あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

どのようにして動く?ー変速装置

どのようにして動く?ー変速装置

変速機システムにおいて、エンジントルクは回転速度を低減や加速させることによって加減します。

技術

キーワード

ギアレバー, 車, ギアボックス, ギアスティック, クラッチ, 速度, 回転速度, 歯車, シンクロリ​​ング, 軸, バックギア, 自動車製造, 自動車, 内燃機関, 物理, 技術, 運送

関連のエクストラ

シーン

自動車の中での位置

  • 変速機 - エンジンと駆動軸の間の変速機を設定します。クランクシャフトの一回の間、被駆動車輪の回転数を変更します。低いギヤの場合は、エンジンの出力が高いですが、速度が低いです。高いギヤの場合は、自動車の速度が速く、使われている燃料が低いです。加速が遅いです。
  • エンジン

自動車は一定の出力があるエンジンによって駆動されます。エンジン出力をもとにする回転力が自動車を動かすには少ない場合、増加する必要があります。ギヤの回転が少なければ少ないほど、回転力が大きいです。
変速機システムの中で、エンジンの回転力が回転数の減少または増加により変化されます。回転の数はギヤの選択で変更できます:より小さいギヤを大きなのを動かすと、駆動された車輪での回転の数が大きくなり、回転力が増加されます。

構造

  • 変速機のレバー - 運転手はこの装置にギヤの変化を行います。
  • クラッチペダル - 押すと、クラッチと変速機の間の接続が中断されます。
  • クラッチ - エンジンと変速機の間にあります。エンジンの出力を変速機に伝達します。変速の時、エンジンと変速機の間の接続を中断します。
  • クラッチ液溜め - エンジンの出力は液体の運動エネルギーにより伝達します。
  • 駆動軸 - 変速機に入るシャフトです。
  • スプライン軸 - 変速機から出るシャフトです。
  • 副軸 - 変速に必要なシャフトです。
  • ギヤ - 正しい速度伝達比を設定する役割があります。
  • 変速リンケージ - スリーブを動かします。

エンジンがギヤを駆動されるように、必要な場合外せる接続を作らないといけません。これはクラッチの役割です。理想的な回転数が適切なギアの度合いの選択により設定できます。

クラッチの 操作

  • クラッチ - エンジンと変速機の間にあります。エンジンの出力を変速機に伝達します。変速の時、エンジンと変速機の間の接続を中断します。
  • クラッチペダル - 押すと、クラッチと変速機の間の接続が中断されます。

クラッチペダルが解放される場合は、エンジンは入力軸とそれと繋がっている車輪を駆動します。クラッチペダルを踏むと、エンジンは変速装置と車輪を駆動しないで動きます。この時はギヤを変更することが可能です。

シンクロナイザーリングの 操作

  • スリーブ管 - シャフトで動かせます。変速の時、ギヤの繋ぎに役立ちます。
  • シンクロナイザーリング - ギヤのペアの異なる回転速度を等しくし、繋ぎます。
  • 駆動軸 - 変速機に入るシャフトです。

研削と傷をつけない変速のため、ギヤをシンクロする必要があります。シンクロとは、繋がっている歯車は同じ速度で動くことです。これを可能になるためシンクロナイザーリングが使われています。くっつく表面と傾斜した端で、リングがギヤのペアの回転速度を等しくし、かみ合うようにします。このように、ギヤの変化がスムーズで、静かに行われます。

変速機の 操作

  • 変速機のレバー - 運転手はこの装置にギヤの変化を行います。
  • 駆動軸 - 変速機に入るシャフトです。
  • スプライン軸 - 変速機から出るシャフトです。
  • 副軸 - 変速に必要なシャフトです。
  • 歯車 - 正しい速度伝達比を設定する役割があります。
  • セレクターフォーク - 変速リンケージに固定され、変速に役立ちます。
  • スリーブ管 - シャフトで動かせます。変速の時、ギヤの繋ぎに役立ちます。
  • 変速リンケージ - スリーブを動かします。
  • 第1ギヤ
  • 第2ギヤ
  • 第3ギヤ
  • 第4ギヤ

シンクロされた変速装置には、各ギヤは常に噛み合っています。副軸にあるギヤが固定され、スプライン軸にあるギヤが自分の軸受回転します。ギヤ変更の時、あるギヤをスプライン軸に固定しますので、駆動はそのギヤのペアで行われます。

