あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

4ストロークのオットーエンジン

4ストロークのオットーエンジン

アニメーションは自動車に使われている機関の最も一般的な種類を紹介します。

物理

キーワード

オットーエンジン, エンジン, 4ストローク, 自動車, 星形機関, クランクシャフト, バルブ, シリンダー, ピストン, 点火プラグ, 燃焼, スパーク, 摂取, 圧縮, 爆発, 動力行程, 仕事, 循環, ガソリン機関, 内燃機関, ガソリン, キャブレター, 力学的エネルギー, 煙道ガス, 環境汚染, 大気汚染, 車, 自動車工場, 自動車製造, 熱力学, 熱機関, 熱エネルギー, 物理

関連のエクストラ

シーン

エンジン

  • エンジンブロック - 根人の金属製のハウジング。
  • 変速装置 - エンジンと駆動軸の間のトランスミッションを設定します。クランクシャフトの一回の間、被駆動車輪の回転数を変更します。低いギヤの場合は、エンジンの出力が高いですが、速度が低いです。高いギヤの場合は、自動車の速度が速く、使われている燃料が低いです。加速が遅いです。
  • 空気フィルタ - 機関の燃料室に燃焼に必要な酸素を含む空気が入り込みます。空気はフィルターによって浄化させられます。
  • 吸気マニホルド - これを通じて燃焼に必要な酸素を含む空気が気管に流れ込みます。
  • 排気マニホールド - これを通って排気ガスが放出されます。
  • タイミングベルト - クランクシャフトの回転運動をカムシャフトに伝達します。
  • 点火配電器 - 点火プラグの共同操作を保護する。

動作

  • 吸気ポート - これを通じて空気が燃焼室(シリンダーの中で、ピストンの上の空間)に流れ込みます。
  • 点火プラグ - ガソリンと空気の混合物を点火します。点火された混合物の燃焼によりピストンが押されます。
  • 排気口 - これを通って排気ガスが放出されます。
  • 吸気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第一ストロークで開かれます。ピストンが下に下がり、シリンダーの中に圧力が減少されるので、混合物が流れ込みます。
  • 排気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第四ストロークの時、ピストンが上に上がり、排気ガスが排出されます。
  • ピストン - これの上下運動によりクランクシャフトが回転します。燃料の爆発により下に下がります。回転させられたクランクシャフトの慣性のため、シリンダーの中で上下に動きます。その後は、さらに点火が行われます。
  • シリンダー - 中には燃料の点火とピストンの上下の動きが行う。
  • 連接棒
  • 車軸 - ピストンの上下運動はクランクシャフトを回転させます。

第1ストローク

  • 吸気ポート - これを通じて空気が燃焼室(シリンダーの中で、ピストンの上の空間)に流れ込みます。
  • 点火プラグ - ガソリンと空気の混合物を点火します。点火された混合物の燃焼によりピストンが押されます。
  • 排気口 - これを通って排気ガスが放出されます。
  • 吸気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第一ストロークで開かれます。ピストンが下に下がり、シリンダーの中に圧力が減少されるので、混合物が流れ込みます。
  • 排気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第四ストロークの時、ピストンが上に上がり、排気ガスが排出されます。
  • ピストン - これの上下運動によりクランクシャフトが回転します。燃料の爆発により下に下がります。回転させられたクランクシャフトの慣性のため、シリンダーの中で上下に動きます。その後は、さらに点火が行われます。
  • シリンダー - 中には燃料の点火とピストンの上下の動きが行う。
  • 連接棒
  • 車軸 - ピストンの上下運動はクランクシャフトを回転させます。

第2ストローク

  • 吸気ポート - これを通じて空気が燃焼室(シリンダーの中で、ピストンの上の空間)に流れ込みます。
  • 点火プラグ - ガソリンと空気の混合物を点火します。点火された混合物の燃焼によりピストンが押されます。
  • 排気口 - これを通って排気ガスが放出されます。
  • 吸気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第一ストロークで開かれます。ピストンが下に下がり、シリンダーの中に圧力が減少されるので、混合物が流れ込みます。
  • 排気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第四ストロークの時、ピストンが上に上がり、排気ガスが排出されます。
  • ピストン - これの上下運動によりクランクシャフトが回転します。燃料の爆発により下に下がります。回転させられたクランクシャフトの慣性のため、シリンダーの中で上下に動きます。その後は、さらに点火が行われます。
  • シリンダー - 中には燃料の点火とピストンの上下の動きが行う。
  • 連接棒
  • 車軸 - ピストンの上下運動はクランクシャフトを回転させます。

