あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

産業革命のときの鉱業

産業革命のときの鉱業

18世紀の終わりごろ、急速に発達した工業の原料の需要のため、鉱業が発展しました。

歴史

キーワード

鉱業, 産業革命, 鉱山, 原材料, エネルギー源, 鉱山地域, 坑, 児童労働者, 採炭切羽の鉱業, つるはし, トラム, 支柱, 蒸気機関, 石炭, 鉱物資源

関連のエクストラ

シーン

鉱山

横坑道

児童就労

採炭切羽の鉱業

断面図

  • 立て杭
  • つるはし
  • シャベル
  • トラム
  • 線路
  • 支柱
  • 採炭切羽の鉱山労働者
  • 児童就労

アニメーション

  • 立て杭
  • つるはし
  • シャベル
  • 線路
  • 支柱
  • 採炭切羽の鉱山労働者
  • 児童就労

ナレーション

鉱業の歴史は人の歴史と同時に始まりました。石炭鉱業の技術と量は1780代に始まった産業革命の間に大きく変化しましたこの時代では、広く普及した蒸気機関の基本燃料は石炭でした。このため、最初はイギリスで、産業革命が普及した後で他の国でも、数多くの鉱山が開かれました。工業の様々な形態(例えば、露天採鉱坑内採鉱水中採掘)が発達しました。このアニメーションは19世紀の坑内採鉱を紹介します。
この場合、原料の上の土層を全てあるいは部分的に取り除きます。原料を取り出すためにほぼ水平に掘られた坑道シャフトを作りますトンネルはによって固定されます。

石炭はつるはしで取り出され、シャベルでバスケットとトラムに積められました。トラムは馬や労働者によって地上まで引かれました。時給は安く、場所が狭かったので子供が多く働らかせていました。子供たちはこの極端に危険で、体力的に大変な仕事を一日10-12時間も行いました。児童労働法は多くの国で数十年後に作られました。

鉱区は複数の鉱山も含んでいましたこれらは石炭を運ぶための狭軌の線路で繋がれました。再生不可能な原料の開拓や探検は結果的に残酷で不可逆的な影響自然環境に与えました。

関連のエクストラ

ジェームス・ワットの蒸気機関 (18世紀)

ジェームス・ワットはスコットランドの発明家、エンジニアであり、蒸気機関を改良し、産業革命の推進に貢献しました。

露天掘り鉱山

地下鉱山と異なって、露天掘り鉱山の場合は、石炭が覆われたレイヤーを除去して、石炭が表面から掘り出せます。

坑内採炭

天然掘り鉱山と異なって、坑内採炭の場合は石炭を覆っている層を外さず、石炭は縦坑を通じて採掘されます。

工業団地

工業団地は工業のためにサービスや基本的施設を提供します。

ねじり天秤装置

ねじり天秤装置に搭載されたねじりワイアーのねじ曲がりで力の強度が測れます。

スチーブンソンのロケット号(1829年)

イギリスのエンジニア、ジョージ・スチーブンソンの機関車は1829年に機関車コンテストのために作られました。

繊維工業における発明品、18世紀

18世紀の発明品のおかげで、繊維工業が発展しました。

織物工場 (19世紀)

18世紀のは発明品のおかげで、織物工場は最も重要な工場の一つになりました。

採金 (19世紀)

カリフォルニアのゴールドラッシュは1848年に、サンフランシスコの近くに始まりました。

油井の操作

原油を地面に吸い上げる装置です。

石油プラットフォーム

プラットフォームの中心的な長い管は石油を含む海底の地層まで入り込みます。

労働者階級の地区(19世紀)

産業革命のとき、不衛生な生活環境を持つ労働者階級の地区ができました。

Added to your cart.