あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ポリネシアの定住地(サモア、15世紀)

ポリネシアの定住地(サモア、15世紀)

伝統的なサモアの家族の定住地の 建築は住民の独特な文化を反映しています。

視覚芸術

キーワード

ライフスタイル, 決済, 文化, ポリネシア人, 島, 太平洋, 船舶, ポリネシア, サモア, 15世紀, 中世, 建築, 住居, 家族, 熱帯気候

関連のエクストラ

質問

  • サモアはどの海洋に位置していますか。
  • サモアはどの地域に属していますか。
  • サモアは複数の島々からなる国であるというのは本当ですか。
  • サモアにはどの植物は存在していませんか。
  • どの建物の平面図は典型的に円形ですか。
  • サモアの住宅の建築にはどの素材が一般的に使われていませんでしたか。
  • 伝統的なサモアの住宅の構造が大きく異なっていたというのは本当ですか。
  • 土地の入り口に最も近く位置していた建物はどれでしたか。
  • 土地の入り口に最も離れて位置していた建物はどれでしたか。
  • 一般的に、伝統的なサモアの家(fale)の骨組みをつなぐ素材がどのくらい必要でしたか。
  • 一般的に、伝統的なサモアの家(fale)の骨組みをつなぐ素材として何が使われていましたか。
  • どの動物はサモアが原産地ではありませんか。
  • どの建造物は核家族の住宅でしたか。
  • 以下の中で、伝統的なサモアの住宅は何がありませんでしたか。
  • 「家」はサモアの言葉で何と言いますか。

シーン

定住地

上面図

  • fale tele - 民宿であり、伝統的なサモアの家族の土地にある最初の建造物でした。平面図は一般的に円形でした。
  • fale afolau - 長細い家です。家族の住宅として機能していました。
  • fale o'o - 複数の小さい家のことを示しています。家族の人達の住宅、あるいは手芸用の活動を行った場所でした。
  • fale umu - 料理作りに使われた家であり、fale o`oの中の一軒です。この家は一般的に土地の後ろの方に位置していました。
  • ポリネシアのカタマラン

Fale tele

Fale afolau

Fale o'o

Fale umu

道具

  • fau - ファウ(Hibiscus tilliaceus)と呼ばれる植物の内部樹皮から作られた筆でした。「アヴァ」という飲み物を混ぜる、そしてろ過するために使われていました。
  • tanoa - laulauとも呼ばれていました。木製で、円形のボウルであり、儀式に使われた[アヴァ]を作るために使用されました。ボウルのサイズと脚の長さが様々でした。
  • 乳鉢 - カヴァ(学名:Piper methysticum)という植物の木質根をつぶしてできる儀式用のアヴァを作る容器でした。
  • nifo'oti - 最初は木製、その後金属から作られた道具でした。道具の片面にはギザギザのある刃があり、もう片面には鋭い刃がありました。様々な目的に使われた:アシを切る、ココナッツを開ける、クジラの肉を切るにも使用されました。
  • fa'alaufa'i - 最初は木製、その後金属から作られた道具でした。両面に鋭くて、ギザギザのあるバナナの葉に似ている刃でした。武器として使われていました。

アニメーション

  • fale tele - 民宿であり、伝統的なサモアの家族の土地にある最初の建造物でした。平面図は一般的に円形でした。
  • fale afolau - 長細い家です。家族の住宅として機能していました。
  • fale o'o - 複数の小さい家のことを示しています。家族の人達の住宅、あるいは手芸用の活動を行った場所でした。
  • fale umu - 料理作りに使われた家であり、fale o`oの中の一軒です。この家は一般的に土地の後ろの方に位置していました。

ナレーション

サモアは太平洋の南西部に位置するポリネシアにある複数の島々からなる国です。
10世紀と13世紀の間で、これらの火山島はトンガ王国の一部でした。
最初のヨーロッパの探検者は1722年に、ここに到達しました。

熱帯気候天然資源は伝統的な住宅の建築を含めて住民の生活に大きな影響を及ぼしています。家の設計はサモアの人の文化と生活を表しています。

サモアの住宅の構造は典型的な様式で建てられています。入り口に最も近い建造物はfale teleと呼ばれた民宿でした。この家の平面図が円形でした。その裏には家族が生活していた長細い家であるfale afolauがありました。その近くに、fale o`oという複数の小さな家があり、そられは他の家族の人の家、あるいは様々な活動に使われた場所でした。これらの小さな家の中で一つ、fale umuと呼ばれた料理作り用の家は土地の端に位置していました。最も後ろにはトイレがありました。住宅の土地の境界となっていたのは動物が飼われた場所とでした。

faleの様々なタイプは同じ素材から同様な技術で建設されました。最も重要な素材となっていたのは低木の幹、枝と葉でした。建物は典型的に石からできた基礎の上に建てられました。建築に使われた道具は単純でしたが、技術が精練され効率よかったです。建築家は集落の尊敬された一員でした。

関連のエクストラ

ポリネシアの双胴船

ポリネシア人は特別に設計されたボートで長い距離を旅しました。

モアイ像 (イースター島、16世紀)

太平洋に位置する小さな島は巨大な像で有名になりました。

アフリカの村(スーダン)

自然の環境に馴染んでいるアフリカの村はその地方に生活している種族の文化を表しています。

エスキモーの伝統的な生活様式

北極帯に生きているエスキモーの伝統的な居住はイグルーと呼ばれています。

アメリカ先住民の集落(クロウ族)

アメリカ先住民であるクロウ族はイエローストーン川の谷に居住しました。

ベドウィンのキャンプ

ベドウィンの半遊牧生活は、砂漠の気候や環境条件に適合していました。

ヴァイキングの集落 (10世紀)

北の民族であるヴァイキング人の集落はスカンディナヴィアのみではなく、離れている場所にも建築されました。

地理学的な発見 (15世紀‐17世紀)

近代始めにおける名高い地理学的発見は地図の再描画だけではなく、様々な影響もありました。

Added to your cart.