あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

ベンゼン分子における共有結合

ベンゼン分子における共有結合

ベンゼンの炭素原子の間には、シグマ結合と非局在化されたパイ結合があります。

化学

キーワード

ベンゼン, ベンゼン分子, 芳香族炭化水素, アレーン, 単結合, 多重結合, 非局在化結合, 債券, 電子の軌道, シグマ結合, π結合, 共有結合, 芳香環, ケークレ, コールタール, 分子, 炭化水素, 化学, 有機化学

関連のエクストラ

窒素分子の構造

アニメーションは一つのシグマ結合と二つのパイ結合で結ばれた窒素分子の構造を紹介します。

素粒子

物質はクォークとレプトンからできており、相互作用はボース粒子を通じて起きます。

ピリミジン (C₄H₄N₂)

チミン、シトシン、ウラシルは窒素を含む複素環有機化合物であるピリミジンの誘導体です。

ピリジン (C₅H₅N)

窒素を含む複素環有機化合物であるピリジンは無色で、臭いが不快で、毒性の液体です。

Added to your cart.