あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ラグーザ(クロアチア、16世紀)

ラグーザ(クロアチア、16世紀)

現在はドボロブニクと呼ばれているクロアチアの都市が素晴らしい建築と綺麗な外観で知られています。

歴史

キーワード

ラグーザ, ドゥブロヴニク, クロアチア, アドリア海, ビザンチン帝国, ハンガリー王国, ハプスブルク帝国, オーストリア・ハンガリー帝国, セルビア人王国、クロアチアとスロヴェニア, 近代史, 都市, センター, 都市国家, 地中海, 港, 要塞, 宮殿, 塔, 銅像, ルネッサンス, 守備の壁, ゴシック様式, 住居, 鐘楼, 門, 歴史, 商人, 貿易, 経済

関連のエクストラ

質問

  • ドブロブニクはどの現在の国に位置していますか。
  • ラグーザがどの海の沿岸に位置していますか。
  • ドブロブニクは何と呼ばれていますか。
  • ラグーザはどの国家の中心でしたか。
  • ラグーザが何で豊かになりました。
  • ラグーザが16世紀に、ヨーロッパの最も大きな都市の一つだったというのは本当ですか。
  • ラグーザが16世紀に何で有名でしたか。
  • ドブロブニクの守護聖人が誰でしたか。
  • ドブロブニクの城壁の長さがどのくらいでしたか。
  • 以下の中で、どれがラグーザの防衛システムの一部ではありませんでしたか。
  • ラグーザの近くの山が何と呼ばれていますか。
  • ラグーザの都市名を由来するギリシャ語の言葉は何を意味していますか。
  • ドブロブニクの都市名を由来するスラブ語の言葉は何を意味していますか。
  • ドブロブニクの大通りは何と呼ばれていますか。
  • 以下の中で、現在のドブロブニクの史跡がどれですか。
  • 以下の中で、どれがルジャ広場の史跡ではありませんか。
  • 史料によると、ラグーザが16世紀に船が何隻ありましたか。
  • スポンザ宮殿はどの様式で建設されましたか。
  • スポンザ宮殿の場所で元々何がありましたか。
  • 城壁に沿って要塞がいくつありましたか。
  • 都市を保護する要塞システムの最も北にある部分は何ですか。
  • 港湾は何によって防衛されましたか。
  • プラツァ通りの西の終点に何がありましたか。
  • ラグーザの最も東の建造物が何ですか。
  • ラグーザの最も西の建造物が何ですか。
  • アドリア海はどの海の一部ですか。
  • オノフリオの噴水は誰にちなんで名づけられましたか。
  • ルジャ広場にある柱が誰にちなんで名づけられましたか。
  • 以下の中で、最も大きな数字がどれですか。

シーン

ラグーザ

  • スルジ山 - 高さが412mの山が昔オークに覆われていました。これがおそらく都市のスラブ語の名前の由来です。
  • ラグーザ - 中世のラグーザはおそらくギリシャ語の「lau」(崖、岩)、またはラテン語の「laus」(断崖)を由来します。
  • アドリア海 - 地中海の最も北の部分であり、イタリア半島とバルカン半島の間に位置しています。ドブロブニクはアドリア海の真珠とも呼ばれています。

史料によると、ドブロブニクの都市は7世紀アドリア海の沿岸で建設されました。史料にはラグーザと呼ばれていました。この都市名の語源は不明ですが、ギリシャ語の岩、または崖を意味する「lau」を由来していると思われています。ドブロブニクという都市名が最初12世紀に記載され、スラブ語のオーク林を意味する「dubrova」を由来から由来しています。

最初、都市はビザンツ帝国に支配されていましたが、1204年にコンスタンティノープルが十字軍兵士に占領された後、ラグーザは150年間ヴェネツィアの管轄下になりました。この時期において、都市の貿易が急発展しました。