第3ストローク

  • 吸気ポート - これを通じて空気が燃焼室(シリンダーの中で、ピストンの上の空間)に流れ込みます。
  • 点火プラグ - ガソリンと空気の混合物を点火します。点火された混合物の燃焼によりピストンが押されます。
  • 排気口 - これを通って排気ガスが放出されます。
  • 吸気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第一ストロークで開かれます。ピストンが下に下がり、シリンダーの中に圧力が減少されるので、混合物が流れ込みます。
  • 排気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第四ストロークの時、ピストンが上に上がり、排気ガスが排出されます。
  • ピストン - これの上下運動によりクランクシャフトが回転します。燃料の爆発により下に下がります。回転させられたクランクシャフトの慣性のため、シリンダーの中で上下に動きます。その後は、さらに点火が行われます。
  • シリンダー - 中には燃料の点火とピストンの上下の動きが行う。
  • 連接棒
  • 車軸 - ピストンの上下運動はクランクシャフトを回転させます。

第4ストローク

  • 吸気ポート - これを通じて空気が燃焼室(シリンダーの中で、ピストンの上の空間)に流れ込みます。
  • 点火プラグ - ガソリンと空気の混合物を点火します。点火された混合物の燃焼によりピストンが押されます。
  • 排気口 - これを通って排気ガスが放出されます。
  • 吸気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第一ストロークで開かれます。ピストンが下に下がり、シリンダーの中に圧力が減少されるので、混合物が流れ込みます。
  • 排気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第四ストロークの時、ピストンが上に上がり、排気ガスが排出されます。
  • ピストン - これの上下運動によりクランクシャフトが回転します。燃料の爆発により下に下がります。回転させられたクランクシャフトの慣性のため、シリンダーの中で上下に動きます。その後は、さらに点火が行われます。
  • シリンダー - 中には燃料の点火とピストンの上下の動きが行う。
  • 連接棒
  • 車軸 - ピストンの上下運動はクランクシャフトを回転させます。

内部構造

  • 冷却器 - 機関の動きで冷却水が加熱され、熱が環境に放出されます。
  • エンジン
  • 変速装置 - エンジンと駆動軸の間のトランスミッションを設定します。クランクシャフトの一回の間、被駆動車輪の回転数を変更します。低いギヤの場合は、エンジンの出力が高いですが、速度が低いです。高いギヤの場合は、自動車の速度が速く、使われている燃料が低いです。加速が遅いです。
  • 駆動軸 - エンジンのクランクシャフトの回転動きを車輪に伝達する。
  • ガソリンタンク - 4サイクルのオットーエンジンの燃料はベンゼンです。オクタン価はベンゼンの重要な特質です。オクタン価が高ければ高いほど沸点が高いです。より効率よくて、圧縮できます。
  • 差動装置 - コーナリングの時、外側の車輪の速度は内側の車輪より速いです。
  • 被駆動軸 - クランクシャフトの回転エネルギーは駆動軸により被駆動軸に伝達される。
  • 排気管 - これを通って排気ガスが放出されます。

シリンダ

  • 車軸 - ピストンにより動かされます。この回転運動は駆動軸を通じて被駆動軸に伝われ、そしてタイミングベルトを通じて弁を動かすカムシャフトに伝達されます。
  • カムシャフト - この部分の回転により弁の動きが調整されます。回転はタイミングベルトを通じてクランクシャフトにより調節されます。
  • ピストン - ピストンの上下の運動はクランクシャフトの回転する力になります。
  • バルブ - ガソリンと空気の混合物の注入と排気ガスと排出を調整します。タイミングベルトを通じてクランクシャフトに動かされます。

アニメーション

  • 変速装置 - エンジンと駆動軸の間のトランスミッションを設定します。クランクシャフトの一回の間、被駆動車輪の回転数を変更します。低いギヤの場合は、エンジンの出力が高いですが、速度が低いです。高いギヤの場合は、自動車の速度が速く、使われている燃料が低いです。加速が遅いです。
  • 駆動軸 - エンジンのクランクシャフトの回転動きを車輪に伝達する。
  • 車軸 - ピストンにより動かされます。この回転運動は駆動軸を通じて被駆動軸に伝われ、そしてタイミングベルトを通じて弁を動かすカムシャフトに伝達されます。
  • カムシャフト - この部分の回転により弁の動きが調整されます。回転はタイミングベルトを通じてクランクシャフトにより調節されます。
  • ピストン - ピストンの上下の運動はクランクシャフトの回転する力になります。
  • 吸気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第一ストロークで開かれます。ピストンが下に下がり、シリンダーの中に圧力が減少されるので、混合物が流れ込みます。
  • 排気弁 - この部分の開きと閉じがピストンの動きにより調整されます。第四ストロークの時、ピストンが上に上がり、排気ガスが排出されます。
  • ピストン - これの上下運動によりクランクシャフトが回転します。燃料の爆発により下に下がります。回転させられたクランクシャフトの慣性のため、シリンダーの中で上下に動きます。その後は、さらに点火が行われます。
  • シリンダー - 中には燃料の点火とピストンの上下の動きが行う。
  • 車軸 - ピストンの上下運動はクランクシャフトを回転させます。

