あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

ティラノサウルス・レックス (暴君竜)

ティラノサウルス・レックス (暴君竜)

大型の肉食類で、一番有名な恐竜です。

生物

キーワード

先史時代の生き物, ティラノザウルス・レックス, ティラノサウルス・レックス, 獣脚竜, T.レックス, 恐竜, 絶滅しました, トレックス, T・レックス, 爬虫類, 化石, 白亜紀, 捕食者, 肉食, 脊索動物門, 復興, 生物, 動物

関連のエクストラ

イクチオステガ

先史時代の両生類であり、四肢動物の原始的な動物の一種です。約3億6千万年前に絶滅しました。

デイノニクス

「恐ろしい鉤爪」を意味するデイノニクスは肉食性のドロマエオサウルス科に属していました。

始祖鳥

始祖鳥は鳥類と爬虫類、両方の特徴があります。鳥類の祖先だと思われています。

トリケラトプス

白亜紀に生息した草食性の恐竜です。3本の角と首の周りにあったフリルで容易にわかります。

ステゴサウルス

先史時代に生息した爬虫類の一種です。背中にある骨のプレートは体温調節をします。

プテラノドン・ロンギケプス

鳥に似ている先史時代の飛べる爬虫類です。しかし、鳥と直接進化的な繋がりがありません。

魚竜

イルカに似ていて、海に生息していた恐竜でした。収束進化の例としても述べられます。

アンモナイト

固い外骨格を持つ、絶滅した頭足類のグループです。優れた標準化石です。

ホモエレクトス

この直立姿勢の人間はツールを使ったり、火を点けたりすることができました。

ヨーロッパクサリヘビ

ヨーロッパで広く分布している毒を持つ蛇です。人間に対して毒はほとんど致命的ではありません。

石炭紀の植物相と動物相

このアニメーションはデボン紀とペルム紀の間(3億5800万年–2億9900万年前)に生息していた動物と植物を紹介します。

ケナガマンモス

長鼻類に属していた絶滅動物です。現在のゾウの類縁です。先史の人間はよく狩られて捕まえました。

Added to your cart.