あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

16世紀のアルハンブラ宮殿 (スペイン)

16世紀のアルハンブラ宮殿 (スペイン)

この素晴らしい宮殿の名前はアラビア語の「赤」を由来します。

視覚芸術

キーワード

アルハンブラ, ヘネラリフェ, アルカサバ, チャールズ5世宮殿, グラナダ, スペイン王国, スペイン, カール5世, ムーアスタイル, 歴史, アラブ建築, 16世紀, 近代史, 宮殿, 要塞, 給水管, 建築, 美術史, レコンキスタ, イスラム教, キリスト教

関連のエクストラ

シーン

グラナダ

  • アルハンブラ
  • ヘネラリフェ
  • コルドバの宮殿
  • 聖ピーター・ポール教会
  • 聖アンナ教会
  • 城壁
  • ロイヤル・チャンセリー
  • カサ・デ・ロス・ティロス
  • 大聖堂
  • ダロ川 - アルハンブラに水を提供する川です。
  • 聖セシル教会
  • 聖ドミニク教会
  • ヘニル川

1474年に、イザベラ1世フェルナンド2世が結婚(カトリック両王とも呼ばれる)によって、アラゴンカスティーリャが併合しました。その数年後、1492年に行ったグラナダの占領とともに、イベリア半島での最後のイスラム教の要塞もなくなり、アル=アンダルスにおける八百年に渡って続いたムスリムの支配が終わりました。グラナダ王国貿易における重要さ自然環境のために、キリスト教のスペイン人に抵抗できました。グラナダ王国は南イベリア半島にある山脈で保護され、ワッタース朝に統治された北アフリカの王国から軍事支援も行われました。キリスト教の王国の間の競争カスティーリャの内部抗争のため、グラナダ王国が数百年に渡って繁栄しました。

以前の王国の首都グラナダは西にある沃野を除けば、山脈に囲まれていました。シエラ・ネバダ山脈は都市の南に位置しています。イベリア半島の最も高くて、3000メートルを超える頂点はこの山脈にあります。

アルハンブラというムーア宮殿要塞がグラナダに位置しています。名前はアラビア語の「」を由来します。宮殿はダロ川ヘニル川の間の丘の上に、都市の最も古い部分であるアルバイシンに面して位置しています。壁は城壁と繋がったことにより、アルハンブラは都市内で難攻不落の城塞となっていました。城塞の中には宮殿中庭要塞(アルカサバ)とこのタイプの建造物の典型的な従属建物がありました。

アルハンブラはグラナダの王族住宅となっていました。アンダルシア美術を表する装飾的スタイルの上、周辺の環境に一致していることでより綺麗に見えます。中庭噴水に水を提供している給水管は当時の住民に飲料水を与えていました。現在も使用されていて、宮殿の神秘的な雰囲気を強調します。

アルハンブラ

  • アルカサバ - アルハンブラの城塞です。アラビア語で「壁で囲まれた要塞」を意味します。
  • プラザ・デ・ロス・ アルヒベス  - 貯水池広場
  • プエルタ・デル・ ビノ  - ブドウ酒の門
  • プエルタ・デ・ラ・ フスティシア  - 裁きの門
  • カルロス5世の宮殿
  • メインモスク
  • ロイヤル・ストリート - アルハンブラの大通りでした。
  • パラシオ・デ・ロス・ アベンセラヘ
  • ムスクの風呂
  • 聖フランシスコ修道院
  • マチュカの庭園
  • メスアール
  • パティオ・デ・ロス・ アラヤネス - ギンバイカの中庭
  • パティオ・デ・ラ・ リンダラハ - リンダラハの中庭
  • パルタル
  • パティオ・デ・ロス・ レオネス - ライオンの中庭
  • ユースフ3世の宮殿
  • アルバイシン - グラナダの一部です。
  • 送水管

アルハンブラはナスル朝の統治下二百五十年に渡って建設されていました。現在は、アルハンブラを囲む素晴らしい森林がなかった当時の状態が想像しにくいでしょう。しかし、木が多くあると要塞の保護が困難になっていたので、昔は周囲の森がありませんでした。最初の木はカルロス5世の統治下に、連絡道路に沿って植えられていました。その後は19世紀の初め頃にが多く植えられました。

