あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

感覚器官

感覚器官

これらの器官は環境、あるいは体内からのシグナルを感知し、神経インパルスとして脳に伝達します。

生物

キーワード

感覚器官, 感覚器, 知覚, ビジョン, 聴覚, 臭い, 味覚, 光覚, 皮膚感覚, 耳, 振り子, 聴覚系, 光検出器, 鼻, 嗅覚器官, 舌, 皮膚, ízlelőszerv, 匂い, 聞こえます, íz, 目, 光, 酸っぱいです, 甘いです, 塩, 苦いです, 暖かいです, 痛み, 冷たいです, 圧力, 振動, エコー, 触れる, 瞳孔, 撮影, 視神経, コーン細胞, ロッド細胞, カタツムリ, 蝸牛神経, 警戒心, 嗅神経, ízérző központ, 聴覚皮質, 嗅球, 視覚野, 大脳皮質, 刺激, 受容体, 知覚神経, 視床, 食品, nyál, 神経系, 中枢神経系, 生物, 人間

関連のエクストラ

シーン

感覚器官

  • 皮膚

人間の感覚器官は、耳、鼻、舌と皮膚です。これらの器官は視覚聴覚嗅覚味覚触覚を含む五つの感覚で外部の世界からの刺激を感知します。皮膚痛み圧力も感知する役割があります。

  • 瞳孔 - 目の隙間であり、虹彩はシャッターとして動き、網膜に入る光の量を調節します。強い光で、虹彩の平滑筋は収縮し、弱い光で拡張します。対光反射は無条件反射であり、中心は脳幹にあります。対光反射が異常なとき、脳幹が負傷している可能性もあります。
  • 視覚中枢 - 光心は後頭葉の皮質にあります。
  • 視神経 - 第2脳神経とも呼ばれています。この神経は網膜の受容体に発生した刺激を脳に伝えます。
  • 視交叉 - ここに視神経は部分的に交差します。各網膜の内側からの刺激は脳の反対側に交差します。外側からの刺激は脳の同じ側に伝えられます。
  • 外眼筋 - 外眼筋は眼球を動かす横紋筋です。
  • 涙腺 - それは目を湿らして、清潔にする涙を作ります。感情においても重要な役割を果たしています。
  • 視覚のメカニズム

目に入る光の量対光反射によって調節されます。強い光で当たると、瞳孔は虹彩の平滑筋で収縮られ、弱い光拡張させられます。対光反射は無条件反射であり、その中心は脳幹に位置しています。対光反射の異常は脳幹に障害を示す場合もあります。

眼球は外眼筋で動きます。外眼筋は自発的コントロールされる横紋筋です。

目の主な質量は硝子体腔に占められています。目の断面図を見ると、三つの層があります。最外部は強膜で、透明な角膜の延長上にある結合組織であり、とても耐久性のある層です。目に入る光は強膜の表面で一番大きい角度で屈折させます。
2番目の層である脈絡膜は目に供給する血管も流れています。脈絡膜の延長上は目の前方にある毛様体虹彩です。虹彩の平滑筋は対光反射の役割があります。虹彩は人間の目のを特定する色素を含んでいます。

毛様体平滑筋は物体の距離に応じてレンズ曲面を変化させることで調節しています。レンズは毛様体小帯を通じて毛様体に繋がれています。毛様体は前房を満たす房水を生成する役割もあります。房水の排出は不十分の場合、目の内圧高くなり、緑内障を引き起こします。深刻な状態になった場合、失明する可能性もあります。
目の一番の内側は網膜です。ここではレンズによって見ている物の縮小型倒立像が作られます。網膜の受容器官は桿体細胞錐体細胞と呼ばれています。網膜の視力のために重要な場所は黄斑です。黄斑の中心に錐体細胞のみが存在しており、端のほうにいくほど桿体細胞の数が増えています。視神経が網膜に通る場所を盲点と呼ばれています。ここには受容器官はありません。網膜にある受容器官に出された刺激は視神経の神経線維を通じて脳に伝達されます。

  • 外耳 - 音波を外耳道へと導きます。主に線維軟骨から構成されています。
  • 外耳道 - 音波を鼓膜へと導きます。外耳道を覆っている皮膚は耳垢を作ります。耳垢は損傷や感染から耳を守ります。過剰な耳垢は音の通路である外耳道を妨げ、一時的な難聴を引き起こします。
  • 中耳 - 鼓室と小骨から成っている。また中耳は耳管で鼻腔と繋がっている。
  • 内耳 - 平行感覚と聴覚において重要な役割がある。
  • うずまき菅神経 - 第VIII脳神経であり、内耳のうずまき菅から脳へと信号を伝えます。この神経は平衡に関する情報も伝えるので、前庭うずまき菅神経とも呼ばれています。
  • 聴覚路 - 脳にある聴神経の続きです。この軸索は、視床を通じて聴覚皮質へと刺激を伝達します。
  • 聴覚中枢 - 脳の皮質領域であり、側頭葉に位置しています。音処理し、異なる音の高さによって、音の高さに敏感な領域が活性化されます。
  • 耳管 - 中耳(鼓室)と鼻腔をつないでいます。内耳と外界の圧力を等しくしています。飲み込む時にたいてい開き、恒久的に閉じた時には内耳の空気圧は低下して耳が塞がれた感じを与えます。外界の空気圧が変化した時、ポンとした音が聞こえます。エウスタキー管が開き鼓室に空気が流れる(もしも外界の大気圧がより高い時)か、鼓室から空気が出ます(もしも外界の大気圧がより低い時)。
  • 聴覚の過程
  • 平衡の感覚

