あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

地球の構造 (基礎)

地球の構造 (基礎)

地球はいくつかの球状の層から構成されています。

地理

キーワード

地球, 地球の構造, 地球圏, 雰囲気, 水圏, 岩石圏, 生物圏, 動植物, 土壌圏, 地殻, マントル, コア, 地球のセクション, オーロラ, 流星, オゾン層, 大陸, 海洋, 惑星, 地理

関連のエクストラ

シーン

球形構造

  • 大気
  • 大気 0 km – 1000 km
  • 生物圏
  • 低層大気 0 km – 12 km
  • 水圏
  • 土壌圏
  • 地殻
  • 大陸性地殻
  • 海溝
  • 海台
  • 海洋性地殻
  • マントル
  • 岩流圏
  • (30–2900 km)
  • マントル
  • マントル
  • (2900–6371 km)

我々の惑星は外観のみ球体ではありません。軸を中心に自転するので、特徴が異なる多くの球状の層で構成されています。上から見ると外層があり、中には内層が位置します。

用語解説:

大気:地球の最も外側の層です。気体の混合物です。

土壌圏:最も外側にある不連続な地殻の層です。このゆるくて肥沃な層は植物水分と栄養を提供します。

水圏:地球上の様々な状態にあるを含む不連続な層です。岩石に閉じ込められた地下水地表の河川、湖、海、大洋と大気に含まれる水蒸気のことを示しています。

生物圏:岩石圏低層大気水圏に生息しているすべての生物を含むシステムです。

地殻:地球の最も外側にある、質量が最も小さくて、硬くて、岩石から構成されている層です。

マントル:地球内の2900kmの厚さの層は地殻と核の間に位置しています。上部く、その下には温度が高い溶融岩があります(岩流圏)。下部マントルは固体状です。

:地球の最内部で、温度と密度が非常に高い部分です。直径が7000kmであり、主に鉄とニッケルから構成されています。

地球のセクション

  • 大気
  • 1000 °C
  • 690 km
  • 1000 km
  • 電離層
  • オーロラ
  • 流星
  • 500 km
  • 100 km
  • 80 km
  • 80 km
  • 50 km
  • 12 km
  • 大陸
  • 海洋
  • 生物圏
  • 岩石圏
  • 30-60 km
  • 30-60 km
  • 2900 km
  • マントル
  • 2900 km
  • 6371 km
  • 大気
  • 50 km
  • 12 km
  • オゾン層

断面図

  • 電離層
  • オーロラ
  • 流星
  • 500 km
  • 100 km
  • 80 km
  • 80 km
  • 50 km
  • 12 km
  • 大陸
  • 海洋
  • 生物圏
  • 岩石圏
  • 30-60 km
  • 30-60 km
  • 2900 km
  • マントル
  • 2900 km
  • 6371 km
  • 大気
  • 岩石圏
  • マントル
  • 大気
  • 50 km
  • 12 km
  • オゾン層

アニメーション

  • 大気
  • 大気 0 km – 1000 km
  • 生物圏
  • 低層大気 0 km – 12 km
  • 水圏
  • 土壌圏
  • 地殻
  • 大陸性地殻
  • 海溝
  • 海台
  • 海洋性地殻
  • マントル
  • 岩流圏
  • (30–2900 km)
  • マントル
  • 大気
  • 1000 °C
  • 690 km
  • 1000 km
  • 800–1000 °C
  • 電離層
  • オーロラ
  • 流星
  • 500 km
  • 400 km
  • 300 km
  • 200 km
  • 100 km
  • 80 km
  • 80 km
  • 50 km
  • 12 km
  • –100 °C
  • オゾン層
  • 高層大気
  • 中層大気
  • 低層大気
  • 100 km
  • 80 km
  • 50 km
  • 12 km
  • +10 °C
  • –50 °C
  • オゾン層
  • 高層大気
  • 中層大気
  • 低層大気
  • 80 km
  • 50 km
  • 12 km
  • –50 °C
  • オゾン層
  • 高層大気
  • 中層大気
  • 低層大気
  • 大陸
  • 海洋
  • 生物圏
  • 岩石圏
  • 30-60 km
  • 700 km
  • 岩流圏
  • 30-60 km
  • 700 km
  • 流動性を有する
  • 固い
  • マントル
  • 30-60 km
  • 700 km
  • 固い
  • 2900 km
  • マントル
  • 外核
  • 2900 km
  • 5100 km
  • 液体
  • 内核
  • 5100 km
  • 6371 km
  • 固い
  • 大気
  • 岩石圏
  • マントル

内部の層

  • 岩石圏
  • マントル

ナレーション

地球の内部構造を調べるのは難しいです。最も深い採掘でも数十キロメートルまでしか達しないので、半径が6371kmの地球の表面だけを引っかくぐらいの程度です。
約46億年前に形成された原始地球では冷却と自転により、気体状、液体状と固体状の物質が分離され、密度によって複数の球状の層が形成されました。これらの層は地球圏と呼ばれています。

地球圏は外層と内層に分類されています。外層とは、空気の層である大気、生物の層である生物圏と水の層である水圏です。内層とは地殻マントルです。

最も外側にある層である大気は層の中で最も軽く、気体の混合物で構成されています。大気は明確な境界がなく、数万キロメートルの高さで宇宙空間の物質に次第に薄れていきます。
大気の最も上の層の境界での温度が1000℃くらいです。真中の層が最も温度が低くて、‐100℃くらいです。大気の最も下の層の上にはオゾン層があります。

地球の内層の中で最も外側にあるのは地殻です。大陸性地殻の構造は海洋性地殻より複雑で、厚いです。上の層にはケイ酸塩が豊富に含まれ、下部には金属を豊富に含む密度が高い岩石から構成されています。

マントルは二つの部分に分けられ上部マントルと下部マントルです。上部マントル700kmの深度まで達します。上部は固体状で、地殻とともに岩石圏を形成します。上部マントルの下部にある溶融された層岩流圏と呼ばれています。下部マントル固体状の岩石から構成されています。下の方へ進むと、より重い金属成分の割合が上昇します。マントルが2900kmの深さまで続きます。

この下にある地核は同じように二つの部分に分けられます。液体状の外核は溶融金属から構成され、固体状の内核は鉄とニッケルからできています。

関連のエクストラ

地理座標系

地理座標系は地球上の全ての場所を正確に特定することができます。

地球の構造 (中級)

地球は複数の球状層から構成されています。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

プレート

プレートは互いに対して移動したりします。

地球の磁場

地球の北と南の磁極は地理的に北極と南極の近くにあります。

海底の地図

海底では、構造プレートの境界がよく見えます。

地球と月の形成

このアニメーションは地球と月の形成を表示します。

Added to your cart.