ムハンマド1世の1238年に行った即位の後、アルハンブラはナスル朝の住居として使われるようになりました。最も重要な宮殿1333年1392年の間、ユースフ1世ムハンマド5世の統治下に建設されました。最も豊富に飾られた宮殿であるパラシオ・デ・コマレス(コマレス宮殿)とパラシオ・デ・ロス・レオネス(ライオンの宮殿)は14世紀に建てられました。建造物は台となっている丘の楕円形の形に適合されて設計されました。長さが740メートルであり、幅が40‐180メートルです。

壁に沿って建てられた保護の役割が失った後、14世紀に城として使われるようになりました。塔の中で現在は22本現存しています。

ナスル朝宮殿

  • クアルト・ドラド - 金メッキした間
  • トーレ・デ・コマレス - コマレス塔
  • パティオ・デ・ラ・レハ - 鍛造された鉄格子の中庭
  • カルロス5世の部屋
  • ペイナドル・デ・ラ・レイナ - 女王の着替え室がここにありました。
  • コマレス宮殿
  • サラ・デ・ドス・ヘルマナス - 二姉妹の間
  • パティオ・デ・ラ・ リンダラハ - リンダラハの中庭
  • パラシオ・デ・ロス・レオネス - ライオンの宮殿
  • ムーア人の住宅
  • トーレ・デ・ラス・ダマス - 貴族婦人の塔
  • パティオ・デ・ロス・ アラヤネス - ギンバイカの中庭
  • サラ・デ・ロス・モカラベス - ムカルナスの間
  • 浴場
  • パティオ・デ・ロス・ レオネス - ライオンの間
  • サラ・デ・ロス・レイエス - 王の間
  • ハーレム
  • サラ・デ・ロス・アベンセラヘ
  • カルロス5世の宮殿
  • パルタルのプール
  • 祈とう堂
  • メスアール

メスアール

メスアールはアルハンブラのある最も古い宮殿の一つです。マチュカの中庭、そのギャラリーで構成されています。カルロス5世の宮殿の建設が依頼された建築家、ペドロ・マチュカとその息子ルイにちなんで名づけられました。その近くには王が正義を施す法廷があります。その以外は、閣議もこの場所で行われていました。この建物が最も多く修復されました。ムスリムキリスト教の建築スタイルの特徴が見られます。

金めっきした部屋(クアルト・ドラド)と祈とう堂もこの宮殿にあります。祈とう堂は南東に、メッカの方に面しています。

コマレス宮殿 (パラシオ・デ・コマレス)

コマレス宮殿は王の公式な居住する場所でした。バルカの間(サラ・デ・ラ・バルカ)、大使の間(サロン・デ・ロス・エンバハドレス・オ・デル・トロノ)と王座の間など多くの部屋が含まれています。以上の部屋はダロ川に面しているコマレス塔の中にあります。これは建造物の最も重要な部分であり、王国の政治と外交活動もここで行われていました。このムスリムの宮殿の壮大さと上品さは装飾豊富さのみではなく、壁に書かれたエミールへの称賛と詩を見てわかります。ギンバイカの中庭(パティオ・デ・ロス・アラヤネス)を通って建物に入ることができます。昔は宮殿に訪れた客もここで待っていたと思われています。中庭はプールの両側に沿って植えられたギンバイカに名づけられました。

大使の間の近くに風呂がありました。ここには特別扱いされる重要な人物が招待されました。風呂の中には水が冷たいプール、水が暖かいプールと水が熱いプールと休憩を取るための多くの部屋がありました。手洗い、そして音楽家用のギャラリーもありました。風呂には男性と女性は別に入っていました。

ライオンの宮殿 (パラシオ・デ・ロス・レオネス)

この特別にきれいな宮殿の建設はムハンマド5世の統治下に始まりました。アルハンブラの中で最も特徴的で、人気なスポットの一つであるライオンの中庭(パティオ・デ・ロス・レオネス)を中心として周囲に建設されました。建築の時、新たな美術的と形式概念実行されました。その中の一つは、イスラム教に禁じられた動物の像の彫刻でした。

