あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

アポロ15号ミッション(月面車)

アポロ15号ミッション(月面車)

このアニメーションはアポロ15号ミッションに使われていた二人乗りの月面車を紹介します。

地理

キーワード

アポロ15号, 月面車, 月, アポロ計画, 意義素, 月面着陸, 米国, ムーンストーン, デイブスコット, ジェームズアーウィン, アルフレッドワードン, Falcon, 宇宙スーツ, 惑星, 宇宙, 宇宙探査, 天文学, 地理, _javasolt

関連のエクストラ

質問

  • 誰がミッションの乗組員ではありませんでしたか。
  • 誰がアポロ15号ミッションの船長でしたか。
  • アポロ15号ミッションの乗組員は何人でしたか。
  • 何年にアポロ15号ミッションが行われましたか。
  • 何番目のミッションがアポロ宇宙計画におけるアポロ15号でしたか。
  • アポロ15号ミッションの宇宙船のコールサインはなんでしたか。
  • アポロ15号ミッションの月着陸船のコールサインはなんでしたか。
  • アポロ15号ミッションでどの乗り物が月面に着陸しましたか。
  • アポロ15号ミッションで何回宇宙飛行士が月面に下りましたか。
  • 以前のアポロ計画のミッションとアポロ15号ミッションでは何が異ならないでしたか。
  • ルナローバのデザインで誰が重要な役割を果たしましたか。
  • どれがルナローバの特徴ではないですか。
  • ルナローバの動力はなんでしたか。
  • ルナローバのそれぞれの車輪は独立して動くのは本当ですか。
  • アポロ15号ミッションのルナローバは他2つ以上のアポロ計画に使われたのは本当ですか。
  • ローバの車輪はどんな材料からできていましたか。
  • ローバの部品でないのはどれですか。
  • ルナローバを操縦するのはなんでしたか。
  • ローバを操縦するのはどちらの座席でしたか。
  • 規定によるとミッションの船長だけがローバを操縦できたのは本当ですか。
  • 月面でのローバの最高速度はどれですか。
  • アポロ15号ミッションで、宇宙飛行士は何日間、月で過ごしましたか。
  • ルナローバは月面で合計どのくらいの距離を走行しましたか。
  • アポロ15号ミッションでどれくらいの月の岩のサンプルを採取しましたか。
  • アポロ15号ミッションの期間はどれくらいでしたか(出発から地球へ帰還するまで)。
  • アポロ15号ミッションの乗組員はどこに着陸しましたか。
  • ルナローバになぜ車輪の保護があったのですか。
  • ルナローバに車輪がいくつありましたか。
  • ローバの重量はどれほどでしたか。
  • ルナローバが月着陸船から離れた最高距離はどのくらいでしたか。
  • アポロ15号ミッションにおけるルナローバについて正しいのはどれですか。
  • ルナローバのバッテリーはどのたいぷでしたか。
  • 月着陸船が着陸した場所は月のどの場所ですか。
  • どのくらいのミッションで宇宙飛行士が月面に下りましたか。

シーン

アポロ15号ミッション

  • 月着陸船 (ファルコン)
  • 月面車 (ルナローバ)
  • アメリカ合衆国の旗
  • 月面車のラッピング
  • 表面採取装置
  • カメラ
  • レーザーミラー
  • 受動的な地震計

月面車

構造

  • 弾力性のある チタニウム金網状の車輪
  • ドリル・セット
  • 塵除け
  • 道具箱
  • T字の 手動操縦器
  • マニュアル カメラ
  • 低利得で、 全方向性アンテナ
  • 高利得で、 指向性アンテナ
  • 遠隔操作の カラーカメラ
  • 銀亜鉛電池
  • 16ミリと70ミリの フィルムロール・コンテナ

金網の車輪

散歩

アニメーション

  • 弾力性のある チタニウム金網状の車輪
  • ドリル・セット
  • 塵除け
  • 道具箱
  • T字の 手動操縦器
  • マニュアル カメラ
  • 低利得で、 全方向性アンテナ
  • 高利得で、 指向性アンテナ
  • 遠隔操作の カラーカメラ
  • 銀亜鉛電池

