あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

DNA

DNA

細胞の遺伝情報が含まれています。

化学

キーワード

DNA, DNAらせん, DNA鎖, 遺伝物質, デオキシリボ核酸, 核酸, アデニン, チミン, シトシン, グアニン, ポリヌクレオチド, 窒素含有塩基, デオキシリボース, リン酸, ヌクレオチド, 塩基対, 遺伝コード, ワトソン, クリック, フランクリン, ウィルキンス, 右利き, 相補的, 核, 化学, 生化学, 生物

関連のエクストラ

シーン

ナレーション

デオキシリボ―ス

  • 2-デオキシ-ベータ-D-リボース

デオキシリボ核酸 (DNA)

特徴

DNAは二重らせん構造を持つポリヌクレオチドです。1953年に、ワトソンとクリックによって発見されました。
DNAは加水分解でヌクレオチド分子化合物に分解できます。すべてのヌクレオチドはリン酸、デオキシリボースと窒素を含む有機塩基で構成されます。DNAを構成する窒素を含む塩基はアデニン、チミン、グアニンとシトシンです。
ヌクレオチドが結合して、ポリヌクレオチド鎖を形成します。DNAは二本のポリヌクレオチド鎖でできています。ポリヌクレオチド鎖での塩基対水素結合で結ばれています。アデニンはチミンと、グアニンはシトシンと結合されます。この理由は、一つの鎖を形成する塩基の順番他の鎖の塩基順番も決定します。
らせん状の鎖は右の方へ向いています。らせんの中にある塩基対デオキシリボースリン酸から形成する糖‐リン酸主鎖に包まれています。DNAの各遺伝子はRNA分子を通じて、生物的なタンバク質合成中にタンパク質を決定します。

発生

DNAは細胞の遺伝情報を持っています。真正核細胞では細胞核に集まります。

利用

デオキシリボ核酸は主に遺伝子工学で利用されています。例えば、あるバクテリアの構造を変えて、インシュリンのような重要な物質を作り出します。

リン酸

  • リン酸

核酸塩基

  • シトシン
  • チミン
  • アデニン
  • グアニン

塩基対

  • シトシン
  • チミン
  • アデニン
  • グアニン

ヌクレオチド

  • アデノシン一リン酸
  • グアノシン一リン酸
  • チミジソ一リン酸
  • シチジン一リン酸

DNAの分子モデル

DNAの図式モデル

関連のエクストラ

遺伝物質の構成

直径、わずか数マイクロメーターの大きさしかない核をもつ真核細胞には、約2メートルほどの長さで、かつ何重もののコイル状となってい...

ピリミジン (C₄H₄N₂)

チミン、シトシン、ウラシルは窒素を含む複素環有機化合物であるピリミジンの誘導体です。

プリン (C₅H₄N₄)

グアニンとアデニンは複素環の芳香族有機化合物であるプリンの誘導体です。

リン酸 (H₃PO₄)

食品添加物、水垢と錆落し剤としても使われています。

2‐デオキシベータ‐D‐リボース (C₅H₁₀O₄)

DNAの構成成分であり、β-D-リボースより水酸基が一つ少なくなっています。

RNA

リン酸、リボースと塩基 (シトシン、ウラシル、アデニン、グアナイン)から構成されているポリヌクレオチドです。

出生前の発達

このアニメーションは人間の胚と胎児の発育を説明します。

細菌 (上級)

細菌は細胞核がなく、大きさが数マイクロメーターの単細胞生物です。

ゲノム編集

遺伝子を改変する技術であるゲノム編集は生物のゲノムにおける変更を示しています。このアニメーションは最もよく知られているゲノム編...

緩歩動物(クマムシ)

緩歩動物は極端的な環境や、宇宙にさえ生き残ることができます。

有糸分裂

有糸分裂は、真核細胞が二つに分かれ、染色体数は変化しません。

原核細胞と真核細胞の構造

細胞の二つの基本的なタイプがある:原核細胞と真核細胞。

アメーバ・プロテウス

世界中に広く分布されており、常に変容する従属栄養性の、単細胞生物です。

リン酸イオン (PO43–)

リン酸分子から陽子が放出されてリン酸イオンが形成されます。

エチレン(エテン)の重合

エチレンの重合でプラスチックの一種であるポリエチレンが形成されます。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

フィブロイン

フィブロインはカイコに排泄される繊維状タンパク質です。

ウイルス

ウイルスはタンパク質とDNAまたはRNAから成り立ち、ウイルスはより多くのウイルスを生み出すために感染させた細胞を再プログラム...

Added to your cart.