あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ハンムラビ法典

ハンムラビ法典

メソポタミア文明の象徴であるハンムラビ法典は282個の法律が刻まれた玄武岩石柱です。

視覚芸術

キーワード

ハンムラビ, 法のコード, 石碑, メソポタミア, バビロン, アッカド語, 楔形文字スクリプト, バビロニア帝国, 法学, 右, 考古学, 決定, キング, 宗教, 帝国, 君主, 古代近東, 状態, スーサ, ルーヴル美術館, 古代, Text memorial, 玄武岩, レリーフ, 神, 歴史, 社会, 書き込み

関連のエクストラ

質問

  • ハンムラビはどの都市国家の王でしたか。
  • 石柱は何から形成されていますか。
  • ハンムラビはいつ統治しましたか。
  • ハンムラビ法典はどの文字で書かれていましたか。
  • ハンムラビ法典はどの何語で書かれていましたか。
  • アッカードの楔形文字はどの方向で読みますか。
  • 現在、ハンムラビ法典はどこにありますか。
  • 現在、ハンムラビ法典はどの博物館で所蔵されていますか。
  • ハンムラビ法典は何個の条から構成されていますか。
  • 石柱の上部にあるレリーフで、ハンムラビはどの人物ですか。
  • 石柱の上部にあるレリーフで、ハンムラビはどの人物ですか。
  • 石柱のレリーフでは、ハンムラビ以外誰が見えますか。
  • シャマシュは何の神でしたか。
  • ハンムラビ法典の高さはどのくらいですか。
  • ハンムラビ法典は焼成粘土板で数回コピーされたというのは本当ですか。
  • 以下の中で、誰がハンムラビより前に統治しましたか。
  • ハンムラビ法典にはどの法律が含まれていますか。
  • ハンムラビ法典はいつ発見されましたか。
  • ハンムラビ法典はどの古代都市で行った考古発掘で発見されましたか。
  • ハンムラビ法典では加害者が属する社会階級に刑罰の厳しさはよらなかったというのは本当ですか。
  • ハンムラビ法典はいつ作られましたか。
  • シャマシュの前に立っているハンムラビは何をしていますか。
  • シャマシュの手には何がありますか。
  • シャマシュが手に持っている棒は何のシンボルですか。
  • シャマシュは何の上に座っていますか。
  • 以下の中で、ハンムラビ法典に何が含まれていませんか。
  • ハンムラビ法典は世界最古の法典であるというのは本当ですか。
  • 以下の中で、ハンムラビ法典に何が含まれていませんか。
  • シュメールの楔形文字の祖先はどの文字でしたか。
  • アッカード語はどの語族に属していますか。

シーン

石柱

  • 石柱 - 象徴と文字が彫刻され、刻まれた石柱です。ハンムラビ法典は玄武岩でできていました。
  • レリーフ - 石柱の上部にあるレリーフでは王座に座っているシャマシュとその前に立っているハンムラビが見えます。
  • 法典 - 法典には282個の法律がアッカード語で、楔形文字で記されています。

石柱

ハンムラビ法典が刻まれた石柱は1901年、古代都市スーサで行われたフランスの考古学の発掘の際、発見されました。古代都市スーサは現在のイランの領土に位置します。石柱は略奪品としてスーサにもたされたと考えられています。現在はパリのルーブル美術館で展示されています。

玄武岩からできた石柱の高さは2.25メートルあり、上部はレリーフが見え、下部ではハンムラビの法典が刻まれてあります。
これは世界最古の法典の一つであり、刻まれた時におそらく焼成粘土板等で複数のコピーも作られました。
アッカード語で、楔形文字で記されています。テキストは3部構成となっています。前書きはハンムラビとバビロンの守護神であるマルドゥクをたたえています。
バビロンの人は法律にしか作られないと信じていたそうです。王は民族の統治に必要な知恵のため神に祈りました。次の章には各チャプターでまとめられた、282個の法律が記されています。後書きには複数の恩恵と呪いが書いてあります。

記録されている法律にはメソポタミアの法律種族法も含まれています。種族法を示す一つの法はタリオ法ともいう「目には目を、歯には歯を」という法律です。

加害者と被害者はどの社会階級に属するかということによって刑罰に差があります。日常生活の各場面に関して法律がありました。法典には刑法行政法家族法事業法も含まれています。ハンムラビ法典の複数の条は現在の法律制度にもあります。

法典の表現は明確で、かつ誰でも理解できるようにシンプルでした。 教訓形式で書かれてある法典はギルガメッシュ叙事詩と共に古代メソポタミアのもっとも重要な作品です。

レリーフ

  • ハンムラビ - 都市国家バビロンの王であり、バビロニア帝国の創設者です。紀元前1792年から1750年まで統治したと思われています。
  • シャマシュ - 古代の中近東で太陽の神でした。バビロニアとアッシリアでは正義の神として崇拝されました。碑文によると、シャマシュはハンムラビに法律をあげました。
  • 描写 - 手足と頭は横向きで、体の上半部は前向きのような特徴的な姿勢で描かれてあります。

