あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

地球と月の形成

地球と月の形成

このアニメーションは地球と月の形成を表示します。

地理

キーワード

地球, 月, 地球形成, 月の形成, 太陽系, 原始地球, テイア, 惑星, 原始惑星, 岩石惑星, 地球型惑星, 地球儀, 天文学, 天体物理学, 地理, 物理, 物理的

関連のエクストラ

シーン

原始の地球の形成

  • 原始惑星 - 惑星の胚子とも呼ばれている。太陽系は誕生する時、ガスと宇宙塵がくっ付いて構成させる物体から形成された。

地球の形成は太陽系の形成と繋がっています。太陽系を構成するガスが次第に縮小しました。中心に物質が集中し、その温度が徐々に上昇していました。太陽がこの濃密なほこりの分子雲から形成されていました。高速の回転のため、雲の残りが分散し、太陽を中心とした原始惑星系円盤を形成して自転しました。原始惑星系円盤にあるほこりが静電的にくっつき合い、数キロメートルの大きさに至ると、自分の重力により破壊し、原始惑星が形成されます。地球は46億年前に、このように形成されました。

地球が形成した1億7000万年後、テイアと呼ばれる仮設上の若い惑星がまだ地殻が柔らかい地球と衝突しました。衝突の後、テイアがなくなり、地球の物質と合併しました。このように、地球の質量が増え、現在の質量に近づきました。激突により、地球の周りに岩屑の環が形成されました。

この岩屑の環からが形成しました。環の解散の後、月が地球から2万5千キロメートル離れて公転する赤熱光を放つ天体でした。 この時、月には火山、溶岩流と自分の磁場がありました。

地球と月の間に発生する潮汐現象は様々な変化を起こしました。最初、月は潮の作用によって地球と繋がるようになり、地球を中心として公転周期と自転周期が等しいです。その上、月は次第に地球から離れて、冷却され、地質学的に不活性になりました。

現在、月と地球の間の距離が38万4千キロメートルです。この頃も、地球から徐々に、毎年3.8cmほど離れています。結果として、月の公転周期が長くなりますが、自転と公転の同期のため、自転周期も長くなります。潮汐現象は地球にも影響を与え、地球の自転周期も長引いて、所謂一日が長くなります。

用語解説:

惑星:恒星(太陽など)を中心として公転する天体です。質量が、中に恒星の特徴である熱核融合が起こるほど大きくないですが、球体になれる質量があります。

恒星:光を放つ天体であり、核には様々な融合反応が行われます。

太陽系:太陽の重力が影響している空間です。これは半径がおよそ2光年ほどの球体です。中心にある太陽の周りに複数の小さい天体が回転します。

地球への衝突

  • 原始地球 - 熱く輝いて、現在の地球より小さい天体であった。
  • テイアー - 火星の大きさであった天体であり、太陽の周りの軌道で回転して、地球と衝突した。

月の形成

  • 地球 - 地球とテイアーの衝突で、地球の周りに破片のチングが形成された。
  • - 地球とテイアーの衝突で形成された熱い惑星である。地球から2万5千kmの軌道で動いていた。

冷却

  • 地球 - 地殻は少しづつ固まり始めた。
  • - 地球から少しづつ離れて、地理学的に無活動の惑星であった。

現在の状態

  • 地球 - 地球の回転が遅くなり、一日は100年に0.002秒で長くなります。
  • - 現在、地球から38万4千キロメートルで離れている軌道で回転する。月が地球から一年に3.8cmほど離れているように動く。

アニメーション

ナレーション

地球の形成は太陽系の形成と繋がっています。太陽系を構成するガスが次第に縮小しました。中心に物質が集中し、その温度が徐々に上昇していました。太陽がこの濃密なほこりの分子雲から形成されていました。高速の回転のため、雲の残りが分散し、太陽を中心とした原始惑星系円盤を形成して自転しました。原始惑星系円盤にあるほこりが静電的にくっつき合い、数キロメートルの大きさに至ると、自分の重力により破壊し、原始惑星が形成されます。地球は46億年前に、このように形成されました。

地球が形成した1億7000万年後、テイアと呼ばれる仮設上の若い惑星がまだ地殻が柔らかい地球と衝突しました。衝突の後、テイアがなくなり、地球の物質と合併しました。このように、地球の質量が増え、現在の質量に近づきました。激突により、地球の周りに岩屑の環が形成されました。

この岩屑の環からが形成しました。環の解散の後、月が地球から2万5千キロメートル離れて公転する赤熱光を放つ天体でした。 この時、月には火山、溶岩流と自分の磁場がありました。

地球と月の間に発生する潮汐現象は様々な変化を起こしました。最初、月は潮の作用によって地球と繋がるようになり、地球を中心として公転周期と自転周期が等しいです。その上、月は次第に地球から離れて、冷却され、地質学的に不活性になりました。

現在、月と地球の間の距離が38万4千キロメートルです。この頃も、地球から徐々に、毎年3.8cmほど離れています。結果として、月の公転周期が長くなりますが、自転と公転の同期のため、自転周期も長くなります。潮汐現象は地球にも影響を与え、地球の自転周期も長引いて、所謂一日が長くなります。

関連のエクストラ

季節の変化 (標準)

地球の地軸は斜めに傾いているので、日光の入射角が一年中変化します。

地球の構造 (中級)

地球は複数の球状層から構成されています。

彗星

彗星は太陽を中心として公転している特徴的な天体です。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

季節の変化 (基礎)

地球の地軸は斜めに傾いているので、日光の入射角が一年中変化します。

地球の構造 (基礎)

地球はいくつかの球状の層から構成されています。

タイムライン・スパイラル

タイムライン・スパイラルに歴史的な出来事を入れましょう。

地球の磁場

地球の北と南の磁極は地理的に北極と南極の近くにあります。

月は地球の唯一の衛星です。

潮流

月の重力の影響で海面レベルが上がったり下がったりします。

大陸と海洋

地球表面上の乾いた陸は海洋によって分断された大陸に分離されます。

日食

日食とは、太陽、月、地球は一線に並び、月は全体的に、それとも部分的に太陽を隠します。

月食

月食とは、月が地球の円錐状の影を通るときに起こります。

月相

月面の明るい部分は地球の軌道に進む角度と太陽の角度によって決まります。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

地質学的タイムスケールにおける大陸漂移

地球の歴史の間、地球の大陸は常に動いています。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

月レーダー実験 (バイ・ゾルタン、1946年)

1946年に、ハンガリーの学者、バイ・ゾルタンは月からのレーダー反射波受信に成功しました。

月面着陸: 1969年7月20日

最初に月面に降り立った人間はアポロ11号のニール・アームストロング船長でした。

アポロ15号ミッション(月面車)

このアニメーションはアポロ15号ミッションに使われていた二人乗りの月面車を紹介します。

Added to your cart.