あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

チチェン・イッツァ (12世紀)

チチェン・イッツァ (12世紀)

旧マヤトルテカ帝国の首都は現在のメキシコ領域に位置しています。

歴史

キーワード

チチェン・イツァ, マヤの人々, トルテック, メキシコ, ユカタン半島, 中央アメリカ, 世界遺産, 建築, ネクロポリス, スペインの征服者, ピラミッド, ネイティブ, 中世, 遠征, アメリカ, 歴史, 首都, 内戦

関連のエクストラ

質問

  • チチェン・イッツァはどの現在の国の領域に位置していますか。
  • チチェン・イッツァはどの文明の都市でしたか。
  • セノーテは何ですか。
  • チチェン・イッツァはいつごろ成立されましたか。
  • チチェン・イッツァはどの文明に成立されましたか。
  • 1531年に、チチェン・イッツァはどのヨーロッパの民族に征服されましたか。
  • スペイン軍はいつチチェン・イッツァを支配しましたか。
  • チチェン・イッツァを支配したスペインのコンキスタードルは何と呼ばれたか。
  • どの建造物はチチェン・イッツァにありませんでしたか。
  • エル・カスティーヨというチチェン・イッツァの階段ピラミッドはどの神を崇拝するために建設されましたか。
  • チチェン・イッツァはどの半島に位置しているか。
  • ククルカンピラミッドの高さは何メートルでしたか。
  • ククルカンピラミッドの階段の一本は何段ですか。
  • マヤトルテカのスポーツで、ボールを何に通さないといけなかったか。
  • チチェン・イッツァの球戯場の長さはどのくらいでしたか。
  • 考古学者によると、エル・カラコルの役割が何でしたか。
  • 戦士の神殿の前に、何の像がありましたか。
  • 聖なるセノーテの直径がどのくらいでしたか。
  • ユカタン半島はどの鉱物からできていますか。
  • 雨が降らない時、聖なるセノーテにどのような犠牲が捧げられたか。
  • ククルカンピラミッドはスペイン人に何と呼ばれていますか。
  • ツォンパントリは何でしたか。
  • エル・カラコル(カタツムリ)は何にちなんで名づけられたか。
  • チチェン・イッツァとその周りに、どのような建物がありませんでしたか。
  • ジャガー像の王座はどこにありましたか。
  • エル・カスティーヨの辺の長さはどのくらいでしたか。
  • チチェン・イッツァのレリーフに刻まれた動物は何ですか。
  • チャクモール像の特徴的なポーズは何ですか。
  • メソアメリカの球技のボールは何でできましたか。
  • 考古学者はどの建物を発掘した時、ジャガー像の王座を発見しましたか。
  • ジャガー像の頭はどの方に向いているか。
  • ジャガー像の王座は元々どの色でしたか。
  • ジャガー像の王座の目は何からできましたか。
  • ククルカンピラミッドのなかに発見された王座は何の動物の形をしていますか。

シーン

チチェン・イッツァ

  • 聖なる泉(セノーテ) - 雨が降らない時、生贄が捧げられた自然のシンクホール。
  • ツォンパントリ - 犠牲のなった人々の頭蓋骨がかけられた台座。
  • 金星の台座
  • エル・カスティーヨ - スペインの征服者によってエル・カスティーヨと呼ばれた階段ピラミッドです。マヤ教の羽毛もつ蛇、ククルカンの礼拝のために建設されたと推定されている。
  • 戦士の神殿 - 二つの部屋を含む神殿が階段ピラミッドの上にある。
  • 市場
  • 千本柱の回廊
  • セノーテ・シトロク
  • 住宅
  • 田畑
  • 球戯場 - 特徴的なメソアメリカの宗教的なスポーツを行った場所。
  • ジャガーとワシの台
  • 高僧の神殿 - オサリオとも呼ばれていた。エル・カスティーヨに似ていたが、それより小さいです。エドワード・H・トムソンに名付けられた。
  • エル・カラコル - スペイン語で「カタツムリ」を意味するエル・カラコルと呼ばれている。内部にあるらせん階段にちなんで名付けられた。都市にある他のマヤの建造物と違って、形状は四角いではありません。天文台としても利用されていた。
  • 尼僧院 - スペイン語でラス・モンハスと呼ばれていた。おそらく政府の建物や宮殿でした。チチェン・イッツァの最も良い状態で守られた建物です。

中央アメリカで、現在のメキシコ領域に位置するチチェン・イッツァは5世紀でマヤ民族によって設立されました。石灰岩で形成されたユカタン半島にある集落が11世紀でトルテカ民族に支配されました。マヤ民族とトルテカ民族は軍事同盟を結び、チチェン・イッツァはマヤトルテカ帝国の首都になりました。

13世紀に内乱が起こり、この都市の多くの建造物が焼失されました。この時、チチェン・イッツァも中心としての役割を失い、衰退しました。1531年において、フランシスコ・デ・モンテーホに率いるスペイン軍に支配されました。彼らは集落を征服した後、マヤ民族は半島の奥に逃げました。
都市が19世紀で、ヨーロッパの旅行者に再発見されました。その後、考古学的な発掘が始まりましたが、現在でもチチェン・イッツァに未発見の所があります。