ラグーザ共和国が1358年に建国されました。ハンガリーの宗主権の下に入っていましたが、多少の決断をしました。

16世紀に、ラグーザがヴェネツィアとオスマン帝国に対して主権を守りました。1667年に、大地震が発生しました。都市の大部分が崩壊しましたが、比較的に早く再建されました。ナポレオン戦争の間、ラグーザが共和国としてなくなりました。ウィーン会議の後、都市がハプスブルク帝国によって支配されました。

第一次世界大戦後、オーストリア=ハンガリー帝国が分離され、ラグーザがスロベニア人・クロアチア人・セルビア人国(1929年からユーゴスラビア王国)の一部になりました。現在、「アドリア海の真珠」とも呼ばれている都市が1991年に独立したクロアチアに属しています。

都市

  • ピレ門 - 都市の西の門です。実際に、二つの門で構成され、内側の門がゴシック様式であり、外側の門がルネサス様式です。
  • オノフリオの大噴水 - プラツァ通りの終点に位置しています。1438年から1440年まで建設され、建築家にちなんで名づけられました。16角形の噴水の上には開いている円屋根があります。近くの泉の水を運送する飲料水の供給システムの終点にあります。
  • プロチェ門 - 都市の南の門です。15世紀に建てられ、近くのクロアチアの都市にちなんで名づけられました。
  • 防波堤 - 都市の賑やかな港湾を沖の波から守っていました。自然的な岩が人工的な建造物により強化されました。
  • 港湾 - ラグーザの財産が海上の貿易と繋がっていました。繁栄の時、船が180隻ありました。
  • ルジャ広場 - プラツァ通りの東の終点にあります。都市の最も賑やかな部分の一つであり、市場としても使われていました。
  • 都市の城壁 - 12世紀と17世紀の間で建設されました。長さが1940mであり、最高の高さが25mです。厚さが3m‐6mです。城壁に沿って要塞が五つあります。

都市の城壁

ラグーザを囲む城壁が都市を中世ヨーロッパにおいて最も要塞化された場所の一つにしました。そのおかげで、都市がライバルの都市(ヴェネツィア等)とオスマン帝国に対して数世紀も主権を守ることができました。

城壁の長さが1940mあり、厚さが3-6mです。大部分が14-15世紀の間に建設されました。城壁に沿って五つの要塞、複数の稜堡があります。

城壁の大陸方面にある部分がボカル要塞からレヴェリン要塞まで続きます。この部分の最高点25mです。

要塞

  • ミンチェタタワー - 城壁の最も北の場所に位置しています。15世紀の後半に建設されました。都市の防衛システムの最高の地点が上にゴシック様式の冠がある円形の要塞です。
  • レヴェリン要塞 - 城壁の最も東の部分に位置していました。都市の最も強化されていた要塞の建設が1549年に完成されました。プロチェ門と都市の東の部分を保護しました。
  • 聖イヴァン要塞 - ラグーザを囲む要塞システムの最も重要な部分の一つです。1557年に完成されました。この巨大な要塞の役割が港湾の入り口の警備でした。
  • ボカール要塞 - 城壁の南西の部分にあります。建設が1461年に開始され、1570年に完成しました。ピレ門と都市の西の部分を防衛しました。
  • 聖ロブリイェナツ要塞 - 高さが37メートルの崖の上に建設された要塞が11世紀に完成されました。海と大陸からの攻撃から都市の西部を守る役割がありました。

聖イヴァン要塞(またはムロタワー)は都市の防衛システムの中で、最も重要な要塞の一つです。この巨大な建築物群が16世紀の中旬に最終的な形が完成しました。1557年に、以前の要塞と新しく追加された部分を繋げて完成しました。主な役割とは、港湾防衛と海上交通の管理でした。

レヴェリン要塞は都市の東部に位置しています。プロチェ門の外側に、東の入り口を守るために建設されました。最終的な形を1549年に完成しました。名前の語源がおそらく「rivelino」(ravelin)から由来してます。この軍事的な建築に使われている表現が城壁最も攻撃されやすい部分反対方向にある要塞を示しています。