は我々の耳に感知可能な空気の振動です。健康な耳では20〜20,000Hzの周波数の音波を感知できます。この範囲は老化騒音により、狭くなります。

音波は内耳信号を作り、うずまき菅神経と聴覚路によって聴覚皮質に伝達されます。音の感覚は聴覚皮質で作られます。

音波は外耳によって直接外耳道に伝達されます。音波は外耳道を閉じている鼓膜を振動させます。
鼓膜の振動小骨である槌骨砧骨鐙骨によってうずまき菅に伝わります。

鐙骨の根元はうずまき菅の卵円窓に結合しています。基底膜はうずまき菅の内側にあります。基底膜はうずまき菅の先端まで向かい、そして戻ってきて、ライスナー膜へと続きます。膜はうずまき菅を縦方向に3つの区分にわかれます。鼓室階、中央階、前庭階です。

うずまき菅には鐙骨によって振動する液体で満たされています。高い周波数の音は高い周波数の振動を液体に作り、基底膜の初めの部分に吸収されます。低い音によって作られた低い周波数の振動はうずまき菅に入り、基底膜の先端の部分に吸収されます。振動が吸収されると、電気信号が発生し、脳へと伝達されます。音の高さは吸収した場所によります。これは周波数局在と呼ばれています。

電気信号はコルチ器官で作られます。
うずまき菅内に伝わった振動は蓋膜をコルチ器官にある有毛細胞に対して押して、有毛細胞が曲がります。そして細胞で信号が作られます。こうして、コルチ器官は振動を電気信号に変換し、うずまき菅神経によって脳へと伝達され、聴覚路によって聴覚皮質へと伝達されます。最終的に大脳皮質で音の感覚が作られます。

  • 嗅球 - 入ってくる繊維は嗅神経を構成し、受容体で発生した刺激を伝達します。出ていく繊維は嗅索を構成し、刺激を脳へ伝達します。
  • 篩板 - 篩骨の細く、穴がある部分です。これを通じて嗅神経は頭蓋骨に入り、嗅球に達します。
  • 鼻骨
  • 口蓋
  • 耳管口 - 鼻腔と中耳を繋げます。中耳内の空気圧と大気圧を等しくする役割があります。
  • 嗅覚

空気中の多くの粒子が鼻にある嗅覚受容体を刺激し、大脳皮質で嗅覚が発生します。嗅覚は安全な食べ物を選択するため、重要な役割を果たしています。その上、他の動物の特徴的な臭いを認識することによって、社会的関係においても大切です。人間と他の霊長類の嗅覚は他の哺乳類に比べて弱いですが、人間も数千個の臭いを区別することができます。

鼻の突き出ている部分は鼻骨とそれと繋がっている軟骨によって支えられています。鼻腔口腔口蓋によって分けられています。鼻腔と中耳耳管で繋げられています。耳管は中耳内の空気圧と大気圧を等しくする役割があります。鼻腔の上には篩骨の細くなって、穴がある部分である篩骨篩板があります。嗅神経(第一脳神経)は鼻上皮を通って嗅球で終わります。

  • - 食物塊の形成、嚥下、発話と味覚の発生に関して重要な働きがあります。表面には味覚受容体を含む乳頭があります。(味蕾は口蓋と咽頭にもあります。)
  • 味覚中枢 - 味覚受容体で発する刺激は視床で交換されるため、脳のそう野まで到達します。
  • 味覚のメカニズム
  • 知覚神経 - インパルスを舌から脳へ伝達します。
  • 舌乳頭 - 舌の表面にある小さな突起です。これらの上には味覚芽があります。味覚芽には味覚に必要な受容体が含まれています。

味覚は適切な食べ物の選択と危険で毒性な食べ物の回避に関して重要な働きがあります。の上にある味覚受容体は様々な化学物質に敏感であることで、異なる味覚を生み出します。
味覚受容体で発する刺激は第7、第9と第10脳神経を通じて脳に伝わり、視床に交換された後、大脳皮質味覚野に伝達されます。味覚は大脳皮質で発生します。

