あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

マチュピチュ (15世紀)

マチュピチュ (15世紀)

現在のぺルーに位置している古代インカ帝国の遺跡は世界遺産として登録されています。

歴史

キーワード

マチュ・ピチュ, インカ, ビンガム, ペルー, 世界遺産, 廃虚と化した都市, アンデス, 要塞, 教会, 宮殿, 天文台

関連のエクストラ

インカの戦士 (15世紀)

インカの戦士は原始的な武器でスペインのコンキスタドールを留めることができませんでした。

時間の計測

初めてのカレンダーや時計はもう古代オリエント文化にも出現しました。

食べられるナス科の植物

我々の最も重要な食用作物の多くはナス科に属しています。

近代の帝国

歴史上の多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

国々のシンボル、観光名所

アニメーションで、世界の国々のシンボルと名所が紹介されます。

アメリカの国々

三つの難易度があるゲームで、アメリカの国々の地理的な位置、首都と国旗が勉強できます。

歴史的な地形図 (歴史的建造物)

歴史的建造物を白地図で探しましょう。

政体と公用語

このアニメーションは世界の国々の政体と多くの公用語を紹介します。

アメリカのヨーロッパによる植民地化(1763年まで)

アメリカの支配活動に複数のヨーロッパの国家が参加し、アメリカの地図が色鮮やかになりました。

チチェン・イッツァ (12世紀)

旧マヤトルテカ帝国の首都は現在のメキシコ領域に位置しています。

サンタ・マリア号 (15世紀)

クリストファー・コロンブスの3本のマストをを備えていたキャラック船であるサンタ・マリア号は最初の旅の旗船でした。

地理学的な発見 (15世紀‐17世紀)

近代始めにおける名高い地理学的発見は地図の再描画だけではなく、様々な影響もありました。

コンキスタドール(16世紀)

スペインの征服者は鎧と武器で成功しました。

テオティワカン (4世紀)

廃墟となっても荘厳な都市は先コロンブス期のアメリカの最も大きくて人口が多い集落でした。

16世紀のアルハンブラ宮殿 (スペイン)

この素晴らしい宮殿の名前はアラビア語の「赤」を由来します。

テノチティトラン (15世紀)

発達した文明を持つアステカ帝国はスペインのコンキスタドールも驚かせていました。

農業技術

農業技術は中世と近代の人間文化と共に発達しました。

アステカの統治者 (15世紀)

アステカ帝国は横暴で、軍国的な国家でした。

アステカの戦士 (15世紀)

アステカの戦士は原始的な武器でスペインのコンキスタドールを留めることができませんでした。

Added to your cart.