ナレーション

アポロ15号ミッションはアメリカ合衆国のアポロ宇宙計画における9回目の有人ミッションでした。このミションの目的は野心的でした:多くの装置を伴った科学的研究を徹底して行っただけでなく、比較的長時間を月面で過ごしたことです。

宇宙船は3人の乗組員と共に1971年7月26日にケネディー宇宙センターから打ち上げられました。ミッションの5日目に船長であるデイヴィッド・スコットと月着陸船の操縦士であるジェームズ・アーウィンは月面にあるハドリー・アペニンに着陸しました。司令船の操縦士であるアルフレッド・ウォーデン宇宙船にとどまり月周回軌道上で科学的観察を行いました。

2人の宇宙飛行士は月着陸船であるファルコンから月面に三回おりました。彼らはミッションの間、最新型の宇宙服を着ていました。彼らは大量の岩のサンプルを採取し、数多くの計測をし、4つの月探索ステーションを建設しました。

しかし、最も重要なミッションの一部は月面で初めて月面車を使用することでした。月面車は地質調査を行うための数多くの装置が付いていました。とても軽く、4つの車輪が付いていて、重い荷物を運ぶことができました。
輸送と展開がしやすいように、折り畳み可能なシャーシとフロアプレートが特徴的でした。車輪は分離している電気モーターで動きました。最大速度は18-20km/hですが、地形条件のため平均して8-12km/hの速度でした。

車体は左の座席で、T字の手動操縦器で動かしました。明確な規定は定まっていないが、ローバの操縦は船長の特権でした。可動性を改良するため、持ち上がったフロアプレートでつくられました。車輪はチタンメッシュでつくられました。ローバは3日間の月面探査で27.9kmを走行し、77kgの月の岩を採取しました。

8月2日に月着陸船は月を去り、司令船にドッキングしました。乗組員は8月7日に太平洋に着陸しました。12日間に及んだミッションで数多くの新たな装置を配置し、科学的研究のデータを提供してくれました。

ルナローバはその後アポロ16号とアポロ17号のミッションにも使われました。3つの全ての乗り物は月面に残されています。

関連のエクストラ

月面着陸: 1969年7月20日

最初に月面に降り立った人間はアポロ11号のニール・アームストロング船長でした。

ハッブル宇宙望遠鏡

ハッブル宇宙望遠鏡は地球の大気に影響されず、軌道に旋回します。

スペースシャトル

スペースシャトルはアメリカ航空宇宙局に操縦されていた再利用可能な有人宇宙船でした。

地球に近い恒星

アニメーションは比較的に近い惑星、恒星、銀河を紹介します。

ケプラー探査機

ケプラー探査機は他の恒星の周りの軌道に乗っている地球のような惑星を探査します。

無重力状態

軌道上にある宇宙船は自由落下の一定の状態にあります。

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

国際宇宙ステーション

居住可能な国際宇宙ステーションは16カ国が協力して建築しました。

ボイジャー宇宙探査機

ボイジャー宇宙探査機は初めての太陽系外に到達した初の人工物体です。宇宙空間のデータを集めて、人類のメッセージを運送します。

潮流

月の重力の影響で海面レベルが上がったり下がったりします。

日食

日食とは、太陽、月、地球は一線に並び、月は全体的に、それとも部分的に太陽を隠します。

月食

月食とは、月が地球の円錐状の影を通るときに起こります。

月相

月面の明るい部分は地球の軌道に進む角度と太陽の角度によって決まります。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

月は地球の唯一の衛星です。

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

地球と月の形成

このアニメーションは地球と月の形成を表示します。

月レーダー実験 (バイ・ゾルタン、1946年)

1946年に、ハンガリーの学者、バイ・ゾルタンは月からのレーダー反射波受信に成功しました。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

ユーリイ・ガガーリンの宇宙飛行 (1961年)

1961年4月12日、ユーリイ・ガガーリンは世界初の人間としての宇宙飛行に成功しました。

スプートニク1号(1957年)

ソ連が打ち上げた世界初の人工衛星でした(1957年10月)。

Added to your cart.