皮膚

  • 表皮 - 二つの主要層から構成されている:上のケラチン層と下の生きている表皮。生きている表皮の下部は幹細胞で構成されて、新しい細胞を作り出す。新しい細胞は古いのを上の方へ押して、平らになります。プログラムされた細胞死が行い、ケラチン層が形成されます。機能は防衛で、厚さは体上の位置によっています。表皮は血管を含んでいなくて、栄養物質は血管で真皮に運搬され、拡散で表皮に伝われます。痛みを感じるための自由神経終末以外に、神経終末も含まれていない。
  • 真皮 - 疎性結合組織から構成されています。受容体と血管を含んでいる。血管は間接的に拡散で栄養を与えます。表皮と真皮の間の広くて、凸凹した層があり、それは強い結合を保護し、表皮に栄養を伝わる。
  • 皮下組織 - 主に脂肪から構成されている。脂肪は力学的な防衛、保温、栄養と脂溶性ビタミン(A, D, E, K)の貯蔵で重要な役割を果たしています。
  • 受容体 - 様々なタイプがある:熱、冷気、痛み、圧力、振動を感じる種類があります。
  • 神経 - 皮膚は神経終末を豊富に含んでいて、触覚、温度覚、痛覚において重要な役割を果たしている。
  • 皮膚感覚

人体の外面を覆う皮膚は我々の最も大きな器官であり、体重15‐20%ほど占めています。

皮膚は複数の層で構成され、その中で寒さ機械的な刺激を感知する受容体も含まれています。体の中の受容体の分布は一様ではありません。指先で表面の細かい模様も感じられるため、指先には多くの受容体があります。しかし、足の裏に圧力を感知する受容体が多いです。

皮膚の受容体によって形成されるインパルスは感覚神経によって脳幹、あるいは脊髄に伝達されます。情報が大脳の感覚皮質において処理されます。

アニメーション

ナレーション

人間の感覚器官は、耳、鼻、舌と皮膚です。これらの器官は視覚聴覚嗅覚味覚触覚を含む五つの感覚で外部の世界からの刺激を感知します。皮膚痛み圧力も感知する役割があります。

眼球は骨の腔に入っています。、涙腺と結膜によって保護されています。目に入る光は複数の透明な層を通り、目の最内部の層である網膜に到達します。目に入るの影響により、網膜の受容体でインパルスが形成され、視神経を通じて大脳皮質に伝達されます。

外耳、中耳と内耳もを聞こえるには重要な役割があります。耳介が音の方向の指定と伝達において重要です。音は外耳道を通じて中耳に到達し、中耳の耳小骨を振動させます。音の振動が内耳に伝われ、蝸牛の基底膜にある受容体に電気インパルスを発生します。これらのインパルスが蝸牛神経の線維を通じて聴覚皮質に伝達されます。平衡感覚は内耳の役割です。内耳に位置する半規管の受容体はの位置とその動きを感知します。

匂いを探知するとき、空気の粒子鼻腔に入り、鼻上皮の受容体を刺激します。異なる匂いを別々の受容体が受け取ります。受容体に発生するインパルス嗅球に到達し、嗅索の線維により大脳皮質に伝達されます。

の表面と口腔の粘膜にある味覚受容体は食べ物の味を感知し、インパルスに変換します。舌の表面に唾液に満たされた溝で囲まれた乳頭があります。この唾液に溶解されたは味覚受容体に拡散します。受容体に発生するインパルスは第7、第9と第10脳神経を通じて大脳皮質味覚野に伝達されます。

人体の外面を覆う皮膚は我々の最も大きな器官であり、体重15‐20%ほど占めています。皮膚は複数の層で構成され、その中で寒さ機械的な刺激を感知する受容体も含まれています。体の中の受容体の分布は一様ではありません。指先で表面の細かい模様も感じられるため、指先には多くの受容体があります。しかし、足の裏に圧力を感知する受容体が多いです。皮膚の受容体によって形成されるインパルスは感覚神経によって脳幹、あるいは脊髄に伝達されます。情報が大脳の感覚皮質において処理されます。

関連のエクストラ

人の目

目は重要な感覚器官の一つです。光により、目の受容体によって電気的刺激が発生します。

皮膚の構造、皮膚感覚

我々の体が覆われている皮膚が三つの層に分けられます:表皮、真皮、皮下があります。

味覚のメカニズム

味覚受容体は化学的な刺激を電気信号に変換します。

耳と聴覚のメカニズム

耳は空気の振動を脳によって処理される電気信号に変換します。

鼻と嗅覚のメカニズム

臭いによって刺激された臭覚受容器は電気信号を発生します。

平衡感覚

頭の位置と動きは内耳によって感覚されます。

人体 (男)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

人間の脳

人間の脳の主要部分は脳幹、小脳、間脳、大脳で構成されています。

出生前の発達

このアニメーションは人間の胚と胎児の発育を説明します。

人体(女)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

人の体 - 子供向け

このアニメーションは人体の主な臓器を紹介します。

Added to your cart.