あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 戦争機関

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 戦争機関

レオナルドは様々な大砲を設計しました。

視覚芸術

関連のエクストラ

シーン

迫撃砲

  • 銃身の口
  • 銃身
  • 調整アーチ
  • 旋回軸
  • クランク
  • 固定軸
  • 皮のカバー
  • 金属球
  • ペデスタル
  • 架台
  • 発射物

迫撃砲 (1504年ごろ)

迫撃砲はレオナルドに発明されなくて、何百年前も軍事目的で使われていました。

レオナルドの迫撃砲のイノベーションは発射物として皮の袋に爆弾の金属片と金属球が使われました。この皮の袋が爆発しているとき、内容は最も大きな領域に飛ばされます。このように敵の軍隊に大きな被害を起こせました。

オルガン砲

  • 運転のTバー
  • 中心の回転装置
  • 車輪
  • 銃身
  • 溝へのドア

オルガン砲 (1482年ごろ)

レオナルドの軍事機器のスケッチの中には、複数のオルガン砲の設計図も含まれています。この中の一つは扇の形をしているオルガン砲でした。原本の計画によると、この機関の数本の銃身から同時に、そして別々に発射することもできました

カノン砲

  • 銃身
  • 発射物
  • 水平な調整板
  • 飼い葉桶
  • 垂直の調整枠

カノン砲 (1482年ごろ)

レオナルドの複数の発明は火砲に集中していました。一番重要なスケッチの一つは後方から発射物を入れるカノンでした。レオナルドのイノベーションはカノン砲より簡単に移動と調整可能な台車でした。

関連のエクストラ

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 攻城兵器

レオナルドは美術家のみではなく、工兵としても有名になりました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 戦車

レオナルドに設計された戦車は最も重要な軍事的要求に答えるように安全で、移動しやすくて、火力が大きかったです。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - オーニソプター (1488年-1489年)

異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - ヘリコプター (1489年ごろ)

博学者はスクリュー形の構造が速く回転させると飛び上がると思っていました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 羽ばたき機 (1487年-1489年)

レオナルドは鳥の羽のような機械を設計しました。ただし、この設計図の仮説が間違っていました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 旋回橋 (1487年-1489年)

レオナルドの設計図の中で、橋の図も含まれています。この特徴的な旋回橋は水上交通を手伝うように作られました。

火砲の動作 (18世紀)

近代前期ごろ、火砲は火器に大切な種類でした。陸上と海にも使われていました。

艦砲 (17世紀)

艦砲は海戦上で使われたものです。

火の車輪

エゲルの要塞の防衛者に発明された武器です。火薬と油で満たされた水車はオスマン帝国の軍隊に対して効果的な武器でした。

Added to your cart.