レリーフ

バビロンハンムラビ紀元前1792年から1750年まで統治しました。
古代都市国家であるバビロンはメソポタミアで、ユーフラテス川の沿岸に位置しました。長年君臨していた間、神殿、用水路と城壁といった建築と多くの成功した軍事征服が行いました。多くの征服によって巨大な帝国建設を可能としました。
シャマシュはシュメール人の太陽神であるウトゥの写しでした。バビロニアとアッシリアでは、シャマシュは正義の神であり、神や人間の審判者として知られています。
シャマシュはギルガメッシュ叙事詩にも登場します。神話と芸術作品ではライオンとして連想されています。シャマシュ崇拝の中心は古代都市シッパルラルサでした。

石柱の上部に刻まれたレリーフでは王座に座っているシャマシュとその前に立っているハンムラビが見えます。シャマシュの手には指輪をがあり、これらは支配者の権力を示す物です。神は座っているままでもバビロン王より大きく描かれており、それで王と神の間での権力関係を強調されています。
バビロニア人は法律は神しか作られないと考えられていましたので、ハンムラビ知恵正義のためにシャマシュ祈りを捧げいました。

像として

  • 特徴的なひげ - 長くて特徴的な髭は権力の象徴です。歴史的資料によると、アッカードの男は髭にオイルをぬって、カールを作りました。
  • 指輪 - 指輪は権力の象徴であり、国家の創設と法律のシンボルです。
  • - 棒は権力の象徴であり、国家の創設と法律のシンボルです。
  • 王冠 - シャマシュの王冠は角4対からできています。
  • 火炎 - 太陽の神の肩に炎が見えます。炎は彼の権力と創造の力を象徴します。
  • 王座 - シャマシュの姿勢は王と神に権力関係を示す。神はバビロン王とほとんど同じ大きさに描かれているので、王の権力も大きかったと示されています。ハンムラビの手振りとシャマシュの前に立っていることもこれを証明します。
  • 台座 - シャマシュの足は階段が三つある台座にあります。この台座はシャマシュとハンムラビは山で会ったとシンボルする可能性もあります。

レリーフ

バビロンハンムラビ紀元前1792年から1750年まで統治しました。
古代都市国家であるバビロンはメソポタミアで、ユーフラテス川の沿岸に位置しました。長年君臨していた間、神殿、用水路と城壁といった建築と多くの成功した軍事征服が行いました。多くの征服によって巨大な帝国建設を可能としました。
シャマシュはシュメール人の太陽神であるウトゥの写しでした。バビロニアとアッシリアでは、シャマシュは正義の神であり、神や人間の審判者として知られています。
シャマシュはギルガメッシュ叙事詩にも登場します。神話と芸術作品ではライオンとして連想されています。シャマシュ崇拝の中心は古代都市シッパルラルサでした。

石柱の上部に刻まれたレリーフでは王座に座っているシャマシュとその前に立っているハンムラビが見えます。シャマシュの手には指輪をがあり、これらは支配者の権力を示す物です。神は座っているままでもバビロン王より大きく描かれており、それで王と神の間での権力関係を強調されています。
バビロニア人は法律は神しか作られないと考えられていましたので、ハンムラビ知恵正義のためにシャマシュ祈りを捧げいました。

アニメーション

ハンムラビ法典が刻まれている石柱は高さが2.25m玄武岩の厚板です。1901年に、現在のイランに位置した古代都市スーサにおけるフランスの考古学的発掘で発見されました。現在はフランスの首都、パリにあるルーブル美術館で展示されています。

石柱の上部には、王座で座っているシャマシュの前に立っているハンムラビレリーフが見られます。このレリーフの下に、歴史で最も古い法典であるハンムラビ法典が楔形文字で記されています。法典のプロローグはハンムラビと神であるマルドゥックを称え、その下で282個に分離された法律が記されています。法典の終わりには恵み呪いが記されています。

ナレーション

ハンムラビ法典が刻まれている石柱は高さが2.25m玄武岩の厚板です。1901年に、現在のイランに位置した古代都市スーサにおけるフランスの考古学的発掘で発見されました。現在はフランスの首都、パリにあるルーブル美術館で展示されています。

石柱の上部には、王座で座っているシャマシュの前に立っているハンムラビレリーフが見られます。このレリーフの下に、歴史で最も古い法典であるハンムラビ法典が楔形文字で記されています。法典のプロローグはハンムラビと神であるマルドゥックを称え、その下で282個に分離された法律が記されています。法典の終わりには恵み呪いが記されています。

関連のエクストラ

古代ギリシャの柱の種類

ドリス様式、イオニア様式、コリント様式の柱は大きさと装飾によって区別されます。

古代ギリシャの陶芸

古代ギリシャの陶芸の名作は現在、重要な考古学的な人工産物になっています。

パンテオン (ローマ、2世紀)

すべての神の神殿と呼ばれるパンテオンはローマ皇帝ハドリアヌスの統治下の元で再建されました。

アトレウスの宝庫 (ミケーネ、紀元前14世紀)

古代のミケーネに建築された円状の墓は伝説の王様に結ばれています。

プーラ円形闘技場 (プーラ、1世紀)

現在のクロアチアに位置するプーラ円形闘技場は古代ローマの最も大きな円形演技場の一つでした。

古代エジプトの衣服

古代エジプトの住民は特有な服を着て、宝石を身に着けました。

パンテオン

パンテオンは、最も重要かつ最も保存状態の古代ローマの寺院の一つです。

ケラ・トリコラ (ペーチ、ハンガリー)

ペーチにある初期キリスト教墓地の考古学的な重要さが認められています。

Added to your cart.