あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

地球

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

地理

キーワード

地球, 惑星, 岩石惑星, 月, 太陽系, 太陽, 回転軸, ジオイド, 回転, 軌道, 循環系, 地球圏, 地殻, 岩石圏, マントル, コア, 雰囲気, 生物圏, 北極圏, 北回帰線, 赤道, 南回帰線, 南極圏, 潮汐, 季節, 地理

関連のエクストラ

質問

  • 月は何日で地球の周りを一周しますか。
  • 地球型惑星の中で、地球は直径が最も大きいというのは本当ですか。
  • 地球型惑星の中で、地球は質量が最も大きいというのは本当ですか。
  • 地球型惑星の中で、地球は密度が最も高いというのは本当ですか。
  • 地球は20億年前に形成されたというのは本当ですか。
  • 地球型惑星は光を放射するというのは本当ですか。
  • 地球型惑星の表面が硬いというのは本当ですか。
  • 地球型惑星の密度が低いというのは本当ですか。
  • 地球の自転軸は軌道面に垂直というのは本当ですか。
  • 大陸地殻と海洋地殻の厚さが異なるというのは本当ですか。
  • ある場所を一年で当たる日光の角度が変わると本当ですか。
  • 温室効果がなかったら、地球の平均温度は-15°Cであるというのは本当ですか。
  • 地表の70%は大陸であるというのは本当ですか。
  • 地球から月の裏側を観察できないというのは本当ですか。
  • 地球と月の距離は永久に変わらないというのは本当ですか。
  • 地球と月の距離はどのぐらいですか。
  • 地球の大気の二つの主な成分は何ですか。
  • 地球の表面の何パーセントは大陸ですか。
  • 月と地球は共通重心の周りを公転することは本当ですか。
  • 人類はいつ初めて月の表面に到達しましたか。
  • 月は太陽に近い方から何番目の惑星ですか。
  • 地球は太陽系の中で何番目に大きい惑星ですか。
  • 地球は何年前に形成されましたか。
  • 地球は何日で太陽の周りを一周しますか。
  • 地殻の平均的な厚さはどのぐらいですか。
  • 地球での潮汐の原因は何ですか。
  • 地球は太陽系の地球型惑星の中で、直径が何番目に大きいですか。
  • 太陽系の地球型惑星の中で、質量が何番目に大きいですか。
  • 太陽系の地球型惑星の中で、密度が何番目に高いですか。

シーン

太陽系

地球太陽系の太陽に近い方から三番目の惑星です。太陽系の中で五番目に大きい惑星であり、地球型惑星の中で直径、質量と密度の面で一番です。地球は現在知られている限り唯一生命がある惑星です。研究者によると、地球は45.7億年前に形成され、その十億年後には生命が出現しました。

用語解説:

地球型惑星(岩石惑星):自分で光を放射しない天体です。太陽に近い軌道を動くので、平均温度が高いです。質量が小さいが、主成分の中で重元素が含まれているので密度が高いです。地表が硬くて、大気が薄いです。

地球

  • 自転軸
  • 軌道面に 垂直の線
  • 地球の軌道面
  • 地球の軌道
  • N
  • 北極圏
  • 北回帰線
  • 赤道
  • 南回帰線
  • 南極圏
  • S
  • 23.5°

データ:

直径: 12,756 km

質量: 5.974×10²⁴ kg

平均密度: 5.52 g/cm³

表面重力: 1 g (加速度: 9.81 m/s²)

表面温度: -70 °C 〜 56 °C, 平均15 °C

衛星の数: 1

自転周期: 23時間56分 (星を基準として)

自転軸の傾斜度: 23.5°

太陽からの平均距離:
149,600,000 km = 1 AU =
8.3光分

軌道離心率 : 0.0167

公転周期: 365.25日

  • アルプス山脈
  • 雨の海
  • 氷の海
  • 晴れの海
  • 静かの海
  • 豊かの海
  • 危難の海
  • 神酒の海
  • 雲の海
  • 湿りの海
  • 賢者の海
  • 東の海
  • スミス海
  • 嵐の大洋
  • カルパチア山脈
  • ジュラ山脈
  • コーカサス山脈
  • アペニン山脈
  • タウルス山脈
  • ピレネー山脈
  • コルディレラ山脈
  • プラトー (クレーター)
  • コペルニクス (クレーター)
  • ガガーリン (クレーター)
  • スジラード (クレーター)
  • ジグモンディ (クレーター)
  • 月の裏側にある高原
  • ボーヤイ (クレーター)
  • エトベッシュ (クレーター)
  • パスツール (クレーター)

