あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

アウシュビッツ第一強制収容所

アウシュビッツ第一強制収容所

この強制収容所はポーランド領地に造られ、巨大な強制収容所複合体の行政的な中心でした。

歴史

キーワード

アウシュビッツ, 強制収容所, 絶滅キャンプ, ホロコースト, ジェノサイド, ガス室, ヒトラー, ユダヤ教, ローマ, 火葬場, SS, 戦争犯罪, 追放, 働けば自由になります, 兵舎, オシフィエンチム, キャプティブ, キャンプ, 死刑, 囚人, 国家社会主義, ヘス, ホエス, Liebehenschel, 有刺鉄線, ベアー, メンゲレ, 死, 歴史, 労働収容所, ドイツ

関連のエクストラ

シーン

鳥瞰図

  • 登録の建物
  • 電気牧さく
  • 正門
  • 衛兵室
  • バラック
  • ガス室と クレマトリウム
  • SS病院
  • 収容所の指令所
  • 初代所長の住宅
  • ブロック
  • 収容場の食堂
  • 洗濯室、 倉庫
  • 刑務所
  • 死の壁

出入口

見張り塔

コンクリートの壁

ガス室

死の壁

集団墓地

アニメーション

散歩

ナレーション

ドイツ占領地のポーランド南部オシフィエンチム市はクラクフの西に位置しています。この小さな町は1939年11月に、東の方に広がった第三帝国に支配されました。この地域にはナチスにより多数の強制収容所と絶滅収容所が成立されました。アウシュビッツと呼ばれた強制収容所の複合体は町のドイツ語の名前にちなんで名づけられた。

収容所複合体の中心はアウシュビッツ第一強制収容所でした。この巨大な収容所は1940年5月に設立されました。元のオーストラリア=ハンガリ帝国の昔の軍事兵営を利用して建設されました。

収容所は有刺鉄線をめぐらし、コンクリートの壁で囲まれていました。見張り塔に管理された「安全地帯」を通ることが実際上無理でした。

強制収容所の正門に、ARBEIT MACHT FREI (働けば自由になる)と記されています。被収容者は畑か建築で働かせました。労働の時、管楽器音楽隊と一緒に労働所まで行きました。

同時には1万5千・2万人ほど非人間的な状態で収容されました。ナチスの護衛兵とカポー(被収容者の中で選ばれた管理者)はほぼポーランド人とソビエト人である被収容者に対して非常に残酷な扱いをしました。働いた後、収容者が家具がなく、寒いブロックで寝ていました。規則を破った収容者はブロック11号の刑務所に閉じ込められた。史料によると、ここで初めてシアンガス実験が行い、数百人が同時に殺害されました。他の、死刑が行った場所は死の壁でした。

壁以外にも残酷な行為が行った場所がありました。ガス室は大量殺害のための設備であり、1940年代の前半に数千人が殺害されました。死者は集団墓地に埋葬されました。

SS警備のためのバラックと初代所長の家は垣根の外でした。ルドルフ・ヘスは1943年まで強制収容所の初代所長でした。ナチス大量殺人者であるヘスは1947年に、アウシュビッツクレマトリウムの隣で、強制収容所の向けて首絞刑されました。

現在、強制収容所は記念碑と博物館になり、死者の親族のための巡礼所です。

関連のエクストラ

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

第二次世界大戦のポーランドにあった強制収容所で百万人以上が死亡しました。

ドイツの兵士 (第二次世界大戦)

第二次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

歴史的な地形図 (場所)

歴史的に有名な場所を白地図で探しましょう。

アフリカの難民キャンプ(ダルフール)

スーダンの武力衝突で、人が何百万人も避難していました。

ハンガリーの労働収容所 (レチク)

ハンガリーのグラグと呼ばれた労働収容所には約1500人働かせました。

ソ連の労働収容所 (1930年代)

グラグと呼ばれたソ連の労働収容所は居住地域から離れて所に建築されました。

ソビエト連邦軍の兵士 (第二次世界大戦)

第一次世界大戦後、ソ連軍は国の大きさと兵器のおかげで、非常な権力を持つ陰の実力者になりました。

メッサーシュミット Bf 109 G (ドイツ、1941年)

第二次世界大戦においてドイツに使われていた戦闘機です。

ユンカース JU-52 (1932年)

第二次世界大戦に前に、最も人気なヨーロッパ製の輸送航空機でした。

B-17 空飛ぶ要塞 (米国、1938年)

ボーイング社は「空飛ぶ要塞」を米軍のために開発しました。

Added to your cart.