あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ティラノサウルス・レックス (暴君竜)

ティラノサウルス・レックス (暴君竜)

大型の肉食類で、一番有名な恐竜です。

生物

キーワード

先史時代の生き物, ティラノザウルス・レックス, ティラノサウルス・レックス, 獣脚竜, T.レックス, 恐竜, 絶滅しました, トレックス, T・レックス, 爬虫類, 化石, 白亜紀, 捕食者, 肉食, 脊索動物門, 復興, 生物, 動物

関連のエクストラ

シーン

ティラノサウルス・レックス

大きさ

  • 体長: 10-14 m
  • 体重: 5.6-6.9 トン
  • 十字部高: 4 m

解剖

  • 巨大な頭
  • 後ろへ曲がっている 切歯
  • 短くて、筋肉質の首
  • 小さな前足 (指が二本)
  • 長くて、重い尾
  • 大きくて、筋肉質の後足

骨格

アニメーション

ティラノサウルス・レックスという暴君竜はティラノサウルス属に属する、一番有名な種類です。6700万年から6550万年前の白亜紀後期に生息していました。頂点捕食者であった可能性がありますが、ある意見によると腐食動物だった可能性もあります。

前足小さいが、強靭でした:交配摂食立ち上がるときに使われた可能性が高いです。後足大きく強靭でした:走るとき重要な役割を果たしていました。
巨大な重さの頭と体のバランスを保つために、長くて、重かったです。昔の意見によると、尾は体を支えるためにあると思われていましたが、これは間違えであると証明されました。歩行時のティラノサウルス・レックスの脊椎はほぼ水平でした。

1990年にアメリカで初めてティラノサウルス・レックスの骨格の一部が発見されました。それ以来、30個以上見つかり、研究者に恐竜の特徴について多くの情報を与えています。

復元

暴君竜

ゲーム

ナレーション

ティラノサウルス・レックスという暴君竜はティラノサウルス属に属する、一番有名な種類です。6700万年から6550万年前の白亜紀後期に生息していました。頂点捕食者であった可能性がありますが、ある意見によると腐食動物だった可能性もあります。

前足小さいが、強靭でした:交配摂食立ち上がるときに使われた可能性が高いです。後足大きく強靭でした:走るとき重要な役割を果たしていました。
巨大な重さの頭と体のバランスを保つために、長くて、重かったです。昔の意見によると、尾は体を支えるためにあると思われていましたが、これは間違えであると証明されました。歩行時のティラノサウルス・レックスの脊椎はほぼ水平でした。

1990年にアメリカで初めてティラノサウルス・レックスの骨格の一部が発見されました。それ以来、30個以上見つかり、研究者に恐竜の特徴について多くの情報を与えています。

関連のエクストラ

ヨーロッパアナグマ

アナグマは夜中に活動している雑食の哺乳類です。アナグマの集団は複雑な巣穴に生活します。

捕食

食物連鎖の上の捕食者は、他の動物を捕食します。この関係は、ハンターと捕食される生物であります。

光受容器官の多様性

進化しながら、様々な光受容器官の種類が発生しました。

ヨーロッパトノサマカエル

このアニメーションはヨーロッパトノサマカエルを例として両生動物の解剖を紹介します。

家犬

犬はオオカミの家畜化された亜種です。

シロフクロウ

惑星の遠い北部地域に住んでいるこのフクロウの種はタイガとツンドラの過酷な条件に見事に適応しています。

タイリクオオカミ

オオカミの家畜は以上10000年前に始まりました。人間の後、最も普及哺乳動物です。

マガモ

ガンカモ類の最も一般的なタイプの1つはアヒルの祖先です。

Added to your cart.