月:

地球からの平均距離:
384,400 km

直径: 3,475 km

質量: 7.348x10²² kg

平均密度: 3.34 g/cm³

表面重力: 0.165 g (1/6 g)

月の軌道

  • アルプス山脈
  • 雨の海
  • 氷の海
  • 晴れの海
  • 静かの海
  • 豊かの海
  • 危難の海
  • 神酒の海
  • 雲の海
  • 湿りの海
  • 賢者の海
  • 東の海
  • スミス海
  • 嵐の大洋
  • カルパチア山脈
  • ジュラ山脈
  • コーカサス山脈
  • アペニン山脈
  • タウルス山脈
  • ピレネー山脈
  • コルディレラ山脈
  • プラトー (クレーター)
  • コペルニクス (クレーター)
  • ガガーリン (クレーター)
  • スジラード (クレーター)
  • ジグモンディ (クレーター)
  • 月の裏側にある高原
  • ボーヤイ (クレーター)
  • エトベッシュ (クレーター)
  • パスツール (クレーター)
  • 地球
  • 月の軌道
  • 公転周期: 27.3日
  • 遠地点: 405,696 km
  • 近地点: 363,104 km

地球の断面図

  • 大気 - 地球の最外部の層であり、気体から形成されている。他の層を隙間なく覆っている。
  • 生物圏 - 岩石圏、大気の下部と水圏で生命が分布している。
  • 地殻 - 地球の最外部で、質量が最も低くて、岩石から形成されている硬い層。平均的な厚さは30kmである。大陸地殻と海洋地殻の構造と厚さが異なる。
  • 上部マントル - 地殻と核の間に位置する厚さが2800kmある層です。上部は硬くて、その下に高温で融解した岩石があります。下部は固体状の岩石から出来ている。
  • 下部マントル - 地殻と核の間に位置する厚さが2800kmある層です。上部は硬くて、その下に高温で融解した岩石があります。下部は固体状の岩石から出来ている。
  • 外核 - 地球の最内部で、高温で密度が高い部分です。直径は7000kmであり、鉄とニッケルから構成されている。二つの部分があり、融解した外核と固体状の内核。
  • 内核 - 地球の最内部で、高温で密度が高い部分です。直径は7000kmであり、鉄とニッケルから構成されている。二つの部分があり、融解した外核と固体状の内核。

月の断面図

  • - 地球の近い側の厚さは19kmであり、反対側には50-60kmです。月の海は玄武岩で形成され、高原は隕石の衝突によって形成される角礫岩でできている。
  • マントル - 二つの部分に分かれる:上部マントルと下部マントル。上部マントルは固体状であり、下部マントルの一部は融解されている。マントルの厚さは1200kmであり、主に酸素、ケイ酸塩、マグネシウム、鉄、カルシウムとアルミニウムから形成されている。
  • - 直径は450-500kmです。外核の厚さは300-350kmであり、融解した岩石からできている。内核の直径は150-160kmであり、主に鉄と硫黄から構成されている。

