からのビュー

壁からのビュー

ナレーション

最も重要な都市は古代から高くて丈夫な城壁で囲まれていました。そのような要塞を攻撃しようとしていた軍隊には壁を壊すために包囲攻撃兵器とも呼ばれた新しい装置が使われていました。距離を開けて攻撃するには投石機が効率的でしたが、最終的な成功のために兵士が壁に接近する必要がありました。この目的を得るために攻城ばしご破城槌攻城塔が使用されました。史料によると、最初に攻城塔を使ていたのはアッシリア人でしたが、その後はマケドニア人などを含む他の軍隊も使い始めました。

攻城塔の役割は兵士を安全に攻撃している場所までに運ぶことであり、壁の攻撃に効率の良い装置です。攻城塔が高くて、数階建ての物でした。一般的に、車輪がある車体に建てられました。兵士は中にあるはしごを使って上に昇り、壁にはね橋を当てました。それを通り、軍隊は壁に上がり、城や町に入り込みました。兵士の保護のため、攻城塔は三つの方向でに囲まれていました。

主な建築材料は木材であり、このように包囲された場所の防衛者は燃えている矢、またはほかの発火力のある投射物を使って攻撃者の攻城塔に火をつけようとしました。そのため、攻城塔は濡れている動物の皮など耐火性の素材覆われています。

関連のエクストラ

マケドニア王国

歴史上の征服者と国王、アレクサンドロスは巨大な王国を建設しました。

マケドニアの戦士 (紀元前4世紀)

古代マケドニアの戦士は恐れられて有名になりました。

ペルシアの戦士 (紀元前5世紀)

古代ペルシア軍の戦士は上手な弓の射手でした。

古代ローマの包囲攻撃兵器

古代ローマの支配者は要塞を攻撃した時、様々な包囲攻撃兵器を使っていました。

古代インドの戦象

古代インドの戦象は戦いで戦車のように使われていました。

ギリシャとマケドニアの方陣

方陣は古代ギリシャの重装歩兵の隊形でした。

古代の帝国

歴史上多くの巨大な帝国が創設され、崩壊されました。

ペルシアの統治者 (紀元前5世紀)

古代ペルシアの統治者は帝国の大きさと豊富な宝に有名になりました。

ガウガメラの戦い(紀元前331年)

作戦的な名作とも思われている戦いで、アレクサンドロス大王はペルシアに対して決定的な勝利を得ました。

アルキメデスの軍事発明(紀元前3世紀)

アルキメデスは古代ギリシャの才能がある学者の一人であり、軍事発明も画期的でした。

トロイアの木馬

ホメロスの叙事詩によると、オデュッセウスの策略によってトロイアを敗北させました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 攻城兵器

レオナルドは美術家のみではなく、工兵としても有名になりました。

イッソスの戦い (紀元前333年)

イッソスの戦いで、マケドニア軍はペルシア軍を率いるダレイオス3世を破りました。

Added to your cart.