ナレーション

自動車はエンジンに駆動されています。エンジンにあるクランクシャフトの回転は駆動軸により車輪に伝達されます。
駆動された車輪のクランクシャフトの一周する間の回転数はギアボックスにより変えられます。低速ギアでは、自動車の出力が強いですが、速度が遅いです。高速ギアでは、自動車の速度が速いですか、加速が遅いです。

自動車に使われている最も一般的なエンジンは四サイクルのオットーエンジンです。

エンジンにあるピストン上下運動クランクシャフト回転に変えられます。クランクシャフトは駆動軸を動かし、それはタイミングベルトを通じてカムシャフトを駆動します。
カムシャフトはの動きを調整します。弁の調整された開け閉じにより空気の吸収排気ガスの排出が行われます。

第一ストロークは吸入です。ピストンが下の方に動くと、シリンダーでの圧力が下がります。吸気弁が開き空気がシリンダーに流れ込みます。

第二ストロークは圧縮です:吸気弁と排気弁閉じています。クランクシャフトと釣合い重りの動きによりピストン上がり、空気が収縮させるので、空気の温度が上がります。

第三ストロークは燃焼です。収縮されて、暖かくなった空気に注入されたディーゼル油が点火します。ベンゼンで動くエンジンと違って、ディーゼルエンジンにおいて燃料の点火にはスパークプラグが必要ありません。爆発の力で、ピストンが下がります。

第四ストロークは排気です。ピストンが上に上がり、排気弁が開き、排気ガスが放出されます。

ピストン上下運動クランクシャフト回転運動に変換されます。ピストンの動きに必要なエネルギーがベンゼンの燃焼に保管されます。
オクタン価はベンゼンの重要な特質です。オクタン価が高ければ高いほど沸点高いです。より効率よくて、圧縮できます。

関連のエクストラ

星形エンジン(ラジアルエンジン)

星形エンジンは主に飛行機やヘリコプターで利用されています。

ディーゼルエンジン

ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルは1893年に、ディーゼルエンジンの特許を出願しました。

ヴァンケルエンジン

最も効果的なロータリーエンジンの一種です。

スターリングエンジン - 熱気機関

スターリングエンジンは外燃機関とも呼ばれています。外燃機関には内燃機関(オットーエンジンなど)と異なって、燃焼がシリンダーで行...

2ストロークエンジン

2ストロークエンジンは内燃エンジンの一種であり、2行程で1サイクルとします。

アイオロスの球

最初の蒸気機関はヘロンに発明されたが、ヘロン自身もおもちゃとして見なされました。

理想気体のPVT状態方程式

理想気体の気圧、体積と温度の関係は状態方程式に記されています。

オートバイ

アニメーションはオートバイの構造を紹介します。

どのようにして動く?ー変速装置

変速機システムにおいて、エンジントルクは回転速度を低減や加速させることによって加減します。

直流電動機

直流電動機には永久磁石と電流を流すコイルが含まれています。

差動装置はどのように動作しますか。

差動装置は車が曲がるときに異なる速度で回転する車の駆動輪を可能にします。

石油プラットフォーム

プラットフォームの中心的な長い管は石油を含む海底の地層まで入り込みます。

歯車の種類

二つの、組み合わせた歯車は回転しながら回転力を伝動されます。

環境に優しい自動車

内燃機関と電気推進装置を組み合わせると、有害物質の排出が少なくなります。

石油精製

原油を精製してディーゼル油、ガソリン、潤滑油などが製造されます。

自動車の構造

アニメーションは自動車の外部と内部の構造、動作を紹介します。

パテント・モトールヴァーゲン(カール・ベンツ、1886年)

ベンツのパテント・モトールヴァーゲンは世界中で使われ、最初の内燃機関エンジンによって動く自動車とみなされています。

ジェームス・ワットの蒸気機関 (18世紀)

ジェームス・ワットはスコットランドの発明家、エンジニアであり、蒸気機関を改良し、産業革命の推進に貢献しました。

最初のハンガリーの車 (1904年)

ハンガリーの技術者であるチョンカ・ヤーノシュが初めての車を郵便局のために製造しました。

フォード・モデルT

アメリカの自動車会社の人気のモデルは世界で最初の大量生産車でした。

フォーミュラ1 レーシングカー(F1)

フォーミュラ1は自動車レースの中で一番有名で、最高峰のレーシングカーです。

酸素 (O₂) (基礎)

無色無臭の気体で、地球上の生命に不可欠で、大気の構成成分です。

電気自動車

テスラ・モデルSは初めての市販されていて、日常的な使用に適した電気自動車です。

油井の操作

原油を地面に吸い上げる装置です。

バス

バスは公共交通において重要な役割を果たしています。

Added to your cart.