マチュピチュ (15世紀)

現在のぺルーに位置している古代インカ帝国の遺跡は世界遺産として登録されています。

関連のエクストラ

あぜくら

校倉はハンガリーのアルパード時代の典型的な住宅の一種でした。

ヘイスティングズの戦い (1066年)

ノルマンディー公ギヨーム2世はアングロ・サクソン人を支配し、ウィリアム1世としてイギリスに即位...

アラビアの戦士(6世紀)

中世のアラビア戦士の最も重要な武器は剣と弓矢でした。

スラブ部族の戦士

スラブ部族の戦士は中世時代のヨーロッパ中大いに尊敬されました。

アフリカの村(スーダン)

自然の環境に馴染んでいるアフリカの村はその地方に生活している種族の文化を表しています。

9世紀と19世紀ににおけるアイスランドの片鱗

アイスランドの人々のライフスタイルは、何世紀にもわたって有意に変化しませんでした。

テンプル騎士団 (12世紀)

十字軍の時代で形成された最も重要な騎士団の一つです。

バイキングの樽板教会 (ボルグンド、13世紀)

この木造教会はノルウェー樽板教会の中で保存状態が最も良いです。

Added to your cart.