この特徴的な遺跡は1988年にユネスコ世界遺産として登録されました。2007年に、国際的に新世界の七不思議の一つとして選ばれました。メキシコの最も人気のある遺跡の一つであり、約120万人の観光客が毎年見に来ます。

聖なる泉

  • 約60m
  • 約27m
  • シンクホール - カルスト地域で、地表層の陥没でできた穴です。井戸として利用された。
  • 生贄 - 干ぼつの時、雨が降るように生贄を捧げられた。

石灰岩からなっているユカタン半島の土地に川がありません。地面の陥没で形成されるセノーテという自然のシンクホールがたくさんあります。井戸のように使われていました。

聖なるセノーテはチチェン・イッツァの最も重要な井戸でした。雨が降らない時、おそらくここでマヤ教の雨の神に生贄が捧げられました。セノーテの発掘中、多くの芸術品と人骨が見つけられたので、ヒトが犠牲にされたことがあったと明らかにされています。

球戯場

  • ジャガーの神殿
  • ベンチ
  • 石のリング - 中心線の所に垂直に、6メートルの高さで壁に付けられた。
  • 闘技場 - 特徴的な形状と建築材料のおかげで音響的に特別です。メソアメリカの最も大きな球戯場です。
  • 30m
  • 約95m
  • 8m

メソアメリカの最も大きな球戯場はチチェン・イッツァで位置しています。長さは168mであり、幅が70mです。二つの方に長さが90mがあります。
これの中心線に、6メートルの高さで石のリングがかけられました。選手は手足を使わずに、腰でリングに、ゴム製の玉を入れないといけませんでした。

このスポーツは宗教的な役割も果たしていました。球技場は人間の世界と死後の世界の間の通り道でした。壁にあるレリーフによると、負けたチームが生贄にされました。敗けたチームの主将は勝利したチームの主将によって処刑されました。

ツォンパントリ

  • 台座
  • 浮き彫り - 頭蓋骨の台座の壁はレリーフで飾られている。頭蓋骨、生贄の心臓を食べるワシ、骸骨の戦士が刻まれている。

ツォンパントリはアステカマヤトルテカ文明の特徴である頭蓋骨台座です。
戦いで倒した、または生贄にした者頭蓋骨に穴を開け、それを垂直や水平な棒に架けられました。これらの棒を台に、公な場所に置かれました。

エル・カスティーヨ

  • 聖堂 - ピラミッドの上には6メートルの高さの神殿があり、生贄を捧げるために使われていた。
  • 91段 - 4面に91段の階段は45度で上がった。
  • 9つのテラス - 四角くて、約2.5mの高さのテラス。
  • 6 m
  • 30 m
  • 55 m

チチェン・イッツァの一番重要な建造物の一つはスペイン語でエル・カスティーヨ(意味は城)と呼ばれた階段ピラミッドでした。この神殿はマヤ教の羽毛もつ蛇ククルカンに捧げられました。
研究者によると、このピラミッドをより古くて小さなピラミッドの上に建てられました。この建造物の基底は55メートル四方、位置的に四方向に合わせられました。ピラミッドの高さは30メートルであり、9段からなっています。四面に91段の階段があります。階段の角度は45度です。最上のテラスに6メートルの高さがある神殿があります。

発掘の時、考古学者はククルカン神殿の元である昔の建造物の奥の部屋にはチャクモール像とジャガー像を発見しました。チャクモール像は犠牲を捧げるために、ジャガー像はおそらく王座として使用されました。

戦士の神殿

  • 階段ピラミッド
  • 神殿
  • チャクモール - 特徴的なコロンブス以前の像であり、雨の神だと思われている。上にある水平な所に犠牲の贈り物が置かれたそうです。
  • 千本柱の回廊

この複合建造物の中心的な部分は戦士のレリーフで飾られたにちなんで名づけられました。この回路の柱に出現する戦士は異なる人物です。
階段ピラミッドの上に、階段に向かって、チャクモール像があり、その後は神殿の入口でした。

オサリオ

  • 神殿
  • 階段ピラミッド
  • 階段

オサリオとも呼ばれた階段ピラミッドはエル・カスティーヨの縮小されたバージョンです。上にある神殿から階段を使って、12メートルほど下にある部屋に入ることができました。
19世紀末に行われた発掘で、オサリオの部屋に埋葬に使われた人工産物人骨が見つけられたので、エドワード・H・トムソンに高僧の墓という名前が付けられました。
しかし、現在の考古学者によると、この建造物は墓ではありませんでした。

エル・カラコル

  • 天文台 - 通説によると、ドアと窓は天文学的な現象に合わせえて作られました。
  • 四角い台座

エル・カラコル(スペイン語、「カタツムリ」を意味する)と呼ばれた建造物は中にあるらせん階段にちなんで名づけられました。
他のマヤの建物と違って、大きくて四角い台座に建てられた円形の建物でした。
ある仮説によると、天文台として使われた可能性があります。ドアの形状と位置は天文学的な現象(例えば金星太陽面通過)に合わせられたようです。

