あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

補酵素A

補酵素A

補酵素Aは酵素反応においてアセチル基を提案する補酵素です。

生物

キーワード

補酵素A, アセチル基, carrier coenzyme, クエン酸回路, 代謝プロセス, 異化, 異化プロセス, 生化学, 化学, 生物

関連のエクストラ

シーン

補酵素A

補酵素A (C₂₁H₃₆N₇O₁₆P₃S)

情報

モル質量: 767.54 g/モル

特徴

ヌクレオチド誘導体である補酵素Aはに対して高溶解性ですが、アルコール、エーテルとアセトンには溶解しません。

生物の代謝過程において、同化作用異化作用にもかかわっているアシル担体補酵素です。 その最も知られている誘導体はアセチル補酵素A(acetyl CoA)です。この物質は、クエン酸回路に必要なアセチル基を運送します。

発生と生産

すべての代謝的な意味で活性細胞に見られます。人体では、肝臓によってビタミンBから合成されます。

補酵素A空間充填

ナレーション

関連のエクストラ

酵素

タンパク質で構成されている酵素は生化学反応の触媒として機能しています。酵素の活動は規制されます。

ADP, ATP

ATPは細胞のエネルギー源になる最も重要な物質です。

NAD, NADP, NADPH

NADは異化プロセスのおいて重要で、NADPは同化プロセスに水素を運ぶ補酵素として重要な役割が持っています。

リン酸イオン (PO43–)

リン酸分子から陽子が放出されてリン酸イオンが形成されます。

プリン (C₅H₄N₄)

グアニンとアデニンは複素環の芳香族有機化合物であるプリンの誘導体です。

リン酸 (H₃PO₄)

食品添加物、水垢と錆落し剤としても使われています。

ベータ‐D‐リボース (C₅H₁₀O₅)

核酸、補酵素、ヌクレオチドとヌクレオシドを構成する晶性化合物です。

Added to your cart.