ミンチェタタワーが城壁の最北端の部分に位置しています。大きくて円形の防衛構造は特徴的なゴシック様式の冠があります。15世紀に復元され、強化されました。大陸からの攻撃から都市を防衛することにおいて重要な役割を果たしていました。この要塞には大砲が九つあり、最も大きなのはクロックタワーにある鐘も作っていたイヴァン・ラブルジャニンに作られた銅の大砲です。

ボカル要塞が都市の西があにあるピレ門の防衛のために建設されました。この二階建ての要塞は16世紀の後半に最終的な形が完成しました。ミンチェタタワーとともに、西からの攻撃を撃退するには重要な役割がありました。

聖ロブリイェナツ要塞は高さが37mのの上に建設されました。大陸からの攻撃から都市の西部を守る不可欠な要塞でした。おそらく11世紀に建設されましたが、15-16世紀に幅広く復元されました。三角形の間取図が崖の形に合わせて設計されました。三つのテラスには、合計で10個の大砲が設置されました。最も大きな大砲を「Gušter」(トカゲ)と名づけられていました。

ルジャ広場

  • スポンザ宮殿 - 1516年から1522年まで、ゴシック様式とルネサンス様式で建設されました。雨水を溜める場所('spongia')にちなんで名づけられました。
  • プラツァ通り - 都市の大通りであり、長さが300mです。中世都市の中で唯一の広い通りでした。1468年に、石灰岩で覆われていました。
  • 鐘楼 - プラツァ通りの東の終点に、ルジャ広場で立っていました。地元の建築家により、1444年に建設されました。鐘が1509年から使用されました。
  • オノフリオの小噴水 - ルジャ広部で、鐘楼の基礎の近くに位置していました。1440年と1442年の間で建設され、建築家にちなんで名づけられました。広場で開催された市場に水を供給しました。
  • オルランドの柱 - ルジャ広場の中心に、プラツァ通りの東の終点に位置しています。彫られた騎士にちなんで名づけられました。

スポンザ宮殿はルジャ広場の北側に、プラツァ通りの終点にあります。この場所ではもともと古い貯水槽(spongia)があったため、この名前が付けられました。

1516年と1522年の間に、ゴシック様式とルネサンス様式で建設されました。中には銀行、保税倉庫、宝庫と武器庫以外、複数のオフィスがあります。大きくて四角形の建物の中にはアトリウムも建設されました。幸いなことに、宮殿は1667年の地震により被害が受けませんでした。

プラツァ通り(Stradun)はラグーザの大通りです。長さが300mほどであり、ピレ門からルジャ広場まで続きます。西と東の終点にはオノフリオ・デラ・カヴァに設計された噴水があります。この通りは東と西の門をつなぐため、13世紀に最も重要な通りになりました。1468年に、石灰岩で舗装されました。

高さが31mの鐘楼(クロックタワー)は1444年に建設されました。ルジャ広場で、パラツァ通り東の終点に位置しています。中にある銅製の鐘の重量が2トンを超え、1506年(あるいは1509年)設置されました。都市の大砲を設計したイヴァン・ラブルジャニンによって作られました。鐘楼にある木像もおそらく同じ年に銅像に変えられました。これらの高さが191cmの像がローマの兵士の像です。現地の人にマロとバロ、またはゼレンツィ(緑の男)と呼ばれています。この呼び方は、銅の表面に現れる特徴的な色がある古つやを由来します。

中世において、都市への給水が重要でした。最初、ラグーザに飲料水を供給するために貯水槽が使われていました。干ばつの時、貿易船のより飲料水が運搬されました。1436年に、市議会により送水路の建設が命じられ、このように近くの泉の水を都市に供給できました。完成した後、イタリアの建築家と彫刻家、オノフリオ・デラ・カヴァ二つの噴水を設計しました。オノフリオの小噴水がルジャ広場で、鐘楼の近くに位置し、1440年から1442年までの間に建設されました。

特徴的な石の柱であるオルランドの柱はルジャ広場で位置しています。伝説によると、柱に彫られた人物はオルランドという中世の騎士であり、都市は8世紀に、彼によりアラビア人の包囲攻撃から解放されました。柱は1418年に、二人の彫刻家、アントゥン・ドゥブロヴチャニンボニノ・ディ・ミラノに作られました。
役割として、おそらく複数あります。柱の上に立って、スピーチをすることも可能でした。上にある穴にはを刺すこともできました。公開処刑も柱の近くに行われていました。