自動車を動かすには、ギヤを第1段にします。リンク機構はそれと繋がっているスリーブとともに、最初のギヤスプラインシャフトで固定します。駆動は入力軸から副軸の小さなギヤを通じてスプラインシャフトの大きなギヤに伝達されます。最初の動き出しのために、より大きな回転力が必要なので、最初のギヤは最も大きなギヤがあり、所謂最も小さなギヤが一番大きなのを動かします。

自動車は一定の速度に加速した時、動きにはより少ない回転力も足ります。その次のギヤの度合いは次第に小さくなり、駆動するギヤと駆動されるギヤの大きさが徐々に同等になります。第2段では、スリーブが二番目のギヤをスプラインシャフトに固定し、駆動はこれを通じて行われます。

第3段では、スリーブが三番目のギヤをシャフトに固定します。駆動は副軸にある三番目のギヤとスプラインシャフトにある三番目のギヤを通ります。速度上がりトルク減少します。

第4段で、速度がさらに上がり、回転力が減少します。この場合は、駆動は直接に入力と出力のシャフトを通ります。変速機にはギヤがありません。エンジンのクランクシャフトの回転数は出力軸のと等しいです。これは直接駆動と呼ばれています。

バックギヤ

バックギアの場合は、副軸とスプラインシャフトの最後のギヤの間に追加のギヤが入ります。出力軸の回転方向を変えて、自動車を後退するようにします。

より低い段を使って、自動車の速度が遅いですが、より強いです。高い段では、自動車の速度が速く、より少ない燃料を使い、加速が遅いです。

アニメーション

自動車は一定の出力があるエンジンによって駆動されます。エンジン出力をもとにする回転力が自動車を動かすには少ない場合、増加する必要があります。ギヤの回転が少なければ少ないほど、回転力が大きいです。
変速機システムの中で、エンジンの回転力が回転数の減少または増加により変化されます。回転の数はギヤの選択で変更できます:より小さいギヤを大きなのを動かすと、駆動された車輪での回転の数が大きくなり、回転力が増加されます。

エンジンがギヤを駆動されるように、必要な場合外せる接続を作らないといけません。これはクラッチの役割です。理想的な回転数が適切なギアの度合いの選択により設定できます。

クラッチペダルが解放される場合は、エンジンは入力軸とそれと繋がっている車輪を駆動します。クラッチペダルを踏むと、エンジンは変速装置と車輪を駆動しないで動きます。この時はギヤを変更することが可能です。

研削と傷をつけない変速のため、ギヤをシンクロする必要があります。シンクロとは、繋がっている歯車は同じ速度で動くことです。これを可能になるためシンクロナイザーリングが使われています。くっつく表面と傾斜した端で、リングがギヤのペアの回転速度を等しくし、かみ合うようにします。このように、ギヤの変化がスムーズで、静かに行われます。

シンクロされた変速装置には、各ギヤは常に噛み合っています。副軸にあるギヤが固定され、スプライン軸にあるギヤが自分の軸受回転します。ギヤ変更の時、あるギヤをスプライン軸に固定しますので、駆動はそのギヤのペアで行われます。

自動車を動かすには、ギヤを第1段にします。リンク機構はそれと繋がっているスリーブとともに、最初のギヤスプラインシャフトで固定します。駆動は入力軸から副軸の小さなギヤを通じてスプラインシャフトの大きなギヤに伝達されます。最初の動き出しのために、より大きな回転力が必要なので、最初のギヤは最も大きなギヤがあり、所謂最も小さなギヤが一番大きなのを動かします。

自動車は一定の速度に加速した時、動きにはより少ない回転力も足ります。その次のギヤの度合いは次第に小さくなり、駆動するギヤと駆動されるギヤの大きさが徐々に同等になります。第2段では、スリーブが二番目のギヤをスプラインシャフトに固定し、駆動はこれを通じて行われます。

第3段では、スリーブが三番目のギヤをシャフトに固定します。駆動は副軸にある三番目のギヤとスプラインシャフトにある三番目のギヤを通ります。速度上がりトルク減少します。

第4段で、速度がさらに上がり、回転力が減少します。この場合は、駆動は直接に入力と出力のシャフトを通ります。変速機にはギヤがありません。エンジンのクランクシャフトの回転数は出力軸のと等しいです。これは直接駆動と呼ばれています。

