あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

地理座標系

地理座標系

地理座標系は地球上の全ての場所を正確に特定することができます。

地理

キーワード

地球座標系 (標準), 緯度のライン, 経度, 北半球, 南半球, 地球, 西半球, 東半球, 緯度の主要なライン, 日付変更線, 北極圏, 北回帰線, 赤道, 南回帰線, 南極圏, 座標系, 地理

関連のエクストラ

シーン

地球

緯度線

出発点: 0° = 赤道
半球:北半球、南半球
方向:東‐西
円周/長さ:極の方へ進むと短くなる
互いに関連した位置:互いに平行
数え方:北と南の方も90°;全円

経度線

出発点: 0° = 本初子午線
半球:東半球、西半球
方向:北‐南
円周/長さ:同等
互いに関連した位置:収束性、極で交錯する
数え方:東と西の方にも 180°、半円

用語解説:

測地系:地球上経緯度により、すべての場所を正確に特定できます。

緯度線:測地系の一部であり、地球上の仮想的な円です。赤道平行です。地球の形は球体または回転楕円体で近づけると、この形状を自転軸と垂直な平面で交差すると、緯度線ができます。

経度線:測地系の一部であり、地球上の仮想的な半円です。赤道と垂直であり、で交錯します。

主な緯度線:北極線北回帰線赤道南回帰線南極線

重要な
緯度

  • 北半球
  • 南半球
  • 本初子午線 (0º)
  • 西半球
  • 東半球
  • 23.5º
  • 66.º
  • 北極
  • 北極線
  • 北回帰線
  • 赤道
  • 南回帰線
  • 南極線
  • 南極

本初子
午線

  • 北半球
  • 南半球
  • 本初子午線 (0º)
  • 西半球
  • 東半球
  • 国際日付変更線 (180°)

緯度

  • 10º
  • 20º
  • 30º
  • 40º
  • 50º
  • 60º
  • 70º
  • 80º
  • 90º
  • 北極
  • 北極線
  • 北回帰線
  • 赤道
  • 南回帰線
  • 南極線
  • 南極

経度

  • 北半球
  • 南半球
  • 本初子午線 (0º)
  • 西半球
  • 東半球
  • 国際日付変更線 (180°)
  • 10º
  • 20º
  • 30º
  • 40º
  • 50º
  • 60º
  • 70º
  • 80º
  • 90º
  • 100º
  • 110º
  • 120º
  • 130º
  • 140º
  • 150º
  • 160º
  • 170º
  • 180º

座標系

  • 国際日付変更線 (180°)
  • 10º
  • 20º
  • 30º
  • 40º
  • 50º
  • 60º
  • 70º
  • 80º
  • 90º
  • 100º
  • 110º
  • 120º
  • 130º
  • 140º
  • 150º
  • 160º
  • 170º
  • 180º
  • 23.5º
  • 66.º

緯度の
起源

  • 北極線 (66.5º N)
  • 北回帰線 (23.5º N)
  • 南回帰線 (23.5º S)
  • 南極線 ( 66.5º S)
  • 23.5º
  • 66.º

経度の
起源

  • 赤道の直径: 12756.3 km
  • 赤道の長さ: 約40076 km
  • 10º
  • 20º
  • 30º
  • 40º
  • 50º
  • 60º
  • 70º
  • 80º
  • 90º
  • 100º
  • 110º
  • 120º
  • 130º
  • 140º
  • 150º
  • 160º
  • 170º
  • 180º

アニメーション

  • 北半球
  • 南半球
  • 本初子午線 (0º)
  • 西半球
  • 東半球
  • 北極線 (66.5º N)
  • 北回帰線 (23.5º N)
  • 南回帰線 (23.5º S)
  • 南極線 ( 66.5º S)
  • 赤道の直径: 12756.3 km
  • 赤道の長さ: 約40076 km
  • 国際日付変更線 (180°)
  • 10º
  • 20º
  • 30º
  • 40º
  • 50º
  • 60º
  • 70º
  • 80º
  • 90º
  • 100º
  • 110º
  • 120º
  • 130º
  • 140º
  • 150º
  • 160º
  • 170º
  • 180º
  • 23.5º
  • 66.º
  • 北極
  • 北極線
  • 北回帰線
  • 赤道
  • 南回帰線
  • 南極線
  • 南極

ナレーション

地球上のある場所を特定するには座標が使われています。測地系緯度線と経度線で構成されています。

緯度線赤道と平行な円であり、平面は自転軸と垂直です。緯度線の一つの点を地球の中心と結び、赤道面との角度を求めることによって値を規定できます。例えば、北回帰線の場合はこの角度が23.5°です。

赤道緯度0度となり、地球を北半球南半球に分けます。赤道から離れると、緯度の値が上昇し、極点90°になります。緯度を規定するとき、北緯か南緯か表現する必要があります。

主な緯度線である北極線北緯66.5°に、南極線南緯66.5°に位置しています。北回帰線北緯23.5°にあり、南回帰線南緯23.5°に位置しています。主な緯度線は気候帯の限界を示しています。

経度線北極と南極を地球上の最短距離で結ぶ線です。経度線に形成された平面は地球の自転軸と一致します。経度0度本初子午線と呼ばれています。東と西の方へ経度180度まで経度線が続きます。本初子午線はロンドン郊外にあるグリニッジを通ります。

経度の値を規定するため、本初子午線赤道を交差する点にマークを付けます。我々が求めている点がどの経度線に位置するかを見て、その経度線が赤道を交差する点にもマークを付けます。このように、赤道でマークを付けた二つの点を地球の中心と結び、二本の線分の角度を測定します。

経度0度の反対側に位置する経度180度国際日付変更線と呼ばれています。ある経度を規定するには東経か西経か示す必要があります。

関連のエクストラ

時間帯

地球は24個の時間帯に分かれています。標準時は地域全体に使われている時間です。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

季節の変化 (標準)

地球の地軸は斜めに傾いているので、日光の入射角が一年中変化します。

気候帯

地球は地理領域と気候帯に分かれています。

地学の用語

アニメーションは最も重要な地形、地表水とそれに関連する記号を紹介します。

季節の変化 (基礎)

地球の地軸は斜めに傾いているので、日光の入射角が一年中変化します。

政体と公用語

このアニメーションは世界の国々の政体と多くの公用語を紹介します。

緯度線の上の太陽軌道

太陽の見かけの経路は、地球の自転によって形成されます。

高度帯

高山エリアでは気候、土質、植物相と動物相が高度によって変化します。

衛星航法、GPS

全地球測位システムとは、24の人工衛星で地球全体をカバーし、そのうち4つで正確な三次元位置が規定されます。

地球の構造 (中級)

地球は複数の球状層から構成されています。

地球の構造 (基礎)

地球はいくつかの球状の層から構成されています。

地理学的な発見 (15世紀‐17世紀)

近代始めにおける名高い地理学的発見は地図の再描画だけではなく、様々な影響もありました。

地理座標系 (基礎)

地球座標系を使って、地球上のどんな場所でも二つの座標点で規定できます。

Added to your cart.