散歩

アニメーション

  • スルジ山 - 高さが412mの山が昔オークに覆われていました。これがおそらく都市のスラブ語の名前の由来です。
  • ラグーザ - 中世のラグーザはおそらくギリシャ語の「lau」(崖、岩)、またはラテン語の「laus」(断崖)を由来します。
  • アドリア海 - 地中海の最も北の部分であり、イタリア半島とバルカン半島の間に位置しています。ドブロブニクはアドリア海の真珠とも呼ばれています。
  • ミンチェタタワー - 城壁の最も北の場所に位置しています。15世紀の後半に建設されました。都市の防衛システムの最高の地点が上にゴシック様式の冠がある円形の要塞です。
  • レヴェリン要塞 - 城壁の最も東の部分に位置していました。都市の最も強化されていた要塞の建設が1549年に完成されました。プロチェ門と都市の東の部分を保護しました。
  • 聖イヴァン要塞 - ラグーザを囲む要塞システムの最も重要な部分の一つです。1557年に完成されました。この巨大な要塞の役割が港湾の入り口の警備でした。
  • ボカール要塞 - 城壁の南西の部分にあります。建設が1461年に開始され、1570年に完成しました。ピレ門と都市の西の部分を防衛しました。
  • 聖ロブリイェナツ要塞 - 高さが37メートルの崖の上に建設された要塞が11世紀に完成されました。海と大陸からの攻撃から都市の西部を守る役割がありました。

ナレーション

現在のドブロブニクと呼ばれている中世都市、ラグーザ7世紀に、アドリア海の海岸に建設されました。位置のおかげで、有利な海運業に参加し、財産を得ました。しかし、この財産のため、ラグーザが他の国の支配の目的となりました。

ラグーザの住民は数世紀にわたって要塞化された都市を建設し、権力が近くの土地まで広がりました。ラグーザ共和国16世紀繁栄しました。

ラグーザが城壁と要塞を含む防衛システムによって防衛されました。宮殿、教会、広場と港湾もこのルネサンス様式の都市を壮大さを出現しました。

現在クロアチアの一部であるドブロブニク古い都市が1979年にユネスコ世界遺産に登録されました。

関連のエクストラ

中世のヴェネツィア

中世のヴェネツィアは盛大な沿海貿易のおかげで豊富になりました。

中世都市

中世都市に建築された家は石や煉瓦からでき、2〜3階建てでした。

中世時代の塔と稜堡の種類

要塞の構造は軍事技術と共に進化しました。

港湾

港湾には要求されているサービスや基本的な設備が提供されます。

ディオクレティアヌス宮殿 (スプリト、クロアチア)

要塞のような宮殿が古代ローマのディオクレティアヌス帝によって自身の故郷の近くに建設されました。

ヴァラジュディンの城 (16世紀)

この素晴らしい城は北クロアチアに位置しています。

レパントの海戦 (1571年)

オスマン帝国海軍は教皇・スペイン・ヴェネツィアの連合海軍により大敗しました。

16世紀のアルハンブラ宮殿 (スペイン)

この素晴らしい宮殿の名前はアラビア語の「赤」を由来します。

アポクシュオメノスの像

古代ギリシアの像であり、アドリア海の底で発見されました。

イヴァン・メシュトロウィチ: クロアチア人の歴史

クロアチアの彫刻家の一番有名な作品は伝統的な衣類を着る女性です。

プーラ円形闘技場 (プーラ、1世紀)

現在のクロアチアに位置するプーラ円形闘技場は古代ローマの最も大きな円形演技場の一つでした。

衣服 (西ヨーロッパ、16世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

サンタ・マリア号 (15世紀)

クリストファー・コロンブスの3本のマストをを備えていたキャラック船であるサンタ・マリア号は最初の旅の旗船でした。

Added to your cart.