地球の軌道

  • 地球
  • 太陽
  • 地球の軌道
  • 公転周期: 365.25日
  • 太陽からの平均距離: 149,600,000 km

アニメーション

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星
  • 自転軸
  • 軌道面に 垂直の線
  • 地球の軌道面
  • 地球の軌道
  • N
  • S
  • 23.5°
  • アルプス山脈
  • 雨の海
  • 氷の海
  • 晴れの海
  • 静かの海
  • 豊かの海
  • 危難の海
  • 神酒の海
  • 雲の海
  • 湿りの海
  • 賢者の海
  • 東の海
  • スミス海
  • 嵐の大洋
  • カルパチア山脈
  • ジュラ山脈
  • コーカサス山脈
  • アペニン山脈
  • タウルス山脈
  • ピレネー山脈
  • コルディレラ山脈
  • プラトー (クレーター)
  • コペルニクス (クレーター)
  • ガガーリン (クレーター)
  • スジラード (クレーター)
  • ジグモンディ (クレーター)
  • 月の裏側にある高原
  • ボーヤイ (クレーター)
  • エトベッシュ (クレーター)
  • パスツール (クレーター)
  • 地球
  • 月の軌道
  • 公転周期: 27.3日
  • 遠地点: 405,696 km
  • 近地点: 363,104 km
  • 大気 - 地球の最外部の層であり、気体から形成されている。他の層を隙間なく覆っている。
  • 生物圏 - 岩石圏、大気の下部と水圏で生命が分布している。
  • 地殻 - 地球の最外部で、質量が最も低くて、岩石から形成されている硬い層。平均的な厚さは30kmである。大陸地殻と海洋地殻の構造と厚さが異なる。
  • 上部マントル - 地殻と核の間に位置する厚さが2800kmある層です。上部は硬くて、その下に高温で融解した岩石があります。下部は固体状の岩石から出来ている。
  • 下部マントル - 地殻と核の間に位置する厚さが2800kmある層です。上部は硬くて、その下に高温で融解した岩石があります。下部は固体状の岩石から出来ている。
  • 外核 - 地球の最内部で、高温で密度が高い部分です。直径は7000kmであり、鉄とニッケルから構成されている。二つの部分があり、融解した外核と固体状の内核。
  • 内核 - 地球の最内部で、高温で密度が高い部分です。直径は7000kmであり、鉄とニッケルから構成されている。二つの部分があり、融解した外核と固体状の内核。
  • - 地球の近い側の厚さは19kmであり、反対側には50-60kmです。月の海は玄武岩で形成され、高原は隕石の衝突によって形成される角礫岩でできている。
  • マントル - 二つの部分に分かれる:上部マントルと下部マントル。上部マントルは固体状であり、下部マントルの一部は融解されている。マントルの厚さは1200kmであり、主に酸素、ケイ酸塩、マグネシウム、鉄、カルシウムとアルミニウムから形成されている。
  • - 直径は450-500kmです。外核の厚さは300-350kmであり、融解した岩石からできている。内核の直径は150-160kmであり、主に鉄と硫黄から構成されている。
  • 地球
  • 太陽
  • 地球の軌道
  • 公転周期: 365.25日
  • 太陽からの平均距離: 149,600,000 km

ナレーション

地球太陽系の太陽に近い方から三番目の惑星です。太陽系の中で五番目に大きい惑星であり、地球型惑星の中で直径、質量と密度の面で一番です。地球は現在知られている限り唯一生命がある惑星です。研究者によると、地球は45.7億年前に形成され、その十億年後は生命が出現しました。

地球は太陽の周りを一回公転する間、365.25回自転します。この期間は一年と言います。地球の軌道上の速度30km/sです。

地球の自転軸は公転面に対して23.5°傾いています。この結果として、ある場所に当たる日光の角度が変化することによって季節が変わります。地球の(太陽に対しての)自転周期24時間です。自転の影響で発生する遠心力のため、惑星が少し扁球状態になります。

地球唯一の衛星は43.5億年前に形成されたです。月の重力によって潮汐作用が発生します。潮汐力によって自転軸の角度が安定し、地球の自転が徐々に遅くなります(一日が100年で0.002秒長くなります)。

地球の大気は主に窒素(78%)と酸素(21%)から構成されています。それ以外は水蒸気、アルゴンと二酸化炭素も含まれています。地表の平均的な気圧は101,325 Pa (1013ミリバール)です。この気圧は標準気圧と呼ばれています。地球は大気によって紫外線隕石から守られています。地球の磁場は生物を宇宙線から保護します。

温室効果のため、平均温度は15°Cです。この現象がなかったら、地球の平均温度は–15°Cだと考えられています。

地球の表面には様々な地形が形成されました。地表のおよそ71%は水で、29%は大陸で覆われています。地殻の海の下の部分は大陸のように山、山脈、溝と平野など様々な地形があります。地球の表面は火山活動地殻変動浸食によって徐々に変化します。

は惑星の形成後、原始地球と火星のような大きさがある他の原始惑星の衝突により形成されました。衝突によって、地球のマントルから大部分が分離されて、ディスクのような形になり、新しい地球の周りにくっついていました。ディスク状の物質は重力によって球体になり、月が形成されました。月はこの時まだ現在の位置より20倍ほど地球に近かったです。月の直径は地球の四分の一であり、太陽系の中で比較的に大きい衛星です。地球の大きさと比較すると、月は一番大きな衛星になります。