尼僧院

スペインの征服者に尼僧院と呼ばれた建物はチチェン・イッツァの最も良い状態で保護された建物です。このトルテカの建造物はおそらく政治的な建物宮殿として使われたと推定されています。

チャクモール

チャクモール像はコロンブス以前のメソアメリカの典型的な芸術作品です。チャクモール像は自分を肘で支えながら横になっている像です。頭は90度横へ向いています。
「チャクモール」はアメリカ先住民の言葉の由来ではなく、チチェン・イッツァを研究していたオーギュスト・ル・プロンジョンに名付けられました。

像はおそらく生贄の儀式に関連します。像の腹部に石の鉢のような容器があり、その中に神への贈り物が入れられました。チャクモールは人間と神の世界の間の仲介者です。

アニメーションで表示されているチャクモール像はククルカンの神殿の中の昔のピラミッドの部屋に、ジャガー像の王座の近くに置いてありました。

ジャガー像の王座

1920年代と1930年代において、チチェン・イッツァを発掘したメキシコの考古学者はククルカンのピラミッドの中に、隠し部屋を発見しました。
部屋の真中にチャクモール像があり、奥の小さな部屋にはジャガー像の王座が置いてありました。
ジャガー像の頭は90度横へ向き、色が元々かったです。目と体の飾りはひすいでできていました。

アニメーション

ナレーション

現代メキシコ領域の一部であるユカタン半島に位置するチチェン・イッツァは5世紀においてマヤ民族によって設立されました。
後にトルテカ民族に征服されたが、二つの民族が軍事同盟を結びました。チチェン・イッツァはマヤトルテカ帝国の首都にされて、マヤとトルテカの文化と芸術が混ざって出現する場所になりました。

中心的な部分には主な神殿が建設されました。神殿の中で、ククルカンの礼拝のために建築された階段ピラミッドは最も有名です。

スペイン語でエル・カスティーヨと呼ばれた建造物の近くにメソアメリカの最も大きな球戯場が位置しました。このスポーツは宗教的な意味も持ち、人を生贄として捧げる習慣にも深くかかわっていました。

戦士の神殿は刻まれた柱で有名な複合建造物であり、台座がたくさんある広場の向こう側に建設されました。

柱の回路に囲まれた広場から少し離れている高僧の神殿はククルカンピラミッドの縮小されたバージョンとみなされています。

その近くに、天文台として使われていたエル・カラコルが位置しています。

都市は田畑に囲まれていました。住民や動物灌漑に必要な水はセノーテと呼ばれた自然のシンクホールで得られました。
大体の住宅は都市の郊外に建てられました。

スペインの征服者が到着した後、住民は都市を去って、重要さを失ってしまいました。
19世紀と20世紀で、ヨーロッパの旅行者と考古学者に再発見されました。
現在はユネスコ世界遺産として登録され、新世界の七不思議の一つとしても認められています。

関連のエクストラ

アステカの統治者 (15世紀)

アステカ帝国は横暴で、軍国的な国家でした。

テノチティトラン (15世紀)

発達した文明を持つアステカ帝国はスペインのコンキスタドールも驚かせていました。

アステカの戦士 (15世紀)

アステカの戦士は原始的な武器でスペインのコンキスタドールを留めることができませんでした。

政体と公用語

このアニメーションは世界の国々の政体と多くの公用語を紹介します。

近代の帝国

歴史上の多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

国々のシンボル、観光名所

アニメーションで、世界の国々のシンボルと名所が紹介されます。

アメリカの国々

三つの難易度があるゲームで、アメリカの国々の地理的な位置、首都と国旗が勉強できます。

サンタ・マリア号 (15世紀)

クリストファー・コロンブスの3本のマストをを備えていたキャラック船であるサンタ・マリア号は最初の旅の旗船でした。

テオティワカン (4世紀)

廃墟となっても荘厳な都市は先コロンブス期のアメリカの最も大きくて人口が多い集落でした。

マチュピチュ (15世紀)

現在のぺルーに位置している古代インカ帝国の遺跡は世界遺産として登録されています。

インカの戦士 (15世紀)

インカの戦士は原始的な武器でスペインのコンキスタドールを留めることができませんでした。

紫禁城 (北京、17世紀)

紫禁城は明清帝国の最も素晴らしくて神秘的な建造物の一つです。

ジョセル王のピラミッド (サッカラ、紀元前27世紀)

紀元前27世紀に、エジプトで初めて段階ピラミッドが建築されました。

ジッグラト (ウル、紀元前3千年紀)

ジッグラトは古代メソポタミアにおいて宗教的な役割を果たしていた数階層に組み上げて建てられた聖塔でした。

地理学的な発見 (15世紀‐17世紀)

近代始めにおける名高い地理学的発見は地図の再描画だけではなく、様々な影響もありました。

コンキスタドール(16世紀)

スペインの征服者は鎧と武器で成功しました。

カルスト地域 (基礎)

カルスト地形の中にドリーネや水滴石が含まれています。

Added to your cart.