あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

虫垂炎

虫垂炎

盲腸とつながっている虫垂が炎症した時、すぐに手術を受ける必要があります。アニメーションは炎症の原因、結果、手術を紹介します。

生物

キーワード

虫垂炎, 虫垂, 炎症, 病気, 盲腸, 膿, 穿孔, 腹腔, 手術, 治療, 治療法, 症状, 妨害, 消化器系, 大腸, コロン, 腸, 吐き気, 痛み, 熱, 人間, 生物

関連のエクストラ

シーン

大腸と内臓

大腸

  • 盲腸 - 大腸の初めの部分です。
  • 虫垂 - 盲腸につながっています。この場所の炎症を虫垂炎といいます。
  • 上行結腸
  • 横行結腸
  • 下行結腸
  • S状結腸
  • 直腸

炎症

  • 固体粒子 - 虫垂炎は通常虫垂を閉塞する物質により起こります(例えば、アルミ箔の破片や、小さい石などです)。
  • 一般的な症状:
  • 痛み - 通常、臍部や胃のあたりから右下腹部に移動します。
  • 吐き気 (一般的)
  • 微熱 (一般的)

穿孔

  • 膿が腹腔内へ流れます。
  • 致死的な炎症が腹腔内で起こります。

手術

アニメーション

  • 盲腸 - 大腸の初めの部分です。
  • 虫垂 - 盲腸につながっています。この場所の炎症を虫垂炎といいます。
  • 固体粒子 - 虫垂炎は通常虫垂を閉塞する物質により起こります(例えば、アルミ箔の破片や、小さい石などです)。
  • 一般的な症状:
  • 痛み - 通常、臍部や胃のあたりから右下腹部に移動します。
  • 吐き気 (一般的)
  • 微熱 (一般的)
  • 膿が腹腔内へ流れます。
  • 致死的な炎症が腹腔内で起こります。

ナレーション

大腸の初めの部分は盲腸です。盲腸とつながっている虫垂の炎症を虫垂炎と呼びます。

たいてい、骨の一部や小さい種といった異物による虫垂の閉塞が原因で炎症が起こります。蓄積したにより腹腔内圧が上昇し急性の激痛を引き起こします。必ずしもではないですが、たいてい痛み臍部のあたりから始まります。そして、痛みは増強し、右下腹部に移動します。共通の症状としては、微熱吐き気嘔吐が現れます。

炎症の合併症穿孔(貫通)です。虫垂が破裂し、腹腔内に流れます。ここから、炎症は腹膜へ及び、致死的な感染症を引き起こします。

これらの症状はいつも起こるとは限りません。右下腹部に激痛と腹圧があったら、なるべく早くに医者に受診してもらうことが大切です。虫垂炎の治療は手術で虫垂を切除します。時間内に治療できなければ、虫垂炎死に繋がります。

関連のエクストラ

胸郭の骨

胸郭は肋骨、胸骨と脊柱で形成されています。

十二指腸に接続している腺

膵臓と肝臓は十二指腸に消化液を分泌します。

上部消化管

飲み込むとき、摂取した食べ物が口腔から上部消化管の最後の部分である胃まで運送されます。

小腸の構造

消化管の最も長い部分であり、消化と吸収が主にここで行っています。

内分泌系

内分泌系の腺はホルモンを分泌して、血液に放出します。

大腸の構造

大腸は消化路の最終段階です。

中耳炎

アニメーションは滲出性中耳炎の症状と治療法を紹介します。

心臓発作

心臓発作の原因は冠動脈の障害です。死を引き起こす最も一般的な病気の一つです。

深部静脈血栓と肺塞栓症

下肢の深部静脈に形成された血栓は肺に流れた場合、致命的な肺塞栓症を引き起こす可能性があります。

Added to your cart.