あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

モンゴルのカン(13世紀)

モンゴルのカン(13世紀)

広大なモンゴル帝国の統治者はカンでした。

歴史

キーワード

モンゴル語, カン, モンゴル帝国, グレートカーン, ジンギス, 中世, ユルト, テント, リーダー, 一般的な, 君主, 歴史

関連のエクストラ

質問

  • モンゴル人の母国はどの大陸にありますか。
  • モンゴル軍の成功にどんな種類の軍人が大切な役割を果たしましたか。
  • モンゴル帝国は誰によって建国されましたか。
  • ジンギス・カンは何世紀に蒙古襲来を導きましたか。
  • ヨーロッパの侵略の指導者は誰でしたか。
  • モンゴルの支配者はなんと呼ばれていますか。
  • ヨーロッパの蒙古襲来の知らせをしたヨーロッパ人旅行者は誰ですか。
  • キリスト教の遠征の目的はモンゴル人を見つけることでしたか。
  • モンゴル人は遊牧民でしたか。
  • モンゴル人の支配者は中国も支配しましたか。
  • ヨーロッパの旅行者のなかで誰がクビライ・カンに会いましたか。
  • チンギスは何という意味があると考えられますか。
  • ヨーロッパの侵略の時に誰がモンゴル人の支配者でしたか。
  • モンゴル人の侵略の時、ハンガリーの王は誰でしたか。
  • ハンガリーとモンゴル帝国の一番有名な戦いはどこでしたか。
  • ムヒ平野の戦いはいつでしたか。
  • 1242年にモンゴル人は突然ハンガリーから出ましたか。
  • ハンガリーはモンゴル人の侵略で全く被害を受けませんでした。本当ですか。
  • オゴデイ・カンとジンギス・カンの間にどのような関係がありましたか。
  • ベーラの4世はモンゴルの侵略の後、何をしましたか。
  • モンゴルの侵略の間、ベーラの4世はどこに逃げましたか。
  • ハンガリーへのモンゴルによる侵略を誰が記録しましたか。

シーン

カンのテント

  • カン
  • カンの席 - 入り口の反対に
  • 女の人の側
  • 男の人の側 - 客はこの側にいました。
  • 武器の棚
  • 鞍の台
  • 護衛
  • 炉床
  • 敷物
  • テーブル
  • 金属の鍋
  • 格子的な構造
  • フェルト
  • 倉庫

モンゴルのカン

テントの構造

  • 入り口
  • 屋根のリング
  • 煙の穴
  • 屋根のはり
  • 格子的な構造

カンの最初の妻

アニメーション

ナレーション

モンゴル帝国の皇帝、チンギス・カン1206年に、大ハーンに選ばれて即位しました。13世紀の初め頃、この巨大な帝国が中国からヨーロッパまで広げた征服者になりました。大ハーンは聖なる力を持つ独裁的な指導者でした。

モンゴル部族が遊牧民であり、チンギスカンも伝統的なテントであるユルタで住んでいました。もちろんチンギスカンのユルタの方が大きくて、豊富に飾られました。複数の妻がおり、最も上にいたのは最初の妻、ボルテでした。彼女の場所はユルタの中で、夫の左側でした。九人の子供の中で、チンギスカンの1127年の死後、オゴデイが大ハーンとして継承者になりました。

関連のエクストラ

モンゴルの戦士 (13世紀)

モンゴル帝国の恐れられた戦士は歴史上の最も広い国家を形成しました。

ハンガリーの即位の宝器

ハンガリー王の即位の宝器の中で、最も有名なのは王冠です。

中世時代の中国の皇帝

極東の国の皇帝は生死の権力者でした。

モンゴル帝国

伝説的なモンゴルの統治者チンギス・カンは巨大な帝国を建国しました。

中世の伝説的な帝国

歴史上多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

ハンガリーの騎兵隊の作戦 (9世紀‐10世紀)

後退のふりをし、敵を囲む作戦は遊牧民に昔から使われていました。

オスマン帝国のスルタン (16世紀)

オスマン帝国の統治者はスルタンと呼ばれていました。

ハプスブルク王家の夫婦(19世紀)

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と美しいエリザベートは1854年にウィーンで結婚しましたが、結婚は残念ながら不幸でした。

黄金人間 (紀元前3世紀)

カザフタンのイッシク古墳出土の鎧の人が「黄金人間」と呼ばれています。

紫禁城 (北京、17世紀)

紫禁城は明清帝国の最も素晴らしくて神秘的な建造物の一つです。

ムヒの戦い (1241年4月11日‐12日)

ハンガリー軍はモンゴル軍により惨敗され、ハンガリー王が後退しました。

15世紀のハンガリー軍隊 (騎兵隊)

黒い軍隊と呼ばれた騎兵隊はマーチャーシュ1世の軍隊の主な部隊でした。

15世紀のハンガリー軍隊 (歩兵隊)

歩兵隊はマーチャーシュ1世の軍隊の主な部隊でした。

ロシア皇帝ピョートル1世と妻

西ヨーロッパに影響により、ピョートル1世はロシア帝国を現代化しようとしました。

アラビアのカリフ (7世紀)

預言者ムハンマドの後継者として認められたカリフはイスラムの最も重要な宗教的なリーダーになりました。

エジプトのファラオと妻 (紀元前2千年)

神として崇拝されたエジプトのファラオは生死の有力者でした。

インドのマハラジャと妻 (18世紀)

インドの大王であるマハラジャはインドの様々な地域を統治しました。

ルイ14世 (太陽王)

フランス王であったルイ14世は豊富で、贅沢な生活を元にして太陽王とも呼ばれていました。最も長く統治していたヨーロッパの国王でした。

Added to your cart.