あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

兵器 (第一次世界大戦)

兵器 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、新しい兵器が発達させ、軍事技術が大きく変化しました。

歴史

キーワード

武器, 遠隔武器, 世界大戦, 第一次世界大戦, 火砲, モルタル, マシンガン, 火炎放射器, ガスマスク, 軍技術, カートリッジ, モダン, デバイス

関連のエクストラ

シーン

第一次世界大戦 の兵器

  • 迫撃砲
  • 多筒式の機関銃
  • 防毒マスク
  • トーチ
  • 機関銃

フランスの 速射砲

  • 銃身
  • 銃眼
  • 砲のたて
  • ハンドル車
  • 後装銃メカニズム
  • 砲架

オーストリア・ ハンガリーの臼砲

  • 砲口
  • 発射の高さを調節する設備
  • クレードル装置
  • 360° 回転可能
  • 銃身
  • クレードル
  • ハンドル車
  • 礎盤

フランスの 機関銃

  • 引き金
  • 照星
  • 銃身
  • 台尻
  • 胸骨柄
  • 発射体
  • 弾倉
  • 木造トレッスル

ドイツの 火炎放射器

  • 銃身
  • タンク
  • 発火管
  • 調節ハンドル
  • ガス管
  • ベルト

防毒マスク

  • 目を守るガラス
  • ベルト
  • フィルター
  • マスク
  • タンク

関連のエクストラ

戦車 (第一次世界大戦)

1910年代の真中ごろ発達させた戦車は第一次世界大戦の陸上作戦に重要な役割を果たしていました。

塹壕 (第一次世界大戦)

塹壕戦は第一次世界大戦野特徴の一つでした。

火器

19-20世紀、世界中の勢力のある国が火器を発達するために多大な努力をしました。

フランスの兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦のとき、フランスは軍事同盟であった三国協商のメンバーでした。

ドイツの兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

英国の兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦のとき、イギリスは三国協商という軍事同盟のメンバーでした。

フォッカー・ドライデッカーI (1917年)

ドイツの三葉機は第一次世界大戦の一番有名な航空機でした。

戦艦 (ドレッドノート、1906年)

イギリス海軍のドレッドノートは20世紀の革命的な戦艦でした。

ユトランド沖海戦 (1916年)

イギリス海軍とドイツ海軍が戦っていたユトランド沖海戦は第一次世界大戦野最大な海戦でした。

火砲の動作 (18世紀)

近代前期ごろ、火砲は火器に大切な種類でした。陸上と海にも使われていました。

艦砲 (17世紀)

艦砲は海戦上で使われたものです。

38Mトリディ軽戦車

この軽戦車は第二次世界大戦でハンガリー軍に使用されました。

SM U-35型潜水艦 (ドイツ、1912年)

潜水艦は第一次世界大戦の時、重要な役割を果たしていました。

アメリカの兵士(第二次世界大戦)

第二次世界大戦のとき、アメリカの兵士はほぼすべてに地方に戦っていました。

ドイツの兵士 (第二次世界大戦)

第二次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

戦車 (第二次世界大戦)

戦車は第二次世界大戦において重要な役割を果たしていました。

ソビエト連邦軍の兵士 (第二次世界大戦)

第一次世界大戦後、ソ連軍は国の大きさと兵器のおかげで、非常な権力を持つ陰の実力者になりました。

原子爆弾(1945年)

原子爆弾は人類の歴史上に最も破壊力がある武器の一つです。

アメリカの海軍(21世紀の始め)

米国の海軍に入っている約200人の特徴的な訓練していたメンバーは米軍の重要な部分です。

Added to your cart.