ライオンの中庭は隠し庭のような囲まれた場所であり、イスラム教の信者に楽園とみなされました。スルタンもここで居住し、それと別に、女性のためのスペースもありましたが、伝統的な意味でのハーレムはありませんでした。寝室があったアベンセラヘの間(サラ・デ・ロス・アベンセラヘ)もその隣にありました。休憩するには理想的な場所であり、特徴的な設計のため暖かい空気が部屋の上に流れたので、夏でも平均温度が22℃を超えていませんでした。

ライオンの中庭の周りに他の部屋もありました:諸王の間(サラ・デ・ロス・レイエス)、ムカルナスの間(サラ・デ・ロス・モカラベス)と二姉妹の間(サラ・デ・ドス・ヘルマナス)。:諸王の間はムスリムとキリスト教の人物、そしてナスル朝の王を描写する絵にちなんで名づけられました。

中庭から南西に位置するパルタルには、小さくて階段状に配置している庭があります。これらの小さな庭が丘の形に適応されています。パルタルの中で現存しているのは貴婦人の塔(トーレ・デ・ラス・ダマス)とプールです。その以外はユースフ3世の居住地、小さなモスク、昔の住宅、道路、噴水と階段などの遺跡のみが見られます。

アルカサバ

アルハンブラの最も古い部分です。都市、畑とアルハンブラ全体の管理と保護の面で理想的な場所で、丘の最も高い所に位置しています。この役割を果たすため、要塞化されました。最も古い部分はおそらく11世紀ごろ建設されたと思われています。

アルカザバは13世紀ごろ、巨大な塔が建設されたあと現在の外観を得ました。最も大きな塔は:西にある見張り塔(トーレ・デ・ラ・ベラ)、そして東にある天守閣(トーレ・デル・ホルメナヘ)、ケブラダとアダルゲロです。宮殿は道路に囲まれ、その入り口はアルマスの門(プエルタ・デ・ラス・アルマス)です。

グラナダの王は最初から要塞の保護を気にし、アルハンブラの要塞化もこの時から始まりました。に関する革新が多かったです。この作業の結果として、アルハンブラは軍事的にほとんど入り込めない場所となっていました。主な革新は以下のようでした:

要塞の入り口は壁を通じてではなく、を通過していました。塔の中の廊下曲がり角が多すぎるため、敵の進行が遅くなり、塔の上からの攻撃しやすかったです。

川の近くに建てられた塔まで続く壁があったため、長期間続く戦いの時でも、アルハンブラの居住者は水を十分に手に入れることができました。

カルロス5世の宮殿

1492年1月2日に、カトリック両王はグラナダを取り戻されました。その後は、アルハンブラの最後の変形が行いました。1526年改革が達成されることによって、カルロス5世と王族が命じたようにコマレス宮殿の周辺にある中庭(パティオ・デ・ラ・リンダラハとパティオ・デ・ラ・レハ)の外観が変形されました。16世紀に始まったキリスト教の王の統治下に建てられたのはカルロス5世の噴水聖マリア教会聖フランシスコ修道院。カトリック両王は最初聖フランシスコ修道院に葬られ、その後はグラナダのチャペル・ロイヤルに墓がうつされました。

カルロス5世の宮殿は最も人目に付くキリスト教の増築部分です。この建造物は建設された途中から宮殿の一部にったが、完成されたのはもっと後のことでした。現在、中には二つの博物館が入っています。

カルロス5世は1526年にアルハンブラを初めて訪れました。イサベル・デ・ポルトゥガルとの新婚旅行の時、数か月アルハンブラに泊まっていました。アルハンブラのきれいさに憧れて、当時最も快適な宮殿の建設を命じました。イタリアのルネサンス様式に詳しい建築家、ペドロ・マチュカに設計されました。建築は1527年に始まりました。