月と地球は太陽を中心にして公転しながら、共通重心の周りにも回転します。月と地球の共通重心は地球の地表の下に位置します。月の自転周期と公転周期完全に同期しているので、地球から永久に月の表側しか観察できません。月の地球を中心とする公転周期は27.32日であり、月の満ち欠けの一周期29.53日です。

地球に及ぼす影響はとても重要です。月がなかったら、地球の環境が完全に異なっていました。月は進化にも影響を及ぼしました:潮汐作用によって生物が水から大陸へ移動しました。月は地球の自転軸の角度を安定させたことにより気候は比較的一定になった。潮汐力によって地球の自転速度が遅くなり、一日が徐々に長くなります。4億年前に、一年間はおよそ400日であり、一日は21.8時間でした。この現象は月にも影響し、は徐々に地球から遠くなり、軌道は毎年4センチほど大きくなります。

アポロ計画に参加した宇宙飛行士ニール・アームストロングとエドウィン・アルドリン1969年7月21日に初めての人として月に到達しました。1972年12月までの六つのミッションで、合計12人のアメリカ人が月に着陸しました。高額費用のため、その後は月への飛行を行っていません。現在は多くの探査機により月の表面が調べられています。日光が当たらない極地方のクレーターで水のも発見されました。

関連のエクストラ

地球の地形

このアニメーションは地球の大きな山脈、平野、川、湖と砂漠を紹介します。

地球の構造 (中級)

地球は複数の球状層から構成されています。

地球と月の形成

このアニメーションは地球と月の形成を表示します。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

海底の地図

海底では、構造プレートの境界がよく見えます。

地球

3Dで見える地球

地球に近い恒星

アニメーションは比較的に近い惑星、恒星、銀河を紹介します。

海洋と湾

アニメーションは一番重要な海洋と湾を紹介します。

地質学的タイムスケールにおける大陸漂移

地球の歴史の間、地球の大陸は常に動いています。

月は地球の唯一の衛星です。

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

興味深い地理事実–自然地理学

このアニメーションは、物理的な地域に関して複数の興味深い事実を紹介します。

緯度線の上の太陽軌道

太陽の見かけの経路は、地球の自転によって形成されます。

火山活動

このアニメーションは火山噴火の様々なタイプを紹介します。

地理座標系 (基礎)

地球座標系を使って、地球上のどんな場所でも二つの座標点で規定できます。

地球の構造 (基礎)

地球はいくつかの球状の層から構成されています。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

地理座標系

地理座標系は地球上の全ての場所を正確に特定することができます。

地球の磁場

地球の北と南の磁極は地理的に北極と南極の近くにあります。

大陸と海洋

地球表面上の乾いた陸は海洋によって分断された大陸に分離されます。

気候帯

地球は地理領域と気候帯に分かれています。

木星

木星は太陽系の中で最も大きな惑星である。他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量がある。

水星

水星は太陽系において、最も小さく、内側にある惑星です。

火星

火星では水と生命の痕跡を探し求められています。

金星

金星は太陽に近い方から二番目の惑星であり、夜空で月の次に明るく見える星です。

地震

地震は地球の最も破壊力がある自然現象の一つです。

天王星

天王星は太陽に近い方から七番目の惑星です。巨大ガス惑星に属します。

土星

太陽系の中で、土星は二番目に大きな惑星です。特有な環によって最も知られています。

高度帯

高山エリアでは気候、土質、植物相と動物相が高度によって変化します。

海王星

海王星は太陽系で太陽から最も離れていて、巨大ガス惑星の中で一番小さい惑星です。

カッシーニ・ホイヘンスミッション (1997年-2017年)

カッシーニ探査機は土星とその衛星を20年間に渡って探検しました。

面白い地理事実- 社会地理学 -

このアニメーションは、社会地理学におけるいくつかの面白い事実を提示します。

冥王星-カロン系

カロンは冥王星の最大な衛星です。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

月面着陸: 1969年7月20日

最初に月面に降り立った人間はアポロ11号のニール・アームストロング船長でした。

Added to your cart.