バックギアの場合は、副軸とスプラインシャフトの最後の歯車の間に追加のギヤが入ります。出力軸の回転方向を変えて、自動車を後退するようにします。

より低い段を使って、自動車の速度が遅いですが、より強いです。高い段では、自動車の速度が速く、より少ない燃料を使い、加速が遅いです。

ナレーション

自動車は一定の出力があるエンジンによって駆動されます。エンジン出力をもとにする回転力が自動車を動かすには少ない場合、増加する必要があります。ギヤの回転が少なければ少ないほど、回転力が大きいです。
変速機システムの中で、エンジンの回転力が回転数の減少または増加により変化されます。回転の数はギヤの選択で変更できます:より小さいギヤを大きなのを動かすと、駆動された車輪での回転の数が大きくなり、回転力が増加されます。

エンジンがギヤを駆動されるように、必要な場合外せる接続を作らないといけません。これはクラッチの役割です。理想的な回転数が適切なギアの度合いの選択により設定できます。

クラッチペダルが解放される場合は、エンジンは入力軸とそれと繋がっている車輪を駆動します。クラッチペダルを踏むと、エンジンは変速装置と車輪を駆動しないで動きます。この時はギヤを変更することが可能です。

研削と傷をつけない変速のため、ギヤをシンクロする必要があります。シンクロとは、繋がっている歯車は同じ速度で動くことです。これを可能になるためシンクロナイザーリングが使われています。くっつく表面と傾斜した端で、リングがギヤのペアの回転速度を等しくし、かみ合うようにします。このように、ギヤの変化がスムーズで、静かに行われます。

シンクロされた変速装置には、各ギヤは常に噛み合っています。副軸にあるギヤが固定され、スプライン軸にあるギヤが自分の軸受回転します。ギヤ変更の時、あるギヤをスプライン軸に固定しますので、駆動はそのギヤのペアで行われます。

自動車を動かすには、ギヤを第1段にします。リンク機構はそれと繋がっているスリーブとともに、最初のギヤスプラインシャフトで固定します。駆動は入力軸から副軸の小さなギヤを通じてスプラインシャフトの大きなギヤに伝達されます。最初の動き出しのために、より大きな回転力が必要なので、最初のギヤは最も大きなギヤがあり、所謂最も小さなギヤが一番大きなのを動かします。

自動車は一定の速度に加速した時、動きにはより少ない回転力も足ります。その次のギヤの度合いは次第に小さくなり、駆動するギヤと駆動されるギヤの大きさが徐々に同等になります。第2段では、スリーブが二番目のギヤをスプラインシャフトに固定し、駆動はこれを通じて行われます。

第3段では、スリーブが三番目のギヤをシャフトに固定します。駆動は副軸にある三番目のギヤとスプラインシャフトにある三番目のギヤを通ります。速度上がりトルク減少します。

第4段で、速度がさらに上がり、回転力が減少します。この場合は、駆動は直接に入力と出力のシャフトを通ります。変速機にはギヤがありません。エンジンのクランクシャフトの回転数は出力軸のと等しいです。これは直接駆動と呼ばれています。

バックギアの場合は、副軸とスプラインシャフトの最後の歯車の間に追加のギヤが入ります。出力軸の回転方向を変えて、自動車を後退するようにします。

より低い段を使って、自動車の速度が遅いですが、より強いです。高い段では、自動車の速度が速く、より少ない燃料を使い、加速が遅いです。

関連のエクストラ

エスカレーターはどのように動作しますか。

アニメーションはエスカレーターの動作を指示します。

携帯電話はどのように動作しますか。

このアニメーションは携帯電話の構造と動作を紹介します。

電気式スチームアイロンはどのように動作しますか。

このアニメーションは電気式スチームアイロンの構造と動作を紹介します。

電子顕微鏡はどのように動作しますか。

アニメーションは電子顕微鏡の構造と動作を紹介します。

液晶ディスプレー画面はどのように動作しますか。

液晶ディスプレー画面は液晶の光変調を利用して映像を作り出します。

ターボジェットエンジンはどのように動作しますか。

このアニメーションはターボジェットエンジンの動作を紹介します。

天文台

天文台は大気乱流の影響を減らすために、高原や高い場所に建築されました。

データ・ストレージの発達

過去数十年間において、データストレージ・デバイスの記憶容量が異常な速さで発達していました。

Added to your cart.