この建物はスペインのルネサンスの最も重要な建物の一つとしてみなされています。大きくて円形の中庭はスペインの中で特徴的です。

ヘネラリフェ

  • パティオ・デ・ラ・アセキア - かんがい用水路の中庭
  • 西のパビリオン (イスマイルの塔)
  • 水の階段
  • パティオ・デル・シプレス デ・ラ・スルタナ - スルタナの庭でした。
  • 東のパビリオン
  • カサ・デ・ロス・アミゴス - 民宿
  • パティオ・デ・ポロ - きゅう舎の場所でした。
  • 昔の入り口

ヘネラリフェはアルハンブラの近くに位置しています。この夏の別荘13世紀の末頃建設されました。もともとはムスリムの王がリラックスするスペースという役割がありました。アルハンブラと別れて建てられた宮殿にはダロ川の方から入れます。

給水設備

アニメーション

ナレーション

アルハンブラというムーア宮殿と要塞がグラナダに位置しています。名前はアラビア語の「赤」を由来します。宮殿はダロ川とヘニル川の間の丘の上に位置しています。

アルハンブラはナスル朝の統治下、二百五十年に渡って建設されていました。ムハンマド1世の1238年に行った即位の後、アルハンブラはナスル朝の住居として使われるようになりました。最も重要な宮殿1333年1392年の間、ユースフ1世ムハンマド5世の統治下に建設されました。最も豊富に飾られたライオンの宮殿の建設はムハンマド5世の統治下に始まりました。ライオンの中庭を中心として建てられ、現在はアルハンブラの最も特徴的で有名な場所だといわれています。

アルハンブラの最も古い部分です。都市、畑とアルハンブラ全体の管理と保護の面で理想的な場所で、丘の最も高い所に位置しています。この役割を果たすため、要塞化されました。最も古い部分はおそらく11世紀ごろ建設されたと思われています。アルカザバは13世紀ごろ、巨大な塔が建設されたあと現在の外観を得ました。

1492年1月2日に、カトリック両王はグラナダを取り戻されました。イベリア半島での最後のイスラム教の要塞もなくなり、アル=アンダルスにおける八百年に渡って続いたムスリムの支配の終わりになりました。その後はキリスト教の王が宮殿の増築部分を建てました。現在はスペインのルネサンス様式の最も目立った建造物の一つとしてみなされています。円形の中庭が特徴的です。

ヘネラリフェはアルハンブラの近くに位置しています。この夏の別荘は13世紀の末頃建設されました。もともとはムスリムの王がリラックスするスペースという役割がありました。アルハンブラと別れて建てられた宮殿にはダロ川の方から入れます。

アルハンブラ宮殿は1984年に、ユネスコ世界文化遺産として登録されています。現在はスペインの中で最も観光客が多く訪れる場所であり、観光客の数は毎年数百万人ほどです。

関連のエクストラ

近代の帝国

歴史上の多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

サンタ・マリア号 (15世紀)

クリストファー・コロンブスの3本のマストをを備えていたキャラック船であるサンタ・マリア号は最初の旅の旗船でした。

コンキスタドール(16世紀)

スペインの征服者は鎧と武器で成功しました。

紫禁城 (北京、17世紀)

紫禁城は明清帝国の最も素晴らしくて神秘的な建造物の一つです。

中世時代の塔と稜堡の種類

要塞の構造は軍事技術と共に進化しました。

ニズワ・フォート(オマーン、17世紀)

アラビア半島の一番大きな要塞の丸い塔は興味深い防衛システムを持っていました。

ラグーザ(クロアチア、16世紀)

現在はドボロブニクと呼ばれているクロアチアの都市が素晴らしい建築と綺麗な外観で知られています。

ロンドン塔 (16世紀)

ロンドン塔の魅力的な歴史はおよそ1000年間に渡ってかかっています。

中世の伝説的な帝国

歴史上多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

テノチティトラン (15世紀)

発達した文明を持つアステカ帝国はスペインのコンキスタドールも驚かせていました。

アステカの統治者 (15世紀)

アステカ帝国は横暴で、軍国的な国家でした。

アラビアのカリフ (7世紀)

預言者ムハンマドの後継者として認められたカリフはイスラムの最も重要な宗教的なリーダーになりました。

マチュピチュ (15世紀)

現在のぺルーに位置している古代インカ帝国の遺跡は世界遺産として登録されています。

Added to your cart.