あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

メガリアン縞模様のムカデ

メガリアン縞模様のムカデ

このシーンでは主に地中海周辺に生息しているムカデを紹介します。

生物

キーワード

百足, 体節性の体, 節足動物, 卵, 有毒, セグメント, 関節肢, 毒腺, 腺, 動物, 生物, 捕食者

関連のエクストラ

シーン

メガリアン縞模様のムカデ

メガリアン縞模様のムカデは主に地中海周辺に生息していますが、ヨーロッパの温帯地域にも見られます。
他のムカデと同様に、メガリアン縞模様のムカデは湿潤環境を好んでいます。その原因とは、ムカデの上皮はろう質ではないので、動物が脱水から守られていません。
メガリアン縞模様のムカデは速く動き、典型的な波にような模様で走っています。
捕食類であり、自分より小さい動物を餌にしています。獲物の中には昆虫や小さなトカゲも含まれています。人が噛まれると、皮膚の炎症と痛みが発生します。

動き

解剖

  • 体長: 6–13 cm
  • 触角 - 最初の体節にあります。
  • 関節肢 - 獲物を捕まえるために、すべての脚にはフックが見られます、。
  • 単眼
  • 顎脚
  • 背板
  • 頭の盾
  • 口器

メガリアン縞模様のムカデの体は21個の体節で構成され長細くなっています。頭を除き、こられの体節のサイズが同じです。すべての体節には一対のが付き、頭には触角が一対見られます。
回復が非常に速く、脚や触角をなくすと、すぐに生えます。
毒腺と繋がっている顎脚は最初の一対の脚から進化したものです。見た目も他の脚と異なり、先は鋭くて、フックのような形をしています。ムカデはこれを使って獲物を麻痺させます。
メガリアン縞模様のムカデの体長は平均的に6‐13cmですが、17cmのムカデも発見されています。

内臓

  • - 神経節を一対含んでいます。
  • 生殖器
  • 複数の室を 含む心臓
  • 唾液腺 - この線に分泌される液体は食べ物を濡らし、中に含まれる酵素で消化が始まります。
  • マルピーギ管 - 中腸と後腸の境で排出器が位置しています。体腔を満たす血リンパをろ過し、ろ液を消化管に排出します。
  • 大腸 - マルピーギ管は体腔を流れる血リンパをろ過し、ろ過された液体を腸に排出します。腸にはろ過された液体から必要な栄養物(水、糖類など)が吸収され、血リンパに戻されます。廃棄物と毒物が排出されます。
  • 付属腺
  • 毒腺
  • 卵精巣

生活環

  • 孵化したばかりのムカデ
  • 幼いムカデ
  • 成長したムカデ

メガリアン縞模様のムカデで生殖しています。雌はおよそ10‐50個の卵を産み、見守っています。孵化まで2か月ほどかかります。孵化したばかりのムカデは脚の数で成長したムカデと見分けられます。成虫になるまで複数回脱皮し、脱皮するとき体節が増えます。

ナレーション

メガリアン縞模様のムカデは主に地中海周辺に生息していますが、ヨーロッパの温帯地域にも見られます。
他のムカデと同様に、メガリアン縞模様のムカデは湿潤環境を好んでいます。その原因とは、ムカデの上皮はろう質ではないので、動物が脱水から守られていません。
メガリアン縞模様のムカデは速く動き、典型的な波にような模様で走っています。
捕食類であり、自分より小さい動物を餌にしています。獲物の中には昆虫や小さなトカゲも含まれています。人が噛まれると、皮膚の炎症と痛みが発生します。

メガリアン縞模様のムカデの体は21個の体節で構成され長細くなっています。頭を除き、こられの体節のサイズが同じです。すべての体節には一対のが付き、頭には触角が一対見られます。
回復が非常に速く、脚や触角をなくすと、すぐに生えます。
毒腺と繋がっている顎脚は最初の一対の脚から進化したものです。見た目も他の脚と異なり、先は鋭くて、フックのような形をしています。ムカデはこれを使って獲物を麻痺させます。
メガリアン縞模様のムカデの体長は平均的に6‐13cmですが、17cmのムカデも発見されています。

メガリアン縞模様のムカデで生殖しています。雌はおよそ10‐50個の卵を産み、見守っています。孵化まで2か月ほどかかります。孵化したばかりのムカデは脚の数で成長したムカデと見分けられます。成虫になるまで複数回脱皮し、脱皮するとき体節が増えます。

関連のエクストラ

昆虫の生殖と成長

昆虫は生活環によって、不変態、不完全変態、完全変態の3つに分類されます。

ヨーロッパザリガニ

ヨーロッパに広く分布している淡水性のザリガニの一種です。

ニワオニグモ

アニメーションはニワオニグモを例として、クモの構造を紹介します。

赤山蟻

アリの巣には女王蟻、雌蟻と働き蟻がいます。

メキシカンレッドニータランチュラ

ペットとされて、一番人気があるタランチュラの一種です。人間がかまれると死命的でわありません。

ナンベイドクイトグモ

ナンベイドクイトグモの毒は強くて、人体に非常に危険です。

イエローファットテールスコーピオン

イエローファットテールスコーピオンは世界で最も危険なサソリの一種です。

石炭紀の植物相と動物相

このアニメーションはデボン紀とペルム紀の間(3億5800万年‐2億9900万年前)に生息していた動物と植物を